官邸の暴走 (角川新書)

著者 :
  • KADOKAWA
3.56
  • (4)
  • (5)
  • (5)
  • (0)
  • (2)
本棚登録 : 67
感想 : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (336ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784040824031

作品紹介・あらすじ

首相官邸に属する補佐官や秘書官らいわゆる「官邸官僚」は絶大な力を行使し、「モリカケ問題」など一連の不祥事の温床とも指摘されている。なぜ彼らは力を持ちえたのか。その腐敗の過程を検証し、あるべき姿を説く!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ●安倍政権4つのレガシー。官僚支配、マスコミ支配、地に落ちた倫理観、戦争ができる国作り。

  • 2021年6月の刊行から数か月経って、だいぶ状況が変わっているので、今さら感の否めない部分もあるけど、そこは後追いの検証と思えばよくて、いまだ未解決だったり、むしろ悪化している問題もあるので、面白く読めました。著者の個人的な見解も含まれるので、これを100%鵜呑みにする必要も、細かいところに目くじらをたてて噛みつく必要もなくて、なるほどね~と思えばいいのかな…という感想をもちました。とりあえず皆が関心を持たないことには、投票率も上がっていかないわけだし。

  • 東2法経図・6F開架:312.1A/Ko24k//K

  • べらぼうにレベルの高い日本国家戦略論
    1.安倍政権ー菅政権と日本の政治は末期状態
     国家の有り様についての理念もビジョンもなく
     私利私欲と利権の追求
    2.日本を支えてきた官僚機構も陥落
     内閣法制局長官の人事と人事局でKOされてしまった
    3.コロナが日本を変えられるか、滅ぼすか
     人材登用を変えられるか 明治維新 敗戦後
     大きなショックが起き既得権既得権集団が主導権
     exオリンピックの森元総理
    4.日本の国力の衰え
     Digital・Green・分権改革・教育改革
     息の長い長期戦略を実行できるか?
     cf米国バイデン大統領のリーダーシップ素晴らしい
      ただし基礎体力が持つのかが最大の課題
    5.最後の改革案はまだ生煮えだがスケールは大きい
     一国の総理大臣はこれを語れる見識が欲しい
     日本のリーダーは宴席ばかりで勉強が足りない
     政治も政局ばかり、政策・戦略の議論はない

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

1955年、長崎県生まれ。東京大学法学部を卒業後、通商産業省(現・経済産業省)に入省。産業再生機構執行役員、経済産業政策課長、中小企業庁経営支援部長などを歴任。2008年、国家公務員制度改革推進本部事務局審議官に就任し、急進的な改革を次々と提議。09年末に経済産業省大臣官房付とされるも、11年4月には日本ではじめて東京電力の破綻処理策を提起した。その後、退職勧奨を受け同年9月に辞職。著書・メルマガを通じ活発に提言を続けている。

「2021年 『官邸の暴走』 で使われていた紹介文から引用しています。」

古賀茂明の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
アンデシュ・ハン...
古賀 茂明
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×