『資本論』の核心 純粋な資本主義を考える (角川新書)

  • 59人登録
  • 2.92評価
    • (0)
    • (2)
    • (8)
    • (3)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 佐藤優
  • KADOKAWA/角川書店 (2016年9月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (200ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784040820903

作品紹介

カネによる、支配の手口を見抜く! 
私たちは、いまも搾取されている階級なのだ。

世界を識るには、マルクスが必要だ。
資本主義は強い。いま、これに変わるシステムもない。
嫌々ながらもつき合わざるを得ない魔物、その見えない怪物の姿を暴いたのが『資本論』である。
資本主義は階級関係を隠蔽している。私たちは搾取され、支配されている。
この「事実」から、私たちは出発しなければならない。

『資本論』の肝をつかむことで、私たちは資本に、国家に潰されない生き方を獲得することが出来るのだ。

『資本論』の核心 純粋な資本主義を考える (角川新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • アメリカのみならず日本でも新自由主義への流れが加速し、剥き出しの資本の論理が貫徹する現代において、資本主義の内在的な論理を解き明かしているマルクスの『資本論』が持つアクチュアルな意義を論じた本です。

    本書が依拠しているのは、宇野弘蔵編『経済学』上下巻(角川全書)です。宇野は、マルクス主義のイデオロギーとマルクス経済学を切り離すことで、共産主義革命を実現しようとするマルクス主義の実践志向から独立した、資本主義経済の内在的な論理を原理的に解明した著作として『資本論』を読み解こうとしました。同時に宇野は、資本主義の歴史的な性格にも留意し、労働力の商品化に基づく資本主義的なシステムの形成過程を解明しようと試みています。著者は、こうした宇野経済学の簡単な見取り図を描きつつ、資本主義が孕んでいる問題を批判的に考察するための視座を示しています。

    外交官として国際政治の現実をつぶさに観察し続けてきた著者にとって、宇野や柄谷行人から引き継いだ世界システム論的な枠組みが、世界情勢を分析する際の基軸をなしていると言ってよいと思います。本書で、資本主義の歴史に関する宇野の思想を紹介しているところには、そうした著者の関心のあり方が明瞭に表われているように思います。

  • 理解するのはなかなかハードですね。

全2件中 1 - 2件を表示

『資本論』の核心 純粋な資本主義を考える (角川新書)のその他の作品

佐藤優の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジャレド・ダイア...
佐藤 優
トマ・ピケティ
有効な右矢印 無効な右矢印

『資本論』の核心 純粋な資本主義を考える (角川新書)はこんな本です

ツイートする