新・箱根駅伝 5区短縮で変わる勢力図 (角川新書)

著者 : 酒井政人
  • KADOKAWA (2016年11月10日発売)
3.00
  • (0)
  • (1)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :15
  • レビュー :1
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784040821085

作品紹介

今井正人、柏原竜二、神野大地……
箱根を沸かせた「山の神」の時代は終わるのか?

5区が最長区間になったのは、第82回大会(2006年)からだ。
それまでは最長区間である「花の2区」のエース対決が最もドラマチックであるとされていた。
また、最後まで勝負がもつれ、復路での逆転劇も多かった。そんな戦いが長く続いた後に「5区の時代」が到来することになる。
2006年以降、箱根駅伝は完全に「5区勝負」のレースに変わったのだ。
しかし、そんな「山の神」の時代も終焉を迎えるかもしれない。
2017年の第93回大会から小田原中継所の位置が変わり、5区が23.2kmから20.8kmに短縮されるのだ。(「はじめに」より)

新・箱根駅伝 5区短縮で変わる勢力図 (角川新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 2017年から箱根駅伝の5区が短くなる。それによって、作戦がどのように変わるか、各大学の状況、往年の選手達のインタビューなどを通して予想する。出雲、伊勢とみてきて、自分がアオガク卒だったりするので、当然、アオガクを応援するのだが、敵の状況がよくわかる。箱根の予選会の結果までの最新情報まで乗っているので(伊勢の記載はない)、情報も新しく、中央が予選会を通らなかった理由もわかる。箱根が楽しみになる一冊。

全1件中 1 - 1件を表示

新・箱根駅伝 5区短縮で変わる勢力図 (角川新書)のその他の作品

酒井政人の作品

新・箱根駅伝 5区短縮で変わる勢力図 (角川新書)はこんな本です

ツイートする