代謝がすべて やせる・老いない・免疫力を上げる (角川新書)

著者 :
  • KADOKAWA
3.25
  • (0)
  • (3)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 58
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784040823720

作品紹介・あらすじ

あなたの「健康の教養」は足りていますか?
お腹に手を当てて考えてください――

健康になるための選択・行動は、「代謝」を抜きに語ることはできません。
しかし……

□ そもそも「糖質」を食べてなぜ「脂肪」が溜まるのでしょうか?
□ サウナでは代謝は上がらない? 水を飲むだけで代謝が促進!?
□ 「やせるには有酸素運動が不可欠」ではない理由は?
□ 「代謝に良い食事」をコンビニで調達する方法とは?

あなたはいくつ、答えられますか?

知っているようで知らない。しかし知っているほうが絶対に得をする。
そんな「代謝の知識」を専門医が伝授します。

1 ファクトを理解すると、
2 体の中をイメージができ、
3 賢い選択ができるようになる

健康な体を手に入れるための「健康の教養」を本書で身につけましょう。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  •  池谷敏郎「代謝がすべて やせる・老いない・免疫力を上げる」、2020.9発行。う~ん、私にはわかりにくい本でした。じっくり読んだり何回も読めばわかるとは思いますが・・・。代謝の重要性は知ってますが、その説明がピンとこない感じでした。脂肪を燃やせ、筋肉を使え、そんなことが書かれてました。代謝は、食べたものを処理し、有効に使い、そして効率よくためるために体内で行われる一連の化学反応のことだそうです。

  • カラダのメカニズムを知らないと、痩せる以前に、健康ですらいられない、、、

  • 単純に「冷たい水がカラダを冷やすから良くない」長年信じていたんだけど、そりゃ冷蔵庫でキンキンに冷やしたとか氷たっぷりとか話であって、体温より低い水は代謝を上げる働きがあるって言われると、えーっそういうことーっもっと早く教えてよ、って感じ。「脚を組んで座るのはNG」てのだって、組みっ放しが血流を遮るから宜しくないってことでむしろマメに組み替えることで下半身の大きい筋肉を動かすでしょって。うーん、何事も一面から判断してはいかんなあで、結局のところ、筋トレとジョギングはどっちが先の方が良いんだろうか…?

  • <目次>
    第1章  「代謝がいい」とは、どういうことか~QOLを左右するもの
    第2章  「痩せた体」より「代謝の良い内臓・筋肉」をつくろう~基礎代謝と「体」
    第3章  この行動習慣が「あなたの燃費」を変える~活動代謝と「運動」
    第4章  「有用なものを取り込み、不要なものを消す」コツ~食事代謝と「食習慣」
    第5章  「三大栄養素」の代謝を理解するだけで~代謝の「健康教養」
    第6章  1日24時間「カンタン代謝生活」のすすめ~代謝の5箇条

    <内容>
    いわゆるダイエットではなく、どのように食べれば、健康で「痩せた体」を作れるかを指南する本。著者は内科、循環器科の医者。やはり悪者は「糖質」。かといって糖質削減ダイエットではなく、代謝を正しく理解し、「インスリン」を出さないような食事をすること。詳しくは本を読んでもらうこと。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

医学博士。池谷医院院長。1962年東京都生まれ。
東京医科大学医学部卒業後、東京医科大学病院第二内科に入局、血圧と動脈硬化について研究する。
1997年、医療法人社団池谷医院理事長兼院長に就任。専門は内科・循環器科、現在も臨床現場に立つ。
東京医科大学循環器内科客員講師、日本内科学会認定総合内科専門医としても活動する。
『世界一受けたい授業』(NTV系)、『林修の今でしょ! 講座』(テレビ朝日系)等に出演、わかりやすい説明と明るく真摯な人柄で大好評。
著書に『脳卒中、心筋梗塞、突然死だけじゃない すべての病気は血管で防げる!』(青春文庫)、『1日5分! 血管ケアだけで20歳若返る!』(青春新書プレイブックス)などがある。

「2021年 『健診・人間ドックではわからない! かくれ高血糖が 体を壊す』 で使われていた紹介文から引用しています。」

池谷敏郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
瀧本 哲史
凪良 ゆう
アンデシュ・ハン...
リンダ グラット...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×