少年陰陽師 朝の雪と降りつもれ (角川ビーンズ文庫)

著者 :
制作 : あさぎ 桜 
  • 角川書店(角川グループパブリッシング)
4.22
  • (39)
  • (29)
  • (18)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 331
レビュー : 23
  • Amazon.co.jp ・本 (253ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041001608

作品紹介・あらすじ

時は平安。左腕を蟲に蝕まれた紅蓮に、喉の自由を奪われた昌浩と、次々に起こる異常事態。播磨の郷で、勾陣が味方のはずの神祓衆を疑ったときにはすでに、彼らは黄泉の風に取り巻かれていた。四方を敵に囲まれる中、昌浩は夢殿に導かれる。運命に抗うため、神将の助けのない夢殿で昌浩はひとり黄泉の葬列と対決するが!?葬列は、一体誰のもとに訪れたのか-昌浩が、彰子が、螢が選ぶそれぞれの未来。激震の"篭目編"完結。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 【図書館本】シリーズ36冊目、籠目編5/5。
    ようやく全貌が見えた籠目編最終巻。まるっとするっと綺麗に収まって呆気に取られている。色んな軸で話が動いていたので(特に時軸が)わかりにくかった。その辺りの描写は上手くないなー、と。でも成親兄は大好きだ! (何の脈絡もなくw)
    最後はみんな集ってみんな笑顔を期待してたのに……。これからどうなるのか。冥官と自称凄い陰陽師殿と共に、今後の展開も楽しみ。

  • カゴメ編最終巻。
    引っ張りに引っ張ってきた謎と伏線が全て明らかになり、収まるところに収まった巻。

    カゴメ編ではほとんど活躍の場がなかった主人公昌浩に、ようやく活躍の場があってなにより(笑)
    でも、全体的には盛り上がりに欠けたかなあ。
    それは播磨と京都と伊勢とに舞台が分散していたこともあるし、いわゆる戦いらしい戦いもあまりなかったしね。
    三方同時に描くその意図は分かるけど、そのために迫真感が薄れてしまった気がする。
    あと、単純にもうちょっと主人公は活躍しないとね!

    次回から、主人公たちも青年になるようだけど、さて、続きを読むかちょっと悩むな。

  • 【少年陰陽師_36(籠目編_5)】

  • 籠目編最終巻。
    続きが気になりすぎて、試験が近いにも関わらず一気に読み終えてしまった。

    あんなに優しいと思っていた時守が実は妹を恨み疎み、殺すために禍つ神にまでなってしまったとは。件の予言によって苦しめられた時守には涙を流さずにはいられない。もちろん、時守の最期の言葉通りに彼を神にしてしまった氷知も例外ではない。作中でも語られているけれど、言霊は恐ろしいものだと思った。
    そして、真実を知った螢の心が砕けていく場面や脩子内親王が定子を求めて彷徨う場面では心が痛かった。何も見ないで、何も聞かないでいることはたしかに楽だ。けれど、生きていく上では真実を見て、聞いていかなければならないのだと思う。
    そしてこの巻で圧巻だったのは、成親、夕霧、そして昌浩3人による呪詛返し。別の場所にいながら、3人の力によって行われたこの呪詛返しは、このシリーズで私の好きな場面のひとつにもなりそう。
    前巻で、死の間際に手を伸ばした定子には脩子が見えていたと知って、そこでも涙してしまった。甘えたくても甘えられなかった脩子が最後に定子と対面できて、本当に良かった。
    夕霧の疑惑も晴れたし、螢も無事神祓衆を説得できたようで良かった。昌浩と彰子はもうしばらくは会えないようだけれど、互いに互いを信じているから、今までの不安定な関係から、安定な方へと向かって行って欲しい。そして、ぜひ約束を叶えて欲しい。

    このシリーズは数年前から少しずつ読んでいるけれど、毎回毎回あらゆる布石がひとつに繋がったときには鳥肌もの。素晴らしいシリーズだと思う。
    この後の章ではどうなるのか。あらすじなどは巷で聞いているけれど、どんな展開になるのかがとても楽しみ。

  • 話のすじはわかるけど、ついつい斜め読みしたくなる部分が多く…
    日本神話とか詳しくないから、仕方ないのかもしれないけど。

    籠目編の完結巻ではあったけれど、意外な展開に進んで行く事になって、そちらの方が気になります。

  • いろんな布石が最後に収束していく様子はすごい。結城さんの腕はさすがだと思う。じっくり読むと疑問点が出てきそうな感じはあるが、それをさせずに一気に読み進めさせられてしまった。

  • 夕霧の影ぶりが痛々しい。冥官も痛みを与えるのだな。
    脩子もよく頑張った。痛みのわかるよいこにそだつことでしょう

  • いつもながらの怒濤の最終回。3カ所からの呪詛返しは手に汗握りました。

  • 車之輔えええ!!(泣)
    …と、とりあえず車之輔が頑張った時にはまず言ってしまう。。
    現行での最終巻。読み切ってスッキリしましたな。やはり相当初めの内で止まっていた私。色々スッキリしました。
    続編は…気づいた頃に一章丸々出てるといいな(笑)

  • 籠目編最終巻

    全部が収まるべきところに収まってくれてものすごく安心した…。
    3人による呪詛返しは圧巻でした。

    脩子も無事で、彰子との行き違いも解消されて、
    こちらも一安心。


    次の巻までには、少し間があくそうな…。
    終わり方が終わり方なので、楽しみです。

全23件中 1 - 10件を表示

プロフィール

東京都在住。2000年9月『篁破幻草子 あだし野に眠るもの』で作家デビュー。02年1月に発売された『少年陰陽師 異邦の影を探しだせ』より「少年陰陽師」シリーズがスタート。累計550万部を超える大ヒット作となる。その他の著書に「吉祥寺よろず怪事請負処」シリーズ、「陰陽師・安倍晴明」シリーズ、「モンスター・クラーン」シリーズなど多数。

少年陰陽師 朝の雪と降りつもれ (角川ビーンズ文庫)のその他の作品

結城光流の作品

少年陰陽師 朝の雪と降りつもれ (角川ビーンズ文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする