RDG2 レッドデータガール はじめてのお化粧 (角川文庫)

著者 :
  • KADOKAWA
3.94
  • (224)
  • (395)
  • (240)
  • (17)
  • (0)
本棚登録 : 2717
感想 : 224
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (304ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041000540

作品紹介・あらすじ

生まれ育った紀伊山地を出て、東京の鳳城学園に入学した鈴原泉水子。学園では、山伏修行中の相楽深行と再会するも、二人の間には縮まらない距離があった。弱気になる泉水子だったが、寮で同室の宗田真響と、その弟の真夏と親しくなり、なんとか新生活を送り始める。しかし、泉水子が、クラスメイトの正体を見抜いたことから、事態は急転する。生徒たちは特殊な理由から学園に集められていた…。大人気RDGシリーズ第2巻。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • シリーズ2作目
    高校生活スタート!
    新たなキャラがでてきて、それもたくさん。
    この人は泉水子にどんな影響を与えるの?敵?味方??と
    わくわくしながら読んでました。
    楽しい~!(^^)!
    相変わらず泉水子は、新しい生活にドギマギしているけど、少しずつ自分に殻を破ろうと頑張ってる。健気でかわいいなぁ♫

    もうでてこない?いやいやそんなことはないだろう・・と思っていた和宮。
    意外だったけど、やぱり出てきたね。

    次作も楽しみです♫

  • 明治の神仏分離について最近とてもよく行き当たる。私にとってそれを学ぶ、そういう時期なのかも。
    もっとたくさんのことを知りたくなる。

    泉水子ちゃん、少しずつ殻を破ろうと仕掛けていて、深行くんとのこともとても気になる。深行くん視点のお話も読みたいほど。中学の深行くんがいなくなったあとの卒業までのことも知りたかった。どこかで出てくるといいな。

  • 敵か、味方か、鳳城学園で出会う個性的な面々。

    真響が出てきたことで、深行をめぐるライバルになるのかと思いきや、そうでもない。では、真夏かというと、そうでもない。いうならば、仲間。真澄の存在が鍵。真響のカッコよさは、女子的に憧れ。相変わらず雪政が胡散臭い。

    タイトルにも入っている化粧は、本当に最後の最後だけど、すごく大切。化粧って本来は儀式的なもので、女の子にとって、強力なものだよね、と思い出す。荻原さんの、こういうアイテムの使い方が好きです。

  • 荻原規子の"RDG"シリーズの第2巻。泉水子の決意の新生活がスタート。彼女が鳳城学園に入学したことによって、物語が動き出します。先に転校していた深行、ルームメイトの真響、真響の弟真夏など、彼女を取り巻く人間関係もだいぶ広くなっていきます。着実に1歩1歩進んでいこうとする彼女の前に暗い影が…。前巻に比べて異能バトル成分を増しています。どうやら、この学園にも色々と裏があるようです。泉水子と深行は無事に自分たちの望む未来をつかむことが出来るのでしょうか。一気に登場人物が増えて、学園物としての楽しさも増しました。

  • 高校に場面を移し、主人公以外の主要なキャラクターが出てきて、いろんなイベント発生。さらさら読めて、あっという間で、楽しめました。最後にまさかの和宮くんカラスで復活??
    でもまだ序の口宵の口。これからですな。ということで次巻へ続く。
    東京に来て、中央線沿線に住んでいるのに高尾山に登ってないなー。いつか行かないとなー

  • 高校生になり、寮生活を始めた泉水子。
    初めてのことで戸惑いもありつつ、寮の同じ部屋の子に恵まれ、何とか寮生活を送っています。

    それでも、色々と事件があり、周りはその事件に関わった人達や関係を知っているのに、泉水子だけは知らない。

    そんな中で泉水子は、いつも周りに頼っていて、自分からは何も出来ていなかったということに気がつきます。

    そこから自立しようと泉水子なりに頑張るのですが……。

    なんで周りは知っているのに教えないんだ!と、泉水子の周りにイライラしつつ、泉水子の成長が楽しみです。

  • 1巻は壮大なプロローグな感じで、
    正直あまり引き込まれなかったのに、
    1巻のラストから2巻までで完全に心を掴まれた。

    うじうじしている泉水子が好きじゃなかったのに、
    卑屈で嫌な奴な深行が好きじゃなかったのに、
    変わっていこうとする泉水子も
    もがいて成長していく深行も好きになってしまった。

    これはシリーズ一気読みしたい。

    真響きょうだいもとてもよかった、、、

  • 学園生活が始まりどんどん新しいキャラたちが登場。
    「生徒会」は以前の学園物(『樹上のゆりかご』)でも主人公たちが集まるスポットになっていたので、荻原さん「生徒会」好きだなぁ、と、まず思ってしまった(笑)。
    でもこれまで読んだ作品と違うのは、深行の存在かな。
    真夏くん(天然、天真爛漫)タイプが成長していってヒーローになるポジションだったけど、RDGでは良い味出してる三枚目にいるのが読んでいて楽しい。
    なので深行がこの先どう変わっていくのか、泉水子との関係はどうなっていくのか楽しみ。

  • 面白いです。読むほど、この世界観に引き込まれます。

  • 東京の高校に進学した泉水子。その学校はちょっと変わった学校らしい。

    やっとタイトル「レッドデータガール」の意味が分かった!
    少しずつ全体像が分かってきたような、まだまだ一部なような。
    先が気になります。

    泉水子と深行の成長も大事なテーマなんだなぁと思う。
    でも泉水子が変化を起こそうとすると、大丈夫⁉︎とハラハラする。。

全224件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

荻原規子・東京生まれ。早稲田大学卒。『空色勾玉』でデビュー。以来、ファンタジー作家として活躍。2006年『風神秘抄』(徳間書店)で小学館児童出版文化賞、産経児童出版文化賞(JR賞)、日本児童文学者協会賞を受賞。著作に「西の良き魔女」シリーズ、「RDGレッドデータガール」シリーズ(KADOKAWA)『あまねく神竜住まう国』(徳間書店)「荻原規子の源氏物語」完訳シリーズ(理論社)、他多数。

「2021年 『エチュード春一番 第三曲 幻想組曲 [狼]』 で使われていた紹介文から引用しています。」

荻原規子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有川 浩
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×