導かれし者 流浪のストライカー、福田健二の闘い (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店(角川グループパブリッシング)
3.85
  • (3)
  • (5)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 47
感想 : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (217ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041000090

作品紹介・あらすじ

小学5年生の時、母親が自ら命を絶った。息子に残されていたのは、わずか3行の遺書だった。好きなサッカーで 世界に胸を張れる 選手になって下さい。孤高のFW福田健二は、その言葉に導かれるように海外を渡り歩いてきた。幾度となく立ちはだかる高い壁にひたすら挑み続けた。そして気づいた妻と愛娘の存在の大きさ。家族とは、絆とは何か。ひとりの男の生き様を描いた、壮絶ドキュメント。角川文庫スポーツ部シリーズ第4弾。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • あの福田選手が、このような経過を辿っていたことに驚いた。
    ヌマンシアでの決断が違っていれば…という気持ちがどうしても拭えず、きっと彼の周囲の人もそうなのだろうが、それを本人が納得しているなら何も言うことはないのだろう。

    精密な取材に基づくノンフィクション。

  • 資料ID:92120962
    請求記号:080||K
    配置場所:文庫本コーナー

  • 泣きました。

  • 海外組の一人として、福田健二の生き様には注目していたつもりだったが、バックグラウンドに母の死があるとは知らなかった。サッカー選手としての生き様と家族の形を模索する話。南米や欧州のクラブ事情もわかり、本のボリュームの割には与えられたものが多い。
    気になったのが、取材対象にあまりに近いせいなのか、書きたいことが多すぎて整理がついていないのでは、と思えた点。
    角川文庫スポーツ部シリーズ、もうちょっと読んでみようかな。

  • 久々にノンフィクションを読んで鳥肌がたった。

  • どこか気になるフットボーラー,福田健二選手のドキュメント.本書は2007年に発売されたものを改題,加筆・修正したもの.不器用な男が世界で戦って行く姿が物語として紡がれている.たらればを言っても仕方がないが,不器用な生き方をしなかったら・・・,と感じる部分もある.しかし,それを含めて福田選手なんだと納得した.

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

1972年、横浜生まれ。大学卒業後にスペインのバルセロナに渡り、スポーツライターに。語学力を駆使してEURO、冬季五輪、GPファイナル、W杯を現地取材後、06年から日本に拠点を移す。アスリートと心を通わすインタビューに定評がある。人物ルポ中心に著書は20冊以上。『導かれし者』『ロスタイムに奇跡を』(角川文庫)『アンチ・ドロップアウト』シリーズ三部作(集英社)『エル・クラシコ』(河出書房)『おれは最後に笑う』(東邦出版)など。小説は『ラストシュート』(角川文庫)に続き、本作が二作目となる。

「2020年 『氷上のフェニックス』 で使われていた紹介文から引用しています。」

小宮良之の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×