知らないと恥をかく世界の大問題8 自国ファーストの行き着く先 (角川新書)

  • 222人登録
  • 3.95評価
    • (16)
    • (28)
    • (14)
    • (1)
    • (1)
  • 32レビュー
著者 : 池上彰
  • KADOKAWA (2017年7月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (320ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784040821153

作品紹介

池上彰の「知らないと恥をかく世界の大問題」(知ら恥)シリーズの第8弾。

2016年は、6月のイギリスEU離脱決定からトランプ大統領誕生まで、「自国ファースト」「反グローバル」「世界分断」の大きな流れが世界を包んだ。

この流れのまま、2017年の世界はどうなっていくのか? 

右派勢力の台頭が気になる欧州での選挙、第5次中東戦争のリスクの高まり、北朝鮮の暴走……など、大衝突の種が世界中に転がっている。世界秩序が再び崩れていくのか? 重要な一年となるだろう。

トランプ現象によって、世界の大問題がよりクリアになり、そしてそのニュースに多くの人が関心をもった。世界が抱える大問題に真剣に向き合い、いかに行動するかを考える――、そのよいきっかけにしなければいけない。

“世界のニュースの入門書”として定着した「知らないと恥をかく世界の大問題」シリーズが伝える世界の今。あふれる情報の中から、いかに本質を見抜くのか。考えるヒントを、最新ニュースを題材に語る。

知らないと恥をかく世界の大問題8 自国ファーストの行き着く先 (角川新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 世界情勢を1から丁寧に教えてくれる良書。

  • とても読みやすく、分かりやすかった。いまの世界を知る第一歩としてはよかったが、これからの展望や深い洞察はなく、この本は知るきっかけにしかならないかもしれない。それでも面白かった。

  • まさに副題のとおり「自国ファースト」のリーダーが目立ってきているというのは、そう望んでいる国、国民が増えてきているからかもしれない。相手との差異をみつけて反目しあうのではなく、ダイバーシティを受け入れて、寛容になっていく必要がある。シンギュラリティを考えると、人間同士で反目しあっている場合じゃない。表紙に顔写真が入っている方が売れるのか、どうもちょっと「企業」の姿勢が見えてしまう。

  • 重要な時事キーワードをさくっと把握するための入門編としてちょうど良い。池上さんはリベラル目線が売りだけど、トランプ氏に対しては終始辛辣な評価。歴史は繰り返すが、愚かに過ちを繰り返さないために、知ることは大切。自国ファーストに動く世界の中で、原爆が落ちた国の国民としてどう意見を持つか。考えさせられる、コスパの高い一冊。

  • トランプ政権等欧米の自国ファースト、中東、イスラム国、ロシア、トルコ、中国・・・安倍政権、天皇退位ほか。

  • シリーズも8作目!
    年に一回は出版してくれるから新しい出来事を振り返ることができ、これまでの歴史を復習することができる!
    自国ファーストに走ってしまう気持ちは分からないでもないけど、そこをこらえてなんとかしていこうとするリーダーが必要!
    歴史は覚えるだけではなく、考えて学ばなければ!

  • トランプ米大統領の就任を切り口に世界の時事問題が分かりやすく解説されていて読みやすかった。
    原子力の平和利用の推進と第五福竜丸事件で核実験反対の世論が強まるあたりの記述が特に印象に残った。核兵器を持たないのが日本の国是なのだが核兵器を持てる力は持っておくことが外交上の抑止力になると考えている政治家もいるというのが、日本の核に対する複雑で曖昧な立場をよく表していると思った。

  • 2018年、1冊目です。
    第5章 「分断される世界は人類共通の問題を悪化させる」の中で、私たちには何ができるのかという問いに対して、
    先ずは”知ること”であると書かれている。無知の恥とトランプ大統領は言われいるそうですが、私たち一人一人が自分のできる範囲から少しでも多くの事実を知ることで、分断や軋轢が緩和されるということだと思います。
    その中のひとつの事例として、日本人として「ヒロシマ」を説明できますかという問いかけがあります。「過ちは繰り返しません」という碑文の意味を説明できるか?言い換えれば、「ヒロシマ」で起きたことをどう認識し、どう伝えていくべきかの考えが定まったいるかだと思いました。
    この中で被爆者への著者の取材の中で、「私たちが核兵器をなくそうと言うのは、微力かもしれないけれど、無力ではない」という言葉が紹介されています。2017年のノーベル平和賞にICANが選ばれた根底にある力だと思えます。

  • 304||Ik

  • わかりやすい。個人的には米ソの対立構造が各国の問題の根元になっているという解説が勉強になった。

全32件中 1 - 10件を表示

知らないと恥をかく世界の大問題8 自国ファーストの行き着く先 (角川新書)のその他の作品

池上彰の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村田 沙耶香
佐々木 圭一
リンダ グラット...
又吉 直樹
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

知らないと恥をかく世界の大問題8 自国ファーストの行き着く先 (角川新書)はこんな本です

知らないと恥をかく世界の大問題8 自国ファーストの行き着く先 (角川新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする