リーディング 司書と迷える魔本 (角川ビーンズ文庫)

著者 : 隼川いさら
制作 : 山本 佳奈 
  • 角川書店(角川グループパブリッシング) (2011年11月30日発売)
3.55
  • (6)
  • (14)
  • (19)
  • (3)
  • (0)
  • 本棚登録 :87
  • レビュー :12
  • Amazon.co.jp ・本 (253ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041000502

作品紹介・あらすじ

大陸図書館で働く新米司書リィナの仕事は、本の修復や汚れ落とし…、だけではない。"読解の異能者"としての力で、魔に染まった危険な「魔本」を見つけ出すこと。同じ力を持つ先輩司書のジーンを助けたい、と張り切るリィナだが、ジーンに迫りまくる小悪魔な新入りエチカの登場に心乱され、ミスを連発。そんなとき、魔本だけを扱う闇オークション開催の報せが図書館に入ってきて…!?新米司書リィナの図書館奮闘記、第2巻。

リーディング 司書と迷える魔本 (角川ビーンズ文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • シリーズ2作目。

    新キャラエチカが登場し、過去の“シャルトー写本事件”を
    中心に話は進む。魔染・闇オークションが出てきたり
    ドタバタ。でも前作よりも重くなくダークさも軽く、さくさく読破。

    ジーンもだいぶ明るくなっていい感じ!
    そしてジーンとリィナの微妙な距離感にドキドキ♪
    ちょっと甘めになってきてにやっとしちゃいました^^
    早くつっついちゃえー♡じれったい。


    魔本を救うシーンでは、やはりいつもじわ~と涙が
    出てきて、リィナの本バカがかわいくってたまらない。

    途中でこの人は!もしや!と気が付いたので
    私は賭けに勝ったな(o^∀^)と思った。

    次はたぶん…イメアおばさんが中心になってくるのかな?
    と予想。もう3巻も超・楽しみ♪
    100円直感で買って良かった、挿絵もいいし、この本♪アタリ!

  • 終盤に向かう程に面白さがなくなっていく感じで・・・。
    しかし、結局続きがあるとよんでしまうのでした。
    途中、オークション会場でリィナが泣いた場面で、私も泣いてしまったことは秘密です。

  • 美少女エチカ登場。ジーンにいちゃいちゃするのを見せつけられたリィナの葛藤。

    終盤のエチカの正体にドン引き。

  • 初登場のエチカがおもしろい。
    リィナの叔母の過去も少し明らかに。

  • 先輩が寿退職したのは喜ばしい限りですが、仕事量で言えば
    まったく喜ばしくない状態。
    そしてやってきた新人は、小悪魔、と噂の人物。

    無駄に頑張るへたれヒーローの愛読書(?)の内容が
    思ったより使えるものが書かれている? と。
    さすがに基本(?)は抑えている内容ですが
    多分斜め30度くらい、別方向なのが面白い…。

    そして新人の驚きの秘密!
    とはいえ、何だか怪しげ、と思っていたら
    決定的証拠が…さすがヘタレヒーロー。
    いやいやいや、それよりも怪しげ(?)なのは
    乗っ取りした人でしょうか?
    うん、子供の直観は信じましょう、お父さん。

    主人公たちの行きつく先(?)も気になりますが
    おばさんの所が!!
    えちょっとどゆ事というか、どうなるですか!?w な展開が
    もしや待ちうけて!?
    ……ないでしょうけど(笑)

  • 2巻目。リィナの嫉妬やらエチカの登場で三角関係やら恋愛要素も増えてきた。

    挿絵が相変わらず綺麗で好き。リィナもエチカも可愛い!


    ジーンは早く自覚してくれ!とツッコみたくなるぐらいだけど、無自覚なのも良いよね!と思い直す私(笑)


    次の巻で終わりだから伏線は回収されるだろう。

  • 2巻目。新キャラのエチカ登場で、前半はリィナにヤキモチ妬かせ、後半はジーンにヤキモチ妬かせて、なかなか面白かったです。ジーンとリィナの気持ちは、周りにはダダ漏れで、ジーンの側があとちょっとってとこでしょうか。たまにジーンの気持ちも入るのはいいです。

    エチカは最初は白黒どっち?って思うくらい、読めなかったですけど、最終的には白で、今後リィナを真ん中にジーンをもっとヤキモチ妬かせて、二人の仲を進展させて欲しいものです。

  • “「あぁん、おいし〜い。やっぱり、リィナのお茶って最っ高ー!」
    幸せ一杯の笑顔を浮かべられると、やっぱり嬉しくなる。
    「自家栽培のお茶なのよね。叔母さんとブレンドしてるんだっけ。あ、叔母さん、元〈リーディング〉だって聞いたわ」
    「うん。今はもう現役引退してるけど......」
    「ふーん。そうすると、〈リーディング〉って血に伝わるものなのかしらねぇ?」
    「でも、叔母さんと私以外で〈リーディング〉だった人はいなかったみたい。知らないだけかもしれないけれど。エチカの家はどう?」
    水を向けてみると、エチカは「そうねぇ......」と今日は秋らしい深い紅と黄色で落ち葉を描いた爪先を唇に当てて考え込んだ。
    「やっぱりそうなのかしラ?一応先祖代々伝わってたし。でもね、生まれつきってのとは違うのよねぇ。その世代ごとに誰か一人が選ばれるって感じで」
    「じゃあ、これまで〈リーディング〉として司書になった人がいるの?」
    「ううん。司書になったのは、あたしが初めて。元々〈リーディング〉するためのものじゃないっていうか......だから、こんな力があるなんて驚き」
    左手で右中指の爪を外す。爪に躍る炎に似た不思議な赤い模様が、エチカの異能の証だった。
    「まあ、何だかんだ言ってもあたしは楽しんでるけどね。いろいろ知りたいこともあるし」
    「知りたいこと?」
    「あ、クッキー食べて。〈花蜜の王冠〉のやつなの。甘くてすっごくおいしいんだー」”

    エチカの件は最初は全然分からなかった。
    リィナの本への愛情が素敵。
    アニエスが何やら黒いけど彼の場合正論合っての企みっぽいよなぁ。
    男装のエチカって今後見れますか?わくわく。

    “「失礼」
    低い声が自分にかけられたものとは最初わからなかった。
    「あの、......失礼。ええと......レディ?」
    「......はい......?」
    再度呼ばれて、左右を見回してようやく自分だと気づく。また誘いの男性だろうか。アニエスから断りの台詞を教えられたが、気恥ずかしくて俯きがちになってしまう。
    先の尖った革靴が見えた。そこからまっすぐに黒いズボンを身につけた細い足へ、灰色のベストと白いシャツの胸へと視線は上がってゆく。ボーイだ。右手に盆を持っている。アニエスから伝言でもあるのだろうか。
    あれ、と思う。この今一つ肉のない痩躯のライン、どこかで見覚えがある。
    厚みのない肩、首、尖った顎の横に、はね気味の濃い金髪。
    群青の瞳は一つ。右眼は頬までの眼帯に覆われて——。
    互いの表情が驚愕へと激変した。
    「......じ、ジーン......!?」
    「リィナ。お前っ」
    目を見開き、わなわなと震える声がやがて強い怒りを発した。
    「何でここにいるんだよ!?」
    「な、何でって......アニエスさんに」
    「アニエスにだと!?」
    あまりの剣幕に怯みつつ答えると、ジーンの怒りは頂点に達したようだった。こめかみにびっしり血管が浮き立っている。
    「わ、私のことより、ジーンこそ何でここにいるの。しかも、ボーイの格好なんかして」
    「......仕事だ」
    「ボーイと司書に一体何の関係が......?」
    ジーンは口を引き結んだまま答えなかった。”

  • 新米司書リーナが頑張るお話第2巻

全12件中 1 - 10件を表示

隼川いさらの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有川 浩
有効な右矢印 無効な右矢印

リーディング 司書と迷える魔本 (角川ビーンズ文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする