青い夜の底 小池真理子 怪奇幻想傑作選2 (角川ホラー文庫)

  • 56人登録
  • 3.38評価
    • (3)
    • (3)
    • (14)
    • (1)
    • (0)
  • 10レビュー
著者 : 小池真理子
  • 角川書店(角川グループパブリッシング) (2011年11月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (264ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041000359

作品紹介

互いが互いに溺れる日々を送っていた男と女。だが突然、女との連絡が途絶えた。シナリオライターとしての仕事にも行き詰まり、苦悩する男が路上で出会ったのは…(「青い夜の底」)。死んだ水原が、今夜もまた訪ねてきた。恐れる妻を説得し旧友をもてなすが…(「親友」)。本書のために書き下ろされた表題作を含む全8編。異界のもの、異形のものとの、どこか懐かしく甘やかな交流を綴る怪奇幻想傑作選、第2弾。

青い夜の底 小池真理子 怪奇幻想傑作選2 (角川ホラー文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 角川ホラー文庫での一作目の短編集より、こちらの方が断然面白かった。叙情的なホラーで、恐怖よりも人生の悲哀を強く感じさせる作品が多く、読んでいてとても感傷的な気分にさせられてしまった。

    死んだ友人が夜ごと訪ねてくる「親友」、優しくしてくれた父の愛人との思い出を綴った「鬼灯」など、味わいのある作品が詰まっている。

    夏は過ぎたというのに、ホラーが面白い秋だ。

  • サクッと読めて、ゾクッとする。くどくどしてなくて読みやすかったです。

  • 「災厄の犬」が特に面白かった。

  • 「ディオリッシモ」が、特に好きです。

  • 怖いというだけでなく、時にユーモラスだったり。だからこそ、怖さの余韻が残るのかもしれない。
    「足」や「ディオリッシモ」など、途中で話の行方の見当はつくけれども、完結度は高いと思う。

  • 1よりすごい怖い話が多かったのですが!!ひい!!朝読書の間、一人でひぃひぃ怖がっておりましたよ。

    生きがい
    人を世話することが生きがいの女性。彼女は、飛行機事故で夫と子供を同時に失って以来、生きる気力を失っていた。そんな時、彼女の管理するアパートに住む、息子と良く似た大学生が、風邪をひいて寝込んでしまう。
    彼女は献身的に彼を看病し、久しぶりに生きがいを見つけるのだが、その結果、思わぬ事実に気がついてしまう。

    青い夜の底
    売れないシナリオライター。今回の原稿も没を食らい、愛する女とはしばらく連絡が取れていない。無気力になった主人公の目の前に、数週間ぶりに彼女が現れる。しかし、彼女が連れていく先は…。

    ディオリッシモ
    うまくいかぬ人生。昔の事を思い出しながら電車に揺られていると、自分が子供時代に住んでいた町に着いてしまう。そこには、もう亡き両親と幸せそうな自分の姿があった。

    どれも読み終わってしばらくは茫然自失とします。ていうか怖い。自分は今、本当に生きているのでしょうか。それを証明するすべはあるのでしょうか。

  • 解説 新保博久。編集を担当している。

    小池真理子の幻想恐怖小説は、恐いだけでなく,美的な感覚がある。
    終わり方も苦しいだけでなく、悲しい,わびしい,寂しいなどいろいろ。

    ありきたりでないところがよい。

  • 幻想的なホラー短編集。ノスタルジックな雰囲気の漂うものが多くて、怖がらされるよりもむしろしんみりとした気分にさせられます。
    お気に入りは「足」。こういう手法はこの方多いんですけどね。なんだかワンパターンという気はしなくて、「ああ、そうだったのかあ」と自然に思わせられます。

  • 各話の終り1ページでゾクっとさせられる。

  • ホラーっぽさを求めて読んだからなのか、いまひとつパンチの弱い作品ばかりだったような。

全10件中 1 - 10件を表示

青い夜の底 小池真理子 怪奇幻想傑作選2 (角川ホラー文庫)のその他の作品

小池真理子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
沼田 まほかる
沼田 まほかる
湊 かなえ
有効な右矢印 無効な右矢印

青い夜の底 小池真理子 怪奇幻想傑作選2 (角川ホラー文庫)に関連する談話室の質問

青い夜の底 小池真理子 怪奇幻想傑作選2 (角川ホラー文庫)はこんな本です

ツイートする