砂戦争 知られざる資源争奪戦 (角川新書)

著者 :
  • KADOKAWA
3.55
  • (3)
  • (6)
  • (10)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 122
レビュー : 12
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784040823638

作品紹介・あらすじ

(目次、主なもの)
まえがき

第一章 砂のコモンズの悲劇
砂資源の枯渇がはじまった
都市化の世紀
増える高層ビル
都市化の功罪

第二章 資源略奪の現場から
中国の都市化
戸籍制度の緩和
上海の驚異の発展
採掘で自然災害が甚大に
犠牲になる生き物たち
朝鮮半島を狙う中国
アラブ首長国連邦のドバイ
300を超える人工島
膨張するジャカルタ
島が消えていく
活動家暗殺未遂
アジアで進む海岸侵食
沈みゆく国家
海面上昇で国沈む?
誰が砂を奪ったのか
ツバルは拡大している

第三章 砂はどこからきたのか
砂とは何か
白砂・黒砂・赤砂
河川は砂の製造工場
建築に使えない砂漠の砂
長距離移動する砂塵
砂の用途
オイル採掘が引き起こすトラブル

第四章 砂マフィアの暗躍
サルデーニャ島の砂泥棒
都市化の進むインド
砂マフィアの暗躍
ジャーナリストのもっとも危険な国
抹殺された人びと
アフリカの砂をめぐる紛争
ナイジェリアの発展
住民を分断する砂採取
シンガポールの発展
世界最大の砂輸入国に
禁輸に踏み切った3カ国
メコンデルタの危機
中国のダム建設
 
第五章 白砂青松はどうしてできたのか
砂と日本人
土木技術の発達
森林消失が生み出す砂
燃料材が森を奪った
庄内砂丘の飛砂との戦い
森が戻った新屋村
新潟砂丘
松と日本人
砂浜が消えていく
台無しになった砂浜
増える砂需要
川砂が戻ってきた
波消しブロックの蔓延
ダム堆砂
森林飽和と砂浜

第六章 今後の砂問題
水も空気も砂も
世界人口の楽観論
廃建材の再利用
ガラスの浜
新たな骨材の素材
地球をスイカにみたてるなら
オーバーシュート・デー

あとがき

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 非常に興味深く読むことができた。

    「砂」なんてどこにでもあるじゃないか?
    なぜこれが資源なのだ?

    という興味で読んだのだが、まさに「砂」は「資源」だった。

    我々の町や建物を作るにはコンクリートが必要だ。
    そのコンクリートを作る為には良質な「砂」が必要なのだ。

    「砂」といってもどこにでもある砂ではだめだ。
    例えば「砂漠の砂」は粒子が細かすぎてコンクリートには使えないという。
    使える砂は、「川の底の砂」や「海の砂浜の砂」なのだ。

    こういった資源となる「砂」が闇取引される。
    勝手に「砂」が持ち去られるのだ。

    簡単に「砂」と言っても、「砂」は一朝一夕には作ることができない。
    それこそ「石油」や「天然ガス」といった資源と同じくらい価値があるものなのだ。

    こういったことは全く知らなかった。
    世の中はまだまだ知らないことばかりだ。
    日々、勉強だ。

  • 砂が、重量や容積で計量すれば世界最大級の取引量のある資源であるということに、まず驚いた。

    また、石油や鉱石などとは異なり、その採掘が河川や海岸といった比較的人間の生活圏に近いところで行われることが多いため、生活環境の破壊や災害による人的な被害にもつながりやすいという点も、この本を読んで認識を新たにさせられた。

    多くはコンクリートを構成する建設材料として使われており、その量は年々増加しているという。確かに、世界の都市化のスピードを考えると、その事実には納得できる。

    また、昔から多く使われてきた資源であることも関係してか、採掘や運搬にあたっての環境規制が整備されないまま長く採掘されてきた場所も多く、この産業を適正な姿にしていくことは、一筋縄ではないという印象を受けた。

    石油における石油化学工業や鉄鉱石における製鉄業のように、採掘から商品化に至るプロセスで資本と技術の必要な産業を経る必要がないため、採掘者も需要家である建設産業も比較的零細なところが多い。そのことも、この市場を管理していくことの難しさの一因になるのではないかと感じた。

    しかし、これだけ世界各国で生活に直結する環境破壊や労働環境の問題を起こしているのであれば、その採掘や流通が適切に行われているかを管理していく何らかの仕組みの構築が必要であり、大手の需要家からでも取組みを進めていく必要があるであろう。

    筆者は長く環境問題などを取材してきたジャーナリストであるため、建設材料としての砂の問題だけではなく、白砂青松と呼ばれるような海岸線がどのように作られてきたかや、森林と砂浜の関係、地球温暖化による島しょ国への影響などについても、様々な報道や研究成果を参照しながら解説をしてくれている。

    砂にまつわるグローバルかつローカルな課題を、複合的に理解できる本であると感じた。

  • 人口増加と経済発展と建築ラッシュと砂消費はセット

  • 『砂と人類』が砂の採掘から精製、用途別の特徴なども網羅的に述べているのに対し、こちらの本は経済面にフォーカスし多くを割いている。

  • 569-I
    閲覧新書

  • コンクリートに欠かせない砂だが、実は持続可能でない勢いで消費されていて、壮絶な争奪戦が繰り広げられているというのは知らなかった。ドバイの摩天楼の事例が挙げられているが、実は砂漠の砂は不適で、はるばる運搬されてくるのは意外だった。

  • 「都会は石の墓場です。人の住むところではありません。」ロダン

    開高健のフィッシュオンの冒頭で中学生の時に衝撃を受けたことを思い出した。その言葉通りの現実が世界中で爆発的に進行していること、経済成長と砂戦争危機が表裏一体であることを知らされた。よくよく考えると当たり前の事だが、気づかないフリをしてきたのかもしれない。

  • 砂を初めて資源だと認識できた。
    you tubeにsand warsという動画があったのでみたい

  • コンクリートの骨材として貴重な砂(川砂)資源は枯渇の危機にあり、昨今では奪い合いの様相を呈している。あまり知られていないこの状況についてのルポルタージュ。
    うそ寒くなるような現実をこれでもかとつきつけた最後に、今や根こそぎにされつつある白砂青松の美しい砂浜もまた、環境(森林)破壊の産物である旨が語られる構成はなかなかみごと。読みながら欲しいと思っていた未来への提言(砂の代替物の有無)もあり、満足できる1冊だった。

    ?〜?

全12件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1940年東京都生まれ。東京大学卒業後、朝日新聞入社。ニューヨーク特派員、編集委員などを経て退社。国連環境計画上級顧問、東京大学大学院教授、ザンビア特命全権大使、北海道大学大学院教授などを歴任。この間、国際協力事業団参与、東中欧環境センター理事などを兼務。国連ボーマ賞、国連グローバル500賞、毎日出版文化賞をそれぞれ受賞。主な著書に『感染症の世界史』『鉄条網の世界史(共著)』(角川ソフィア文庫)、『環境再興史』『砂戦争 知られざる資源争奪戦』(角川新書)、『地球環境報告』(岩波新書)など多数。

「2021年 『図解 感染症の世界史』 で使われていた紹介文から引用しています。」

石弘之の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
劉 慈欣
アンデシュ・ハン...
リンダ グラット...
有効な右矢印 無効な右矢印

砂戦争 知られざる資源争奪戦 (角川新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×