花淫れ (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店(角川グループパブリッシング)
3.50
  • (1)
  • (0)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 15
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (319ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041001028

作品紹介・あらすじ

桜吹雪の下、世にも美しい妊婦の股から生温い羊水がぬるりと漏れてゆく-。栓男に任じられた青年は、蠱惑的によどんだ水のなかで柔らかい粘膜に包まれ、至福の呻き声をあげる…。からみあう向日葵、血の色に染まる秋桜、体一面に咲く牡丹…むせるような花の下で濃厚な獣のにおいを漂わせながらまぐわう男と女。心も体も弛緩して蕩けてゆく肉の歓びを、この上なくインモラルかつエロティックに描いた官能小説の白眉。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 桜、向日葵、秋桜、牡丹と日本の四季に咲く花をモチーフにしたフェチズムな官能小説。
    食虫植物のように、一度入り込んだら抜けられない甘美な世界。日常から非日常世界に堕ちた男と女のさまが美しい文章で描かれている。
    個人的には池永さんは、「コンビニ・ララバイ」のような作品をもっと書いてほしいのだが。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

1950 年、愛知県生まれ。1998 年『走るジイサン』で第11 回小説すばる新人賞を受賞。2002 年、連作短編集『コンビニ・ララバイ』( 集英社) で注目を集める。2006 年、時代小説『雲を斬る』( 講談社) で第12 回中山義秀文学賞を受賞。

「2018年 『青い島の教室』 で使われていた紹介文から引用しています。」

花淫れ (角川文庫)のその他の作品

花淫れ 単行本 花淫れ 池永陽
花淫れ (角川文庫) Kindle版 花淫れ (角川文庫) 池永陽

池永陽の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする