詩羽のいる街 (角川文庫)

著者 :
制作 : 徒花 スクモ 
  • 角川書店(角川グループパブリッシング)
4.14
  • (123)
  • (128)
  • (52)
  • (10)
  • (2)
本棚登録 : 925
レビュー : 124
  • Amazon.co.jp ・本 (455ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041000199

作品紹介・あらすじ

あなたが幸せじゃないから-マンガ家志望の僕は、公園で出会った女性にいきなり1日デートに誘われた。確かにいっこうに芽が出る気配がない毎日だけど…。彼女の名前は詩羽。他人に親切にするのが仕事、と言う彼女に連れ出された街で僕が見た光景は、まさに奇跡と言えるものだった!詩羽とかかわる人々や街が、次々と笑顔で繋がっていく。まるで魔法のように-幸せを創造する詩羽を巡る奇跡と感動の物語。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 有川浩さんが解説の第1行に書いた
    「詩羽に手を引かれて444頁を駆け抜けた。」
    との言葉通り、小さな奇跡の連続に胸が躍って
    頁を繰る手が止まらない本です!

    人生に行き詰っている人を見つけてはデートに誘い
    足りない何かを、足りているところから融通して
    (これを詩羽が「ワラシベ」と呼んでいるあたりが好き♪)
    ささやかな幸せのお裾分けをしながら生きる詩羽。

    そのお裾分けの報酬がお金ではなく
    数か月に1回泊めてもらうことだったり、古着であったり
    レストランでのランチや、医院での診察であったりして、
    お財布どころか、家も保険証も持たない彼女が
    今でいう「地域通貨」の解釈を、もっとおおらかに拡げて
    自由に生き生きと暮らしていることに驚きます。

    秘めた可能性や能力に気付かずに空回りしている人たちの歯車を
    築き上げたネットワークを駆使して噛み合わせ
    やがては町おこしのイベントにまで繋げてしまう詩羽ですが、
    彼女の生き方の根底にあるのが「愛」とか「理想」とかの
    絵に描いたようなスローガンではなく
    人が少しでも快適に生きるための「論理」だ!と言い切り、
    奇跡を呼ぶためには、泥棒あがりの住職だの
    元ゴミ屋敷の住人だのの協力も当然のように仰ぎ、
    法律の網もかいくぐって、まったく天使然としていないところが素敵。

    作中に登場する架空の漫画やアニメも
    実際に読んだり見たりしたくなる面白さで、
    カードゲーム好きの小学生のためにカードのトレードを
    詩羽が鮮やかに取り仕切ったシーンで始まった物語が
    街を舞台にしたアニメの「聖地巡礼」を兼ねた
    キャラのカードを集めながらのオリエンテーリングで閉じられるあたりも
    サブカル好きの読者には堪えられない魅力になっています♪

  • 山本弘版ペイ・フォワード、という言い方は、乱暴にして物語の本質を少し見誤りかねない表現ですが、ワシが読了してしっくりきたのはそんな言い方です。善意をまわす、というプロットにそう感じてしまったのかもしれません。

    舞台になっている街、世界は、現代の病理とも言うべき、ネットやメディアが発達したことで発露した人々の「悪意」や「絶望」を極端だが的確に描いており、それに対して善意を軸にしたちょっと不思議な解決法を提示しています。それは、不可能なんだけど、その何パーセントかは自分でも出来そうで、それによって、少し荒みつつある世界を少し変えられる気がしてくるのです。

    その「不可能」のギミックを筆者はSFとしていて、その理由も得心いくものではあるのですが、ワシの中ではSFとしての咀嚼がまだできていなかったりします。

    ただひとつ間違いないのは、とてもステキなドラマが展開されている、ということです。

    相変わらずの緻密な構成で紡ぎ出される四つの物語は、それぞれに展開しつつも繋がりあい、物語を楽しむ喜びを与えてくれます。そしてやはりワシはこの人の書くものが好きで、この人の書く考え方に共鳴してるな、と再認識しました。

    余談ですが、作中で引用されている書名の出ていない小説にピンときたのが、ちょっと嬉しかったりします。しかも、こないだ読んだばかりの「レインツリーの国」はまだしも、何故か読んだことのない「文学少女シリーズ」も分かったのは謎。読みたいと思って少し調べていたのが、記憶に残っていたようです。

  • これは読んで良かった。少なからず私のこれからの生き方に影響していくでしょう。詩羽の論理が世界中に広がったらいいなと思う。きれいごと過ぎず、シリアス過ぎず、軽妙なタッチでさくさく読めるので、ぜひ多くの人に読んでもらいたい作品。

  • 他人に親切にするのが仕事という女性、詩羽。彼女に導かれ変わっていく人々の姿を連作調で描いた作品。

    彼女の仕事の特徴というのは、人と人を結びつけるということ、そしてその際お金を受け取らない、ということ。
    では詩羽自体どうやって生計を立てているかというと、友達の家を渡り歩いたり、お金以外の報酬をもらったり(例えば店の看板を新調したいという飲食店の店主に、絵の巧い人を紹介してその仲介料の代わりにその店で使えるチケットをもらう)

    彼女の手によって結びつけられた人々は、自らの希望を叶えつつ、相手も喜ばせるようになっていきます。この辺は昔の物々交換とちょっと似ているかも。

    そんなにうまくいかないよ、だとか、ちょっと説教臭い、といったところもあるものの、彼女の言動、行動はとても論理的。彼女自身親切にする方が気持ちいいでしょ? という感情論で人を動かすのでなく、こうする方が合理的でしょ? とあくまで論理や合理性を前に打ち出しつつ、その結果としてみんなが幸せになっていくという合理性に裏打ちされた親切で人を動かすというのが、偽善臭くなくて良かったと思います。詩羽自体も人に親切にすることで生計を立てている面もあるので(もちろん人の幸せにするのが好きというのもありますが)、自身の利益や願望も満足させつつ人を幸せにもできるなんて、うらやましいなと思いました。

    サブカルの様々な小ネタを挟んできたり、読む側に希望を与えてくれる伏線の回収もあって詩羽の行動だけでなく、ストーリー自体も十二分に面白かったです。

    作中に『戦場の魔法少女』というマンガが出てくるのですが単なる作中作とは思えないストーリーの濃さがあって実際に読んでみたいなあ、と思いました。作中作がこんなに気になった作品は初めてかも(笑)

  • こんな荒唐無稽な話があるか!
    と思いつつもどんどん読み進められた。人との繋がりの大切さ考えさせられる内容だった。

    ただ何よりも戦まほ読みたい。

  • 単行本も持っているが文庫になっていたので思わず再読。

    この本は本当に好き。
    過度なサブカル擁護とも取れる著者のエゴや説教臭い部分が鼻につくきらいもあるが、それを補って余りあるあまりに魅力的な詩羽の人物像が眩しい。

    テンポ感が小気味よい「恐ろしい「ありがとう」」、
    最終話「今、燃えている炎」あたりが面白いが、個人的にはさよちゃんの話「ジーン・ケリーのように」が一番好き。

    それと悟られず人のために全力を尽くす姿に胸を打たれる。
    なんだか世のミュージシャンがこぞって愛を歌うのもわかる気がしてくる。
    一周してしまうともうそうするしかないのだきっと。届け届けと。

    それをより具体的に、実践的に体現する詩羽の姿に、
    だからこそ心打たれるのだと思う。

  • 有川さんの本の「あとがき」でこの本を知りました。著者も大の有川ファンと言うことで、気になって読んでみた。

    有川作品に似た軽い読み心地です。これもライトノベルなのでしょうか?
    (私が読んだのはハードカバー版でしたが、文庫も出てるらしい)

     ストーリーの背後にある著者の「マンガへの愛」がしっかり感じられます。主軸となる、「詩羽」に巻込まれる人々の物語と、作品の中に出てくる「戦まほ」のプロットが巧みです。


    一人の女性によって「変化を前向きに捉え、根拠の無い意地は捨て、論理的に日常を楽しくしよう」

    と言う表と、

    誰もが心の奥に密かに抱く気持ち。「人は本来、残酷で排他的。攻撃的な生き物であり、善意を持って生活している日常は本来の姿では無い。」

    と言う裏を、

    際立つように並べて表現し、それを分かった上で「それでも善意を信じてる」とお互いの間を飛び回る詩羽と、押され引っ張られる登場人物たちが、生き生きと描写され、私には少し眩しいほど。

     私自信、ほとんどマンガは読まないのですが、この「戦場の魔法少女」は読んでみたい。もしかして実在するのか?と検索しましたが、やはり架空の設定のようです。

    有川ファンである著者は、この本に有川さんの「レインツリーの国」を話の中で「そう言えば、こう言う本があったんだよね。」と登場させています。

    プラスして、SFファンが「ナニナニ?メモしとこ」と思えるプロットもチラホラ見られる。
    この山本弘と言う著者はSFも書くらしいので、この辺りも読んでみたい所です。
    2001年宇宙の旅、私的にこの映画は退屈で見られたものじゃ無かった。何が評価されてるの?と疑問でしたが、小説版はもっと単純で分かりやすいらしい・・・


    ああ、
    こうやって、知らなかった著者や本にめぐり会って行くのも、また楽しいなぁ。ウシシ。。。

  • これは素晴らしい小説。百回生まれ変わってもこういう物語は自分では書けません。お薦めの一冊。

  • 心温まるストーリーの裏で痛烈な社会批判。マンガ文化前面なところや説教臭さは好みが分かれそうだが、自分は気にならない。悪意との対峙や叙述などミステリー的な要素もあり、伏線がしっかり回収されるラストまで飽きずに楽しめた。

  • 乙一さんが帯にコメントを書いていたので手に取りました。
    お金を一切持たず、人と人との仲を取り持って街の運営を上手く回すことで身を立てている詩羽。
    人と人とのつながりは何にも勝る財産だというのを実感しました。
    ネットの炎上や煽り合戦など、今の問題も上手く取り入れてあり、そんな現代なのにこの生き方をしている詩羽のすごさを垣間見た感じ。
    途中で出てきた大学教授の子供っぽいイタズラは何となく笑ってしまったけど、図書館の本切ったりするのはやめてー!!

全124件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

作家。2003年に本格SFにして著者初の四六判ハードカバー『神は沈黙せず』(角川書店)を刊行。同作は読者の話題をさらい、日本SF大賞の候補となった。また2006年5月に刊行された単行本『アイの物語』(角川書店)も各書評家に絶賛されている。

「2018年 『怪奇探偵リジー&クリスタル』 で使われていた紹介文から引用しています。」

詩羽のいる街 (角川文庫)のその他の作品

詩羽のいる街 単行本 詩羽のいる街 山本弘

山本弘の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有川 浩
有効な右矢印 無効な右矢印

詩羽のいる街 (角川文庫)に関連する談話室の質問

詩羽のいる街 (角川文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする