ラン (角川文庫)

著者 : 森絵都
  • 角川書店(角川グループパブリッシング) (2012年2月25日発売)
3.68
  • (95)
  • (179)
  • (175)
  • (28)
  • (6)
  • 1455人登録
  • 172レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (374ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041001653

作品紹介

9年前、家族を事故で失った環は、大学を中退し孤独な日々を送っていた。
ある日、仲良くなった紺野さんからもらった自転車に導かれ、異世界に紛れ込んでしまう。
そこには死んだはずの家族が暮らしていて……。
哀しみを乗り越え懸命に生きる姿を丁寧に描いた、感涙の青春ストーリー。
直木賞受賞第一作が待望の文庫化!

ラン (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 家族を亡くし、人付き合いが苦手な環(タマキ)が、ふとしたことから「あの世」にいける不思議な自転車をもらう。でもその自転車は本当に受け取るはずだった自転車屋の子供に返すことに。環は自転車無しでも「あの世」へ行ける40キロを走り通す為、ヘンテコなランニングチームに入ることに。

  • 森絵都さんはやっぱり好き。
    いわゆる児童文学だけど、とてもココロに響く。

  • これからは自分の力でやってやる。結果はどうであれ挑戦しなきゃ始まらないんだ。でも一人で頑張る必要はない。チーム一丸になって頑張ることは、時に面倒ごともあるけれど、私の力を後押しする。ロードバイクいいな、マラソン復活しようかなと元気が出てきました。

    マラソンって一人旅なんだ。

    途中途中でボールペンでグルグル書いたようなマークがあります。このマークの形を観察すると面白いですよ。

  • 走りたくなる。

  • 面白かったけど、よみやすかったけど、少し甘すぎでしたね。ちょっとストーリーが全体的に安直な感じで、読み飛ばしぎみに読み終えてしまいましたね。

  • 読みやすく面白かった。
    死という辛い別れがユーモラスにも描かれていて、又その辛い別れに力強く走っていく環の姿勢に元気をもらえる。もちろん弱気になったりもするけれど、いつの間にか前をむいている環の成長に感激。

  • 趣味ではなかったけど、悪くはないと思う。

  • 初めて小説で泣いた。すべてが自分の中に生き続けているということ。

  • あんまりおもしろく思わなかったからななめ読み。

  • 6/25-

全172件中 1 - 10件を表示

ラン (角川文庫)のその他の作品

ラン 単行本 ラン 森絵都
ラン 単行本 ラン 森絵都

森絵都の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
伊坂 幸太郎
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

ラン (角川文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする