翔べ麒麟(上) (角川文庫)

著者 :
  • KADOKAWA
3.43
  • (0)
  • (4)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 35
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (384ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041000281

作品紹介・あらすじ

藤原広嗣の庶子、真幸は遣唐大使護衛士として大陸へ渡った。長安には玄宗皇帝の信頼を一身に集める日本人高官、朝衡すなわち阿倍仲麻呂がいた。在位四十年、玄宗は楊貴妃への愛に溺れていた。帝国の財政、司法、警察の絶対権を司る男、楊国忠。兵馬の大権を握り、辺境に陣取る安禄山。二人が衝突すれば、国難は必至。智謀に優れた吉備真備が加わり、各人の思惑が錯綜する中、真幸は思わぬ役割を命ぜられ-。壮大な大河小説。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 上巻読了。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

1945年生まれ。90年「村の名前」で芥川賞を受賞。『飛べ麒麟』で読売文学賞、『遊動亭円木』で谷崎賞、「枯葉の中の青い炎」で川端賞、『許されざる者』で毎日芸術賞受賞。著書多数。

「2016年 『松尾芭蕉 おくのほそ道/与謝蕪村/小林一茶/とくとく歌仙』 で使われていた紹介文から引用しています。」

翔べ麒麟(上) (角川文庫)のその他の作品

辻原登の作品

ツイートする