知らないと恥をかく世界の大問題10 転機を迎える世界と日本 (角川新書)

著者 :
  • KADOKAWA
3.97
  • (26)
  • (61)
  • (28)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 493
レビュー : 48
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784040822808

作品紹介・あらすじ

人気シリーズ第10弾。日本では平成から令和へと新しい時代に移る。しかし、先行き不透明で内向きになっている世界。今こそ歴史に学び、未来を拓くために世界が抱える大問題を知る必要がある。そのための解説本。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 下の6テーマについて論じられた本。シリーズ第10弾となっているが、10で初めて読んだ。

    第1章 居座るトランプ「アメリカ・ファースト」主義 
    第2章 揺らぐヨーロッパ、EUは夢だったのか
    第3章 サウジの焦り、したたかイラン、イスラム世界のいま
    第4章 習近平の1強政治
    第5章 AIとグローバル化の波に翻弄される私たち
    第6章 憲政史上最長政権へ。安倍政権は日本をどこへ?
    エピローグ 民主主義とは何か

     最近、YouTubeでオリラジのあっちゃんの動画を見てから歴史や現代社会に興味が持てるようになり、その影響でこの本を読むことにした。

     読んでみると、平易な文章でわかりやすく、世界の情勢がすごくわかりやすかった。

    エピローグの民主主義とは何かで、池上さんの思いが伝わってきた。
    国民一人一人が政治に参加している意識を持つことが民主主義を維持するための方法であり、無関心になればなるほど独裁色が強くなる危険性がある。
    こうやってわかりやすい文章を書いたり、テレビに出たりするのは、国民一人一人が政治や世界情勢に関心を持てるようにという願いを込めているそうだ。

  • 第十弾です。
    私は一昨年から読み初めてこれで3冊。
    毎回とても面白いです。

    新聞をあまり読まなくて、見るだけなのは
    こういう本を当てにしているから…。
    それは池上さんにとって良いことではないと
    承知しているのですが。

    中国がすごく成長しているのがよくわかりました。
    ファーウェイのこと、理解できました。

    「敵の敵は味方」
    ひとつ敵ができてしまうと、異教徒や従来の敵対勢力とも手を組む、世界中の国々。
    島国である日本は、八方美人というか、
    そういう問題とは離れてみえます。
    安部さんががんばっているお陰?
    でも、韓国とだけは、どうしても駄目ですね。
    だってあっちがおかしいんだから。
    何か良い方法はないのでしょうか?

  • 重要そうな出来事が起こっている事はニュースで知っているが、その背景を理解できてない部分が多い。その点、本書は、丁寧に背景から説明してくれるのでありがたい。別々の出来事がの関連性もわかる。
    2020/03に読んだが、この本の書かれた頃に比べても、世界は大きく変わっていると感じた。

  • ニュースなどをあまり見ておらず、少しは常識をつけたいと思い購入。
    章立てされている内容直接以外にも、トランプ大統領が北朝鮮の非核化は自分の成果としたいという話、信者の数で三大宗教が決まっているわけではないという話、Brexitの影響でイギリスの産業がどうなるかの考察など、納得感のある説明が多く呼んでいて心地よい。
    ある程度、著者のバイアスはかかっているのだろうなと思うので、これをもとに更に調べていければと感じた。

  • 「世界の情勢」を知るために毎年読んでいるこのシリーズ、今回も勉強になりました。ベネズエラってSBYOのイメージがあったから、国がそんな状況だとは知らず、かなりの驚き。5Gの特徴として大容量通信というのは知っていたけれど、低遅延でもあるなんてすごいね。どんなブレイクスルーによって実現したんだろう。イギリスのEU離脱によって、ドーバー海峡トンネルをユーロスターが自由に通行できなくなるというのは気が付かなかった。今回一番刺さった言葉は、「ビル・ゲイツやザッカーバーグ、ペゾスは、自分が欲しいと思うサービスや仕事が先にあって、ないなら自分で作ればいいじゃないかという発想だった。これはAIにはできない人間にしかできない領域なのだ」という点。ラストの「参考文献案内」で土田晃之さんの楽屋話も読めてお得な感じでした。

  • また今回も書店で見つけてすぐに読みました。
    米中冷戦、EUの離脱問題、中東、民主主義とはなど面白い切り口から世界を見ている意見を学べました。
    池上さんはいつも冷静に双方の主張をバランスよく伝えてあとは読み手に任せることが多い印象ですが、トランプさんや日本の官僚などよく見ると好き嫌いが往々にしてあって面白いです。
    自分もさまざまなものの見方を知った上で自分の意見を持てるように勉強し続けたいと思いました。

  • 相変わらずわかりやすい池上さんの解説本。
    時事ネタ中心だが、米、中、中東、欧州、ロシア、昔の戦争時代からの振る舞い、ブレがストレートに書かれていて、痛快な部分も多い。
    素人向けと侮っていると、痛い目を見る。

  • 世界の各エリアの現状について非常にわかりやすくまとめられており、先の見えない不確実な世界が今どこに向かっているか俯瞰的に見渡すのに最良の一冊。
    我々がなんとなく知っている、聞いたことがあるに留まってしまっている世界の現在の動向について、その詳細を背景とともに概説してくれている。

  • このシリーズ定期的に読みたいわ。自分にとって大部分は既知だけど、ぽつぽつある知らない情報が肉付けされて、理解度深まってる感覚ある。

  • 世界で起きている出来事を非常に簡潔に説明してくれている本。
    この本一冊で、最近のニュースについていけない人も見方が変わるはず。
    世界のことあまり分からないなという方には必読の1冊

全48件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

池上彰(いけがみあきら)
1950年、長野県松本市生まれ。慶應義塾大学経済学部を卒業後、NHKに記者として入局。さまざまな事件、災害、教育問題、消費者問題などを担当する。科学・文化部記者を経て、NHK報道局記者主幹に。2005年3月にNHKを退職し、フリーのジャーナリストに。
主な著書に、『経済のことよくわからないまま社会人になった人へ(第4版)』(海竜社)他、多数。

「2020年 『池上彰の今さら聞けない日本のこと』 で使われていた紹介文から引用しています。」

池上彰の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

知らないと恥をかく世界の大問題10 転機を迎える世界と日本 (角川新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×