煩悩フリーの働き方。 (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店(角川グループパブリッシング)
3.35
  • (7)
  • (16)
  • (15)
  • (9)
  • (2)
本棚登録 : 186
レビュー : 19
  • Amazon.co.jp ・本 (217ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041000755

作品紹介・あらすじ

私たちが抱えるストレスの多くは仕事に原因があります。職場の人間関係や課せられるノルマ、そして仕事自体のつまらなさ…。誰しも、どんなに能力のある人でも、失敗することもあれば逆境に立たされることもあるもの。悩めるあなたに若き僧侶が仕事と上手につき合うための精神的手習いを語ります。著者自身がダメ人間だった頃の過去も参考にしつつ伝える、仏道式の感情コントロール技術。「明日、会社に行くのがイヤだ」と言う前に。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 生徒に綺麗ごとをいうことに悩む小学校の先生の気持ちに共感した。「よこしま心に言葉を合わせる」か「綺麗な心に言葉をあわせる」しか解決の方法がないらしい。。心と言葉がちぐはぐになっているのが不安定な鬱な気持ちを作り出す。

  • 別に仏教徒ではないけど、仏教の考え方は今の日本人にとって本当に救いになるものだと思う。

  • これを読んで生き方が変わったな、と思う。今でも時々読み返します。

  • 仏教の教えに沿って、現代の働き方にアドバイス。著者がまだ若いこともあってか、重みはない。

  • 10パーセントでもいいから実践してみよう

  • 貪・瞋・痴と三毒を漢字で書かれると判りにくいが
    欲しい、要らない、興味ない等々に置き換えると
    「そういえば…」と思い当たるようなことがあり
    腑に落ちたことが収穫。

  • 仕事で悩んでいる時に年下の素敵な先輩にさり気なく渡され、お借りして読んだ。
    わかりやすく仏教的観念から心の在り方、仕事との接し方について学んだ。

  • この本で云われていることはよくわかるし、もっともだと
    思うのだけど、実際に取り組めるかというと…
    それともっともだと思うわりに胸に響いてこない。
    なぜだろう?

  • 個人的には既知?のことが多かったが、辛い時にこそ読むべき本。
    あるいは辛いことが多い人も。

  • テーマにも興味があるし、
    著者も好きなので、思わず手に取り読み進む。

    坊さんなんて、説教くさいとか、
    そんなくだらん偏見を棄てて読んでもらいたいのが、
    著者の本たち。

    過去や、色んな相談に乗ってきた経験の厚さから、
    まるで向き合ってやさしく語りかけてくれるような言葉に包まれていく。

    あったかい言葉や、時にラフな言葉や...POPで読みやすいし、
    仕事とか煩悩ってテーマにすごくマッチしてて、
    きっと心に残るフレーズや、明日から実践したいテクに出逢うはず。

    イライラのあまり心が疲れてきちゃってる人に贈りたい、そんな処方箋。

全19件中 1 - 10件を表示

煩悩フリーの働き方。 (角川文庫)のその他の作品

煩悩フリーの働き方。 単行本 煩悩フリーの働き方。 小池龍之介

小池龍之介の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ヴィクトール・E...
伊坂 幸太郎
有効な右矢印 無効な右矢印

煩悩フリーの働き方。 (角川文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする