「婚活」受難時代 (角川新書)

  • KADOKAWA
2.60
  • (0)
  • (0)
  • (3)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 33
感想 : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784040821795

作品紹介・あらすじ

急ぐ二十代。
取り残される三十路息子、娘たち

コロナ禍で見えてきた新しい結婚観  ~「オンライン婚活」からの「ウィズコロナ婚」~

新型コロナウイルスが令和の結婚事情にも影響を与えている。
急ぐ20代、取り残される30代後半、40代。相手と会えない時代に「ウィズコロナ婚」を決めるカギとなるものは何か? 
前向きに結婚を考える人のために、約10人の婚活カウンセラーとジャーナリストが立ち上げたプロジェクトチームがさまざまな事例をもとに最新事情を紹介する。
30代、40 代の結婚しない息子や娘を持つ親世代への情報も満載。親たちの今どきの結婚への誤解も解く。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • なかなか読みやすくて良かったんじゃないかと思います! やはり婚活アドバイザー的な人って他人の事をよく考えているからこそ、こんな読みやすい文章を書けるんだな~と感心しましたね! 社畜死ね!!

    ヽ(・ω・)/ズコー

    結婚できない本人宛の著書というよりかは、その親御さん宛てに書かれた本のように自分は思いましたかねぇ…。

    親としてのプライドやら見栄やらが息子・娘の婚期を逃す原因になっているとかいないとか…まあ、全国の「結婚できそうもない息子・娘」を持つ親御さんらは読んでみたらいいんじゃないですかね!

    おしまい…。

    さようなら…。

    ヽ(・ω・)/ズコー

  • 東2法経図・6F指定:367.4A/Ke29k/Ishii

  • 「確かにな‐、」と言いながら読んじゃう。婚活を通して女性論を考えてるような、なんとなく感じてる時代の変化を、こうやって明文化されることで、理解が深まる。たいへんな時代だなー、っと他人事に感心するレベル。

  •  「急ぐ20代、取り残される30代」という見出しに興味をもって購入。20代の結婚志向の強さを肌で感じていた。職場の40代キャリア女性の背中を見て、結婚を急いでいる面があるようだ。実は「結婚を機に仕事を辞めたい」と考える女性は少なからずいる。男性婚活の若年化の理由は読み取れなかったが、新型コロナで人と会うのが難しくなって早く結婚したいと考える人が増えたようだ。二極化が進む。20代~30代前半の若年層が急いでいる。積極的に行動していく側になりたい。

     本書は当事者だけでなく、当事者の親が参考に出来る内容となっている。また婚活のポイントも数多く載っている。相手への「妥協」という言葉が使われがちであるが、理想の相手が現れることはまずないので、自分と釣り合った「妥当」な相手を探すということ。そして「選ぶ」のではなく「選ばれる」ようにする。

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

社会環境の変化やコロナ禍で結婚観は大きく変わりつつある。その中で、結婚を前向きに考える人は何をすべきか、最新の婚活事情を紹介するべく、約10人の婚活カウンセラーとジャーナリストが立ち上げたプロジェクトチーム。30 代、40 代の結婚をしたくてもできない息子や娘を持つ親世代への情報提供も行う。

「2020年 『「婚活」受難時代』 で使われていた紹介文から引用しています。」

結婚を考える会の作品

ツイートする
×