中学生棋士 (角川新書)

著者 :
  • KADOKAWA
3.88
  • (3)
  • (17)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 59
レビュー : 11
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784040821740

作品紹介・あらすじ

第一章 最年少の新星・藤井聡太
藤井四段の自宅を訪ねる/盤に覆いかぶさった少年/両親は将棋を知らなかった/将棋のプロになるには/抜群の勝負強さ/語彙力豊かな藤井発言/豊富な読書量/得意科目、苦手科目/進学か将棋に専念か/シンギュラリティと藤井四段

第二章 藤井将棋の強さと凄み
強さの源となった詰将棋/デビュー後の幸運/順位戦という制度/内容もすぐれた藤井将棋/角と桂馬を使い方がうまい/将棋ソフトをめぐるジレンマ/藤井四段はソフトを活用

第三章 将棋の才能とは何か
周囲の人々の奇跡的な連携/中学生棋士に天才の家系はいない/何歳で将棋を始めるのがよいか/モンテッソーリ教育/よい指導法とは/好きなこと、得意なことを/将棋か東大か/子供の向き不向き/才能を社会に還元

第四章 自分が中学生棋士だったころ
史上二人目の中学生棋士・谷川浩司/住職だった父の教え/兄の存在と負けず嫌い/成功体験が才能を伸ばした/奨励会に入会/早くから詰将棋作り/阪田三吉と将棋のイメージ

第五章 中学生棋士たちの群像―羽生善治、渡辺明、加藤一二三
史上三人目の中学生棋士・羽生善治
局面を複雑にする羽生将棋/抜きんでた好奇心の強さ/ギアチェンジのうまさ/個性のないことの独特さ/羽生善治の弱点は?/勝負師、芸術家、研究者/羽生さんと私
史上四人目の中学生棋士・渡辺明
目立つ合理主義/渡辺さんの一貫した発言/羽生さんの永世七冠阻止
中学生棋士第一号・加藤一二三
揺るがない信念の人/序盤から大長考/ひふみんアイ/元祖将棋めし/藤井四段デビュー戦の相手に

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 中学生棋士
    谷川浩司
    2018年5月1日読了。

    谷川浩司。1962年生。
    加藤一二三九段に次ぐ史上二番目となる中学生棋士であり、羽生世代の1つ上の代にあたる。21歳で棋界の最高峰である名人を獲得した記録はまだ破られておらず、97年には通算5期の名人位を獲得して十七世名人の永世称号を獲得。
    終盤の鮮やかな玉詰めを評して「光速の寄せ」の異名を持つ。

    谷川浩司九段から見た藤井聡太四段の一冊。

    語彙力が豊富で文章力も高い
    棋士は「自戦記」という自分の対局の内容を言語化して説明する記事のことだが、簡潔かつ迫力ある筆致で雑誌記者も「一字も直しませんでした」と言うほど。

    才能とは
    藤井聡太にしても羽生善治にしても、天才とは持って生まれたものではない。
    才能とは、継続できる情熱を持てるかどうか。この点については羽生さんの「決断力」渡辺明の「勝負心」でも書いてあって谷川九段も全く同意見。
    確かに、他にもプロゲーマーのときどの本にもサブタイトルでありますよね。情熱が大事であると。藤井聡太も将棋に傾けた時間と情熱は同じ年代の人よりも圧倒してると著者は語ってました。

    アメリカの全米天才児協会
    アメリカには天才児を6つの分野で分けて捉えている。詳細は石角友愛著書「才能の見つけ方 天才の育て方」がある。
    知性、創造性、芸術性、リーダーシップ、特定の学問、運動能力
    ここで谷川九段が将棋の才能には特定の学問をまず挙げて、プロには知性、創造性。トッププロには芸術性も必要な気がすると言ってたのは興味深い。

    一万時間という目安
    プロのレベルになるには約10年間。一万時間以上が必要。これは米長邦雄の本にも書いてありましたね。例えば1日3時間、年間1,100時間。9年で約一万時間の計算。小さい時に没頭するものが出来て継続できれば、10代で才能は開花すると。

    渡辺明について
    羽生世代に1人立ち向かう渡辺明に対して、期待しているという言葉を混ぜつつもかなり厳しい批評が多かった。ジェネレーションギャップや将棋に対する考え、姿勢もあるのだろうけど思う所ある。ってのが滲み出てました。

    2017年刊行の本書。
    終わりのほうにも書いてあったけど新たな時代を築けるかはこれからの藤井四段の精進次第なんでしょうね。
    楽しく読めました。

  • 2017年、三浦事案で谷川会長から佐藤康光会長への移行や佐藤天彦名人のポナンザ2連敗があったものの、全体としては藤井聡太四段の大活躍と羽生善治永世七冠の誕生で明け暮れた感があります。谷川浩司 著「中学生棋士」、2017.9発行です。加藤一二三、谷川浩司、羽生善治、渡辺明、藤井聡太の5人の中学生プロの生い立ちと道筋を描きながら、将棋の才能と何かを探らんとした書です。著者は、将棋であれ何であれ、才能開花の鍵は、本人がいかに一つのことに情熱を傾け続けることができたかではないかと。この本の主役は藤井四段です!

  • 本当の天才は、その道が好きで好きで夢中になってそれ以外のことが目に入らなくても苦にならないものなのだと納得。

  • 親はごく普通でも、本人の負けず嫌い、好きさ加減というものが何かを成し遂げるにはとにかく必要ということなのだろう。
    親として、出る杭を打たず、自由にやらせてみる寛容さを持っていたい。

  • 好きこそ上手

  • 中学生出身の棋士、藤井聡太、羽生善治、渡辺明、加藤一二三、そして自身について分析した一冊。

    最初、藤井聡太の家にまで行って調査しているところに、彼自身の本気度を感じた。
    そして、他の中学生棋士に対する分析も、当事者だけあり、的確に思えた。

  • 藤井四段フィーバーが落ち着いたこの頃。将棋界のレジェンドたちはどのようにみていたのか気になっていた。
    天才とは熱中し続けられる人というのには納得。そしてまわりの環境も大事。
    子育て論としても必読。
    中学生棋士は5人とはいえ、時代背景が様々だし、環境もハイテクになった現代、好きで熱中できればどんな分野でも天才が沢山生まれそう。

  • とても読みやすくあっという間に読了
    藤井フィーバーやひふみんのメディア露出によって中学生棋士5人を空で言える人も増えて来たのではないかと思うが、その5人を1冊でなんとなくわかった気になれる本
    半分以上は藤井四段の話だが、もともと藤井四段の話を書くつもりでこの本になったというからそんなもんだろう

  • 藤井四段憧れの谷川九段が藤井四段を中心とした中学生棋士たちを書いた。自らも中学生棋士だった谷川九段が才能や進学などについてふれ、子育て世代にも向けた内容となっている。ライバルの羽生二冠への思いなども書かれており、ファンやこれから将棋を知ろうとする人にとってはてんこ盛りの一冊。しかも読みやすい。谷川九段の謙虚な姿勢も感じられて好感。

全11件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1962年、神戸市生まれ。11歳で若松政和七段に入門。14歳で四段となり中学生棋士に。83年、未だに破られていない21歳で史上最年少の名人となる。以後、92年には四冠となるなど棋界の第一人者として活躍。97年の第55期名人戦で通算5期目の名人位獲得により、「十七世名人」として永世名人の資格を得る。A級順位戦に名人含め連続32期。2009年より日本将棋連盟棋士会の初代会長を務めたほか、12年から17年1月まで日本将棋連盟会長を務めた。

「2017年 『中学生棋士』 で使われていた紹介文から引用しています。」

中学生棋士 (角川新書)のその他の作品

中学生棋士 (角川新書) Kindle版 中学生棋士 (角川新書) 谷川浩司

谷川浩司の作品

ツイートする