結論を言おう、日本人にMBAはいらない (角川新書)

著者 :
  • KADOKAWA
3.17
  • (3)
  • (4)
  • (12)
  • (4)
  • (1)
本棚登録 : 82
レビュー : 9
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784040821184

作品紹介・あらすじ

ビジネスで成功する最強の武器と言われるMBA(経営学修士)。2003年度に創設された専門職大学院制度により、法科大学院、会計専門職大学院とともに、日本にビジネススクールが乱立したのをご存じだろうか? 法科大学院の苦境はいまや、広く知られるようになった。

それでは、ビジネススクールはいまどうなっているのか? 2003年から13年間に渡って日本を代表するビジネススクールで教鞭を執り、責任者も務めた著名コンサルタントが、誰もが口をつぐんできたMBAの内実を、本書で赤裸々に明らかにする。

国内MBAは給与アップゼロ、講師陣の大半は現場を知らず、転職・就職でも実はメリットなし……信じられるだろうか? ならば、年収をアップさせ、個の市場価値を高め、組織人としての社内価値を上げ、成功するために必要な真の勉強法とは、何なのか?

経営戦略から現場の力までを知り尽くした著者だからこそ、MBAとは異なる方法論には圧倒的な説得力がある。ステップアップしたい社会人、MBA取得を考えている学生から人材育成に取り組む企業の人事部まで、すべてのビジネスパーソンの指針となる一書。


内容例:毎年5000人も生まれる「なんちゃってMBA」/「専門職大学院制度」創設でビジネススクールが乱立/学生が集まらない――名門校すらほぼ全員入学/海外MBA年収2000万円、国内MBA給与アップゼロ/実質的な恩恵を享受できるのはわずか1%/ビジネススクールの致命的欠陥は「現場」がないこと/教員評価を厳しく行ない、ダメな教員は去れ/国内ビジネススクールなら「ダブルディグリー」が狙い目/なぜ石に噛りついてでも出世すべきなのか/遠藤流・ビジネスで勝ち残るための6つの勉強法/データやロジックよりも「事実」と「構造化」を重視せよ/ビジネスモデルの解析で「構造化」する力を磨く/NLDP――未来のジェネラルマネジャーを育てるプログラム ……ほか

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 真の力をつけるための勉強法
    1原理原則を知る
    名経営者の考えや行ったことを知る
    会計や法制度などビジネスの基本を知る
    MBA の知識(マーケティング、人材管理、組織論、競争戦略など)等基本コンセプトを知る
    2時代の潮流を知る
    世の中の動きを敏感に察知する。
    日経新聞の読み込み
    3現場で感度を磨く
    他社、他業界に自ら飛び込む
    4得られた知識をアウトプットする
    企画書にまとめる、プレゼン、人に教える、論文にするなど

  • タイトルは過激だが、MBAの意義・役割をとても深く分析していると思う。この本を読むことで、どんな人がMBAに向くかが良く分かると思う。

  • タイトルは非常にインパクトがある。日本の専門職大学院制度により、所謂、「なんちゃってMBA」が増えていることに対する遠藤先生の憂いは非常に同意。問題はピンキリの日本のMBAを一括りにして何が言えるかどうか。結局、この本を通じて、遠藤先生は「誰に」、「何を」伝えたかったのだろうか。WBS(早稲田大学ビジネススクール)で遠藤先生の講義を受けたひとりとして、聞きたい。
    でも、「先生の言っていることは、間違っています!」と言えるような実績を自分自身が作り上げたい。これに尽きる。

  • 自分自信のMBAでの学びを振り返る為に購入、読了。

    起業に要請に関して、

    "0から1を生み出す推進力は、強烈な主観、思い込みであり、属人的なセンス、執念が不可欠である。これを一般化し、体系的に教える事は不可能"

    という一節は、経験上とても同感である。

    組織に属しゼネラルマネジャーを目指すというパターに対しても、経営を"切り刻む"ことで、経営の本質が見えなくなっている現ビジネスクールのカリキュラムの限界や、分析偏重の教育上の優先度が、マネジャー、リーダー育成にはつながらない事を指摘している。これも同感である。

    "真の力を身につけるための4つの勉強法"として著者が示す以下の4点はシンプルである具体的実践上の参考になるものである。

    1,基礎を身につける勉強
    2,潮流についていく勉強
    3,現場で感度を磨く勉強
    4,アウトプットを生み出す勉強

    特に1で学ぶとことして、 3つを示しており、これがビジネスや経営を学ぶ事の必要条件になると感じた。

    1,原理原則
    2,ルール
    3,基本コンセプト


    最終章がご自身の教育プログラム紹介になってしまった事が少し残念であるが、
    社会人の教育、特にビジネス教育を考える上で多くの気づきとなる論点を与えてくれる本であった。

  • 【真の力をつけるための勉強法】

    A.日本人にMBA はいらない。その理由は、次の2 つに集約できる。
    ①ほとんどの日本企業は、MBA の価値を認めていない。
    ②日本のMBA の「質」が低すぎる。

    B.次世代ビジネスリーダーを目指すのであれば、MBA の代わりに、次のような勉強をするとよい。
    ①基礎を身につける勉強:経営の「原理原則」を押さえ、自分なりの思想を確立させる。
    ②潮流についていく勉強:世の中の潮流についていくため、新聞などを丹念に読み、鮮度の高い情報や知識を得る。
    ③現場で感度を磨く勉強:お手本となる「非凡な現場」を訪ね、何を大事にし、何に取り組んでいるのかを知る。
    ④アウトプットを生み出す勉強:企画書を書いたり、自分の考えを人に話したり、教えたりする。

  • 日本の大学のMBA取っても意味ないですよ、という本。
    言わんとすることは分かるが、体系だって学ぶことは意味があるのではないかと思った。
    なんでこんな本を出したのだろう。
    自己否定にならないのだろうか。

  • 元WBSの責任者で、ローランドベルガー会長の遠藤氏による国内ビジネススクールの暴露本。
    氏曰く、国内スクールを出ても、キャリアチェンジは出来ないとか。
    修羅場の経験が第一で、それを補完する形で学習を組み込む形じゃないと、血肉にならない。
    management by analysis ではなく、management by actionを。頭でっかちの分析屋さんにならないように。

  • 今日の一冊、朝霞台のいつもの書店で購入❣️
    遠藤先生の逆説的MBA論、ダブルディグリー。
    大学院MBA教授として、深く考える機会をいただきました。

  • ビジネスで成功する”最強の武器”とも言われるMBA(経営学修士)。だが、実態はビジネスパーソンのイメージと大きく異なる。2003年から13年間に渡って早稲田大学ビジネススクールで教鞭を執り、責任者も務めた著名が、誰もが口をつぐんできたMBAの内実を、本書で明かす。


    第1章 誰も語らなかったMBAの正体
    第2章 なぜ日本企業はMBAを評価しないのか
    第3章 カリキュラム、教員、学生……その不完全性に迫る
    第4章 有名ビジネススクール責任者としての苦闘
    第5章 MBAの代わりにいますぐ勉強すべきこと
    第6章 「次世代ビジネスリーダー」はこう育てよ

全9件中 1 - 9件を表示

結論を言おう、日本人にMBAはいらない (角川新書)のその他の作品

遠藤功の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三谷 宏治
伊賀 泰代
内田 和成
リチャード・P・...
リンダ グラット...
有効な右矢印 無効な右矢印

結論を言おう、日本人にMBAはいらない (角川新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする