本当に悲惨な朝鮮史 「高麗史節要」を読み解く (角川新書)

  • 10人登録
  • 4.00評価
    • (0)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 麻生川静男
  • KADOKAWA (2017年4月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784040821092

作品紹介

人気本『本当に残酷な中国史』に続く著者第2弾新書!

日本人、それと同時に韓国、北朝鮮の人たちに、韓国、北朝鮮の直系の先祖である高麗の本当の姿を知ってもらいたい――これが本書の出発点だ。
現在の日韓、日朝関係をこじらせている原因は何も韓国と北朝鮮だけにあるのではなく、朝鮮の人々の価値観や倫理観を正しく理解していない日本にもある。ここで書くのは単なる高麗の歴史でもないし、高麗史や高麗史節要の解説書でもない。ましてや嫌韓本や侮韓本などではさらさらない。高麗の人々の生き様、人間模様を描くことである。我々日本人に必要なのは、高麗の人々の言動を通して、その行動の裏にある価値観や倫理観をしっかりつかむことだ。そうすることによって初めて現代の韓国・北朝鮮の状況を正しく解釈することが可能になるのだ。

本当に悲惨な朝鮮史 「高麗史節要」を読み解く (角川新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 著者の紐解いた史書「高麗史節要」は朝鮮は高麗のときから裏切りや暴力、賄賂まみれな国家だったことを如実に示している。
    地政学的にも強国になれず、二股外交をするしか生き残る方法がなかった。
    国民性が歴史によって変わらないとすれば、今の南北朝鮮の不可解な挙動も理解できる。
    かの人々は法や権力分立といった近代政治システムというものを信じられないのだろう。
    権力を握っても武力がなければすぐに引きずりおろされる国柄ならば、北朝鮮が核ミサイルに固執するのも頷ける。
    自分の命がかかっていると考えていれば武力を手放すわけがない。
    日本人の価値観で他民族の価値観を理解しようとすること自体が間違っていることが良くわかる。
    嫌韓侮韓本ではないと言っているが、取り上げる例が例なのでマイナスイメージしかつかない。

全1件中 1 - 1件を表示

本当に悲惨な朝鮮史 「高麗史節要」を読み解く (角川新書)のその他の作品

麻生川静男の作品

本当に悲惨な朝鮮史 「高麗史節要」を読み解く (角川新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする