本当のことを言ってはいけない (角川新書)

著者 :
  • KADOKAWA
4.00
  • (5)
  • (1)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 48
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784040823119

作品紹介・あらすじ

現在、日本の85歳以上のうち約5割は認知症である。学校はほぼ最悪のブラック職場になりつつある。近い将来、エリート層は国外へ逃亡する――
「日本すごい」と馬鹿の一つ覚えみたいに騒ぐけど、本当に「すごい」のは日本の凋落速度だ! 人気の生物学者が、独自のマイノリティ視点で快刀乱麻を断つ。世間にはびこるウソと無駄を見抜くエッセイ。

1 生と死の意味について
「物事にすべて意味がある」は妄想だ
老化に進化論的な意味はない
老人になって生き続けるのも大変だ
記憶と死の恐怖
ヒトは酒だけの食事でも生きていける!?

2 Aと私たち
AIの未来
AIは人間を超えるか
AIは格差を固定する?
AIがもたらす不労社会
遺伝子とAI

3 市場原理と成果主義
教育に市場原理を持ち込む愚行
何事もほどほどに
国民の知的レベルの二極化
効率第一主義は国を亡ぼす
無駄働きの強制が日本を滅ぼす

4 動植物散策
多摩動物公園に行ってみた(1)
多摩動物公園に行ってみた(2)
ネキを採りに沖縄に行く
生物の進化パターンは予測可能か
外来種は悪者なのか

5 短絡的正義がもたらすもの
遅きに失した国際捕鯨委員会脱退
未来展望なき虚勢による日本の衰退
優しくていい人ばかりの国は亡びる
老人を無理やり働かせるのはやめよう
加藤典洋『戦後入門』を読む

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 構造主義生物学者としての立場からの視点で政治、経済、教育、医療を斬りまくる。根源的な物言いは厳しいが核心を突いているように思う。

  • 池田節炸裂、ですね。

    それはさておき、いわゆる勉強は、どの教科・科目も勉強すべきだとは思うのですが、とくに生物学は、いろいろと示唆に富んでいて、他分野に応用が利く概念をたくさん含んでいますし、適切な生命科学観は、よい人生観・世界観につながるように思います。

    池田先生の文章は、時折、趣味に走りすぎているようにも思うのですが、適切な生命科学観を養うには、なかなかよいと思います。

  • 相変わらずの池田節がよい。

  • 池田先生らしい、歯に絹着せぬ物言いが心地よい。世間から一歩引いた目で人間を観察できるのは、生物学者たる所以か。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

1947年、東京生まれ。東京教育大学理学部卒業、東京都立大学大学院理学研究科博士課程単位取得満期退学。理学博士。生物学者。早稲田大学名誉教授。構造主義生物学の立場から科学論・社会評論等の執筆も行う。カミキリムシの収集家としても知られる。著書は『ほんとうの環境白書』『不思議な生き物』『オスは生きてるムダなのか』『やがて消えゆく我が身なら』『生物にとって時間とは何か』『真面目に生きると損をする』『正直者ばかりバカを見る』『いい加減くらいが丁度いい』『生物学ものしり帖』など多数。

「2020年 『本当のことを言ってはいけない』 で使われていた紹介文から引用しています。」

池田清彦の作品

ツイートする
×