東方妖遊記 王への決意と第八の挑戦 (角川ビーンズ文庫)

著者 :
制作 : 伊藤 明十 
  • 角川書店(角川グループパブリッシング)
3.69
  • (2)
  • (6)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 53
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (255ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041001578

作品紹介・あらすじ

中国古代・殷の時代。少年領主の晄は、共工の気により、度々発作を起こすようになってしまう。案じた舜は一刻も早く気を封印する呪具を作ろうと焦るが、その矢先、自身が失明の危機にさらされていることを知る。更に敵国・鬼方の襲撃により馮夷城が陥落。惨状を目の当たりにした晄は、ついに王になる決意を楓牙に告げるのだが-!?動きだした宿命への挑戦。大人気中華ファンタジー第8弾。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 主人公が腹をくくって、物語がいよいよ佳境に。

  • 凄惨な戦いを目の当たりにした晄が自らの理想論とのあいだで苦悩して王になる決意をした内容でしたが、いまの世界がむかしに比べて平和になったのは晄のような理想論を語れる人ががんばってきたのが大きいと思います。

  • 決意!
    がんばれえ
    兄貴ー

  • 舜兄がかっこよかった。
    いままで、ヤンデレか!というくらい、コウのことを構い倒していた舜だが、一人でいろいろなものを背負ってきたんだとわかり納得。

  • はらはらどきどき

  • あと二巻でおわりかあ…。指の秘密がわかった。

  • ついに最終章突入。コウの共行の気も祓えたし‼
    ケド…

    一難去ってまた一難…
    楓牙がピンチ‼この先どうなるん⁉

全8件中 1 - 8件を表示

東方妖遊記 王への決意と第八の挑戦 (角川ビーンズ文庫)のその他の作品

村田栞の作品

ツイートする