ダークルーム (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店(角川グループパブリッシング)
3.27
  • (10)
  • (92)
  • (179)
  • (26)
  • (2)
本棚登録 : 688
レビュー : 116
  • Amazon.co.jp ・本 (318ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041000717

作品紹介・あらすじ

シェフの内山が勤める高級フレンチレストランに毎晩ひとりで来店する謎の美女。黙々とコース料理を口に運ぶ姿に、不審に思った内山が問いかけると、女は意外な事実を語り出して…(「マリアージュ」)。立ちはだかる現実に絶望し、窮地に立たされた人間たちが取った異常な行動とは。日常に潜む狂気と、明かされる驚愕の真相。ベストセラー『サクリファイス』の著者が厳選して贈る、謎めく8つのミステリ集。書き下ろし短編収録。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • この人の文章は実に読みやすい。本を読んでいることを忘れるくらいに! 近藤史恵の作品では、「サクリファイス」でハマって、その続編の「エデン」、そしてこれが私にとっての三冊目。長編では無く短編集だ。

    内容のバリエーションが豊富だから、どれを読んでも楽しい。ミステリーやホラーの佳作がてんこ盛りだ。あっと驚くどんでん返しはないけれど、日常に潜む狂気や、ちょっとしたボタンの掛け違いから始まる人の心のすれ違いなど、この人の魔法にかかると息もつかせぬ物語になるのだ。

    私の中でのお気に入り度が飛躍的にあがった作家だ。久しぶりに作家読みをしようと思う。

  • 時間があるときにゆっくり読もうと思っていたのに、少し覗いただけで引き込まれてしまって斜読。
    はずれがない。

  • 日常から少し外れた異常を書いた短篇集。
    どれもそこそこ重みのある怖さ。

  • 短編8編。さらっと読めるがどれも重みがあって面白かった。「ダークルーム」と「北緯60度の恋」が特に好き。

  • コワス、SWEET BOYS、こわいわぁ。
    ダークルーム、北緯六十度の恋、なんかよかった。

  • 人間ホラーな短編集。
    2話目の『コワス』は心霊的な要素もあるけれど、
    基本的に人の心の暗い部分を描いている。

    『sweet boys』と『窓の下には』が好きだった。


    ただ、もう何冊も読んでみるけれど、
    近藤さん、ミステリ的トリックや日常の謎を作るのが、あまりお上手ではないと思う。。。
    人の心の機微を描かせると重厚なので、
    そちらにシフトしないのかなあと思うけれど。
    サクリファイスが売れた後もミステリな作品を発表し続けているので、
    きっと書きたいんだろうなと思う。

    ミステリ的な視点で見るとちょっと物足りなさを感じてしまうので、「ミステリ集」と表現するのは損をしている気がするな。
    余計なお世話ですが。

  • 短編集。個人的に「これは!」となるような話はなかったかなぁ。

  • 日常に潜む謎に迫る短編集。人は死んだり死ななかったり。
    巻頭のレストランのお話が印象的だった。

  • 暗室が「ダークルーム」と直訳されるのは流石に知らなかった。出版社の垣根を越え、幻想的でざらりとしたビターテイストの短編が八作品楽しめる。最も短い「窓の下には」が17頁で、最長の「SWEET BOYS」が53頁という非常にコンパクトな作品ながら、全作密度が高いので読み応えがある。短編はどうしてもラストが駆け足になりがちなのに、起承転結それぞれに配分された頁数のバランスが絶妙でそういった違和感を一度も抱かなかったことは特記しておきたい。美大を舞台にした「過去の絵」と書き下ろしの「北緯六十度の恋」がお気に入り。

  • キリコシリーズやパ・マルシリーズを読んでいるものとしては、この短編集は一味違う。後味が複雑、というか重い暗い気持ちになる作品が多い。その中でも「SWEET BOYS」の後味は悪すぎる。男たちの身勝手さにどよーんとくる。最後の話が「北緯六十度の恋」でよかった。少しほっとして本を閉じることができた。

全116件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

近藤 史恵(こんどう ふみえ)
1969年大阪生まれの推理作家、小説家。
大阪芸術大学文芸学科卒業後、1993年『凍える島』で第4回鮎川哲也賞を受賞し、デビュー。
2008年、『サクリファイス』で第10回大藪春彦賞受賞、2008年度本屋大賞部門惜しくも2位、第61回日本推理作家協会賞長編及び連作短編集部門候補作になる。これがシリーズ化もされた代表作となった。ほかの代表作に、ドラマ化された『天使はモップを持って』シリーズ。
2006年から、母校の大阪芸術大学文芸学科客員准教授に就任している。

ダークルーム (角川文庫)のその他の作品

ダークルーム (角川文庫) Kindle版 ダークルーム (角川文庫) 近藤史恵

近藤史恵の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
近藤 史恵
伊坂 幸太郎
三浦 しをん
PK
伊坂 幸太郎
有効な右矢印 無効な右矢印

ダークルーム (角川文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする