愛の論理学 (角川新書)

著者 :
  • KADOKAWA
4.33
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 30
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784040822129

作品紹介・あらすじ

身近で誰でも知っている概念――「愛」。しかし、実際にその意味を明らかにしようとすると様々な学問分野からアプローチをしても難しい。バーに訪れる常連客達の会話に聞き耳を立てる形で構成、楽しんで読める1冊。


第一夜 「隣人愛」と「遺伝子」〈宗教学的アプローチ〉

第二夜 「服従愛」と「名誉殺人」〈文化人類学アプローチ〉

第三夜 「動物愛」と「子猫殺し」〈芸術学的アプローチ〉 

第四夜 「異性愛」と「化学物質」〈心理学的アプローチ〉

第五夜 「同性愛」と「同性婚」〈社会学的アプローチ〉

第六夜 「平等愛」と「新生児救命」〈医学的アプローチ〉

第七夜 「人類愛」と「宇宙」〈哲学的アプローチ〉

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「目には目を」の議論があり,詳細を知りたくて本書を読みました.期待よりずっと深い内容でした.高橋昌一郎先生お得意の登場人物の会話形式で,読みやすいです.

  • 私たちの身近に存在する概念である「愛」とは何か、宗教学から哲学に至るまで様々な学問から解き明かしていく。バーに集まった常連客との会話を聞くような形式になっており、楽しんで読めるのも本書の特徴だ。
     中でも特に驚いたのは、小さな動物から人間に至るまで「親和性」と「攻撃性」は裏腹であり、「愛情」が深いほど「攻撃的」になるという話である。子育て中の母親が子供に虐待をしてしまうのも、そのようなことが原因かもしれない。逆に、共通の敵が存在すると集団の「親和性」は高まる。つまり、集団を一致団結させたいなら、皆が強い憎しみを抱いて攻撃対象を持つと良いのである。現代の社会を見渡してもそのような例は多く見つかる。もともと遺伝的に組み込まれた性質であったことであったとは驚きだ。
     世界には多種多様な愛の形が存在するが、自分にとっての「愛」とは何なのか、考える手助けをしてくれるだろう。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1959年大分県生まれ。國學院大學教授。専門は論理学・哲学。ウエスタンミシガン大学数学科および哲学科卒業後、ミシガン大学大学院哲学研究科修了。主要著書は『理性の限界』『知性の限界』『感性の限界』『ゲーデルの哲学』(以上、講談社現代新書)、『東大生の論理』(ちくま新書)、『小林秀雄の哲学』(朝日新書)、『哲学ディベート』(NHKブックス)、『ノイマン・ゲーデル・チューリング』(筑摩選書)、『科学哲学のすすめ』(丸善)など。超自然現象や疑似科学を究明するJAPAN SKEPTICS副会長。

「2018年 『愛の論理学』 で使われていた紹介文から引用しています。」

愛の論理学 (角川新書)のその他の作品

愛の論理学 (角川新書) Kindle版 愛の論理学 (角川新書) 高橋昌一郎

高橋昌一郎の作品

ツイートする