骨とともに葬られ 下 (角川文庫)

制作 : 布施 由紀子 
  • 角川書店(角川グループパブリッシング) (2011年12月22日発売)
3.50
  • (0)
  • (2)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • 13人登録
  • 2レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (333ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041000311

作品紹介

たった2回上演されただけで、歴史から忽然と姿を消した戯曲『カーディニオー』。計り知れない価値を持つ戯曲の手掛かりを追うケイトは、命の危険に晒されながら、驚愕の事実にたどりつく。シェイクスピアとは現在知られている人間ではなく、全く別の人物だったというのだ。シェイクスピア作品の真の作者の正体とは?歴史を覆す驚きと興奮、刺激に満ちあふれたノン・ストップ歴史ミステリついに文庫化。

骨とともに葬られ 下 (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ジェニファー・リー・キャレル氏のサスペンス『骨とともに葬られ』を読了。ダン・ブラウン氏の各作品と同じように次から次へと謎に絡んだ事件が起き続けるジェットコースター・サスペンスだというのがまず最初の感想。ダビンチ・コードのシェークスピアバーションといったところか。シェークスピアの失われた戯曲の発見?とシェークスピアは本当は誰だったのか?という二つの謎を巡ってのトリビアの大盤振る舞いの内容で、実際にあった研究資料をベースに著者の創作が加わりものすごい早い展開で物語が進んで行くので上下巻の大作だがページ数の多さはそれほど感じない。すべてが創作ではなく実際の発表されている研究の内容を知る事が出来るので知識欲も満たされるおトクなサスペンスかも。翻訳は可もなく不可もなくといったところだ。そんなちょっぴりお勉強できる海外サスペンスを読むBGMに選んだのがマイルス・デイビスの”死刑台のエレベーター”。贅沢な映画サントラだなあ。
    https://www.youtube.com/watch?v=On9hWewcYZw

  • 2012年3月21日読了。

全2件中 1 - 2件を表示

ジェニファー・リー・キャレルの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

骨とともに葬られ 下 (角川文庫)はこんな本です

骨とともに葬られ 下 (角川文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする