ほうき星 下 (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店(角川グループパブリッシング)
3.36
  • (3)
  • (20)
  • (20)
  • (6)
  • (1)
本棚登録 : 128
レビュー : 15
  • Amazon.co.jp ・本 (373ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041000588

作品紹介・あらすじ

亡き父・黄泉から受け継いだ天分を発揮し、さちは絵師としての才能を見せる。しかし、祖母・こよりに託された珊瑚商いへの思いも捨てきれない。そんな揺れる心に、いつしか幼馴染みの幹太郎への思いが高まっていく。自分の進むべき道、選ぶべき人生とは?自分の迷いに答えを出すため、さちはこよりの故郷、土佐の地を踏む。ほうき星の運命を背負い、人生を切り拓いていった娘の物語、感動の結末へ。著者初の、江戸人情大河小説。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • さちの成人になった後の展開ですが、立派な絵師になったかたわら、祖母との約束で珊瑚商を行う覚悟を決めたり、結婚するかどうかなど、取捨選択をどうするか?意思決定をしなければならず、さちの揺れる女心であったり、それを支える深川や土佐の粋な人たちとの交流が、さすがの山本一力ワールドで良かったです!
    やっぱり人間は、困った時はお互い様という、互いのことを尊重しながら助け合いの精神が大事だということをつくづく感じました!
    最後は、さちが一番大切なものが何かに気付き、その気持ちが叶って良かったです!

  • 28年11月25日読了。

  • 内容(「BOOK」データベースより)

    亡き父・黄泉から受け継いだ天分を発揮し、さちは絵師としての才能を見せる。しかし、祖母・こよりに託された珊瑚商いへの思いも捨てきれない。そんな揺れる心に、いつしか幼馴染みの幹太郎への思いが高まっていく。自分の進むべき道、選ぶべき人生とは?自分の迷いに答えを出すため、さちはこよりの故郷、土佐の地を踏む。ほうき星の運命を背負い、人生を切り拓いていった娘の物語、感動の結末へ。著者初の、江戸人情大河小説。

    平成28年6月26日~7月3日

  • 自分の恋心は捨て、健気に絵師として生きて行こうとするさちの運命が気になって読み進めはしたものの、土佐への旅以降の展開は激しさはあるものの、何かひっかかりを感じてしまった。時間、場所、出会い、それぞれ距離がある分、都合よすぎる展開に思えてしまったから?

  • あまり遠くへ出張に行かない僕はシンガポール〜香港でも充分長く感じるのですが、CXはいつも満席。PC開くのも不自由するから、最近は諦めてひたすら読書。今回も往復ちょっと+αで4冊行けた。
    で、山本一力。江戸ものだとやっぱり僕は一番好き。出身が高知なので土佐と江戸が交錯する作品がいくつかある中のこれもひとつ。千石船も山本作品に良く登場するキーアイテムで、安心して読めた。中でも捕鯨に対する愛のある書き方が好きだなあ。次の東京でまた買いこんでこよっと。

  • 上巻と同じ流れで終了。
    解説の杉良太郎のエピソードの方が本編より心に残った。

  • 山本一力さんの作品は何冊か読みましたが、これは読み出しで“微妙かな・・・?”と思いました。でも読み進めていくうちにどんどん面白くなり、結局夜中の3時までかかって上下巻を読んでしまいました!

  • 上巻に記載

  • いまいち。
    長いわりにグッとくるところがあんまりなかった・・・

    あかね空もあまり好きじゃなかったし、この作家さんとは相性よくないかもなー

  • 面白かった~
    でもあれですね、苦難が次々とこれでもかと…
    そんなに…ええやん…かわいそうやん…

全15件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

山本 一力(やまもと いちりき)
1948年、高知県高知市生まれ。14歳で上京し、中学3年から高校卒業までの4年間の新聞配達でワシントン・ハイツ(最大規模の米軍基地)を担当、英語力を養う。英語力を活かしながら通信機輸出会社、大手旅行会社(近畿日本ツーリスト)、デザイナー、コピーライターなど十数回の転職を経験。
46歳の時、事業失敗で作った2億の借金を返済するために作家になることを決意。1997年『蒼龍』でオール讀物新人賞を受賞しデビュー。2002年には『あかね空』で直木賞を受賞した。その他代表シリーズに『ジョン・マン』など。

ほうき星 下 (角川文庫)のその他の作品

ほうき星 下 単行本 ほうき星 下 山本一力
ほうき星 下 (角川文庫) Kindle版 ほうき星 下 (角川文庫) 山本一力

山本一力の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

ほうき星 下 (角川文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする