坊っちゃん (角川文庫)

著者 : 夏目漱石
  • 角川書店 (2004年5月1日発売)
3.69
  • (63)
  • (112)
  • (145)
  • (9)
  • (1)
  • 995人登録
  • 120レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (223ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041001219

坊っちゃん (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 「坊っちゃん」……好きになってしまった。
    夏目漱石。読書好きながら「夢十夜」以外まともに読んだことがなかった。教科書で読んだ「こころ」の陰気な印象ばかり持っていた。
    最近「吾輩は猫である」くらい読んでおこうと思い立ち、夏目漱石が実は茶目っ気のある小説を書く人だと初めて知った。風刺も効いている。面白い。読み終わって、他にも読んでみたくなって、すぐ「坊っちゃん」に取り掛かった。通勤電車の中で目が離せなくなった。坊っちゃんは、私だ。無鉄砲で損ばかり。単純だから、いい人そうだとすぐ信じる、悪そうだったらすぐ疑う。後先考えず喧嘩を吹っかける。誤解を受けやすい。
    だけど私は坊っちゃんみたいに素直ではない。見習わなければ。などと、くるくる考えが浮かぶ。こんなに楽しい読書は久しぶり。何度でも読み返したい。

  • 今まで読んでこなかったことを後悔している。
    読みだすとぱらぱらと頁を捲ることが出切る。
    人間模様細部を書いているのに書いて居ない。
    描き過ぎていないから想像できるその人の言。
    あっという間に過ぎていく、坊ちゃんの日々。
    柔軟で頑固。お節介、でも結局上手くはない。
    不器用でも良いのではないかと思う事がある。
    嘘点いて人生を過ごす依りも、心身を自由に。
    坊ちゃん、思い出すと苦虫を噛み潰したよう。
    へらへら笑っている人よりも案外信用出来る。

  • 10代の頃は印象に残らなかったけど、再読したらすごくおもしろかった。それは自分が大人になって、赤シャツや野だいこのそっくりさんがウヨウヨいる世間の理不尽に触れたからなんだと思う。

    べらんめえ調の比喩が滑稽でニヤニヤしっぱなし。「履歴より義理が大切」と言ってのける坊っちゃんのばか正直さに憧れる。

    万城目学さんの『鹿男あをによし』をまた読んで、生徒のいたずらなど、この作品へのオマージュを再確認したくなった。

  • 昔に冒頭だけ読んだ覚えがある。でも途中でやめた気がする。
    今回、ナツイチで装丁が気に入ったので、『こころ』と一緒に買って読んだ。

    すぐ読めた!めっちゃおもしろい!
    天麩羅事件、団子事件、温泉事件がかなり面白かった。
    いつの時代も、生徒が先生をからかうのは変わらないと思った。

    とにかく、この作品をひと言で述べるなら
    「親譲りの無鉄砲で子供の時から損ばかりしている。」
    これに尽きる。
    まるでコメディータッチ。
    道後温泉に行きたくなった。

  • 名作といわれている作品だから読むのに抵抗があったけど、
    読みはじめたら全然昔の話と思えなくて面白かった。

  • テンポが良くて音読したくなるような文章。単純で一本気な坊っちゃんから見た人間模様が風刺的で面白い。また清の存在にほっこりする。
    作中に出てくる「越後の笹飴」は今もあるようなので食べてみたい。

  • 請求記号:913.6||N 58
    資料ID:C0038301

  • 2017.9.7(図書館)

  • 2017/1/28
    言わずと知れた夏目漱石の名作、坊っちゃん。いままでこの時期の人たちの作品は読みにくそうと読まず嫌い的な感じで敬遠してきたけど、読んでみようと思ってみたら案外面白い話で、これが100年以上も前に書かれた物語だというので驚きの完成度だと思う。どうりで数多くの小説が消滅していく中で脈々と残り続ける理由がなんとなくわかったような気がする。
    主人公の坊っちゃんは親譲りの無鉄砲な性格で色々な物事に対してなんか斜めというか斜に構えてるような印象を受ける。中学の数学の教師になるまでの経緯も何だか流れに任せるような勢いに乗っているというような感じの印象。最初にあるトラブルにも動じることなく、対処していくが、いろいろな経緯を経て意気投合していく山嵐とはその後どうなったのかがすごく気になる。赤シャツの悪事を暴いて、最後はボコボコに殴ってぐうの音も出ないまでやってしまうところも最初の性格に起因してるんだろうなぁと思う。

  • 完全にドラマの影響で読んだ。
    二宮さんの坊ちゃんと、長谷川さんの夏目漱石。

    坊ちゃんの真っ直ぐな性根が瑞々しくて良かった。けれども、終わり方があまり好きではなかった。

全120件中 1 - 10件を表示

坊っちゃん (角川文庫)のその他の作品

坊っちゃん (岩波文庫) Kindle版 坊っちゃん (岩波文庫) 夏目漱石
坊っちゃん Kindle版 坊っちゃん 夏目漱石

夏目漱石の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
劇団ひとり
ドストエフスキー
フランツ・カフカ
ドストエフスキー
ヘミングウェイ
有効な右矢印 無効な右矢印

坊っちゃん (角川文庫)に関連する談話室の質問

坊っちゃん (角川文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする