握りしめた欠片 (角川文庫)

著者 : 沢木冬吾
  • 角川書店(角川グループパブリッシング) (2012年1月25日発売)
3.02
  • (3)
  • (13)
  • (18)
  • (10)
  • (4)
  • 本棚登録 :101
  • レビュー :17
  • Amazon.co.jp ・本 (365ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041001660

作品紹介・あらすじ

東北の都市、海斗市から沖合5キロの泥洞島。7年前、姉の美花が行方不明になった。高校2年だった。それ以降、父は休職し、母は新興宗教にすがる日々。家族は崩壊してしまった。そんなとき、島内にある観覧車から従業員の死体が発見される。被害者の所有していた小型船から見つかったのは、いなくなった姉の携帯電話だった…。複雑に絡み合う事件の真相とは。失った家族の絆は取り戻せるか。心揺さぶる、感動の傑作長編。

握りしめた欠片 (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ジャンルとしてはハードボイルドかな? オビは家族の絆推奨ですが、正直それ一押しという感じはしませんでした。でもでっかい意味ではみんな家族なのかな? 絆、は強くあります。
    家族の絆ということなら主人公は行方不明の姉を探し続けている家族(の中の弟とお父さんがメイン)になりますが、全体を通しての中心人物は杜間さんではないかな。杜間さんは舞台になっているガードと呼ばれる繁華街の雇われ代表(笑)人生これ受け身、というふうですが、どっこい実は骨太です。
    沢木作品にしては珍しく、この人が根暗ではない。なんとなく、ケセラセラ精神の持ち主という印象で、陰惨な話なのに読んだ後にきっとやり直せるような気にさせてくれます。
    ハッピーエンドなのかそうではないのか難しいところですが、一つの物語が終わってもまた次が始まるのだと思わせてくれる、この読後感が沢木作品は不思議なほどリアルに近いです。
    いいことだけでも悪いことだけでも物事は終わらないんだよ、と言われているような。そうそう物語ってこういうものだよね、と読んだあとの満足感がハンパないです。
    全体評価では☆5なんですが、沢木作品の中ではいい話だけどすごみには欠けるかな? ということで4つ。でも本としては十分☆5です。(じゃあ5をつければいいのに)

  • 何組もの複雑すぎる事情を抱えた親子が錯綜してそりゃもう大変。自分の小さい灰色じゃないお脳ではついて行くのにいっぱいいっぱい。
    あとでもっかい読むことにする。

  • 面白かった。・・・だけど、あともうちょっとって感じが否めない。登場人物の個性がいまいち薄い感じがした。

  • 霧雨のような静寂感 独特の雰囲気

  •   人は夢を見る、見えない未来に。その未来がどんなにくだらないか分っていても、どれ位くだらないか見るために生きる。そこに希望の欠片を見いだせれば、それを握りしめ未来に夢見る。

  • 240309

  • 昔ながらの『ハードボイルド』。嫌いではない。しかし泥洞島の設定がちょっとあり得ない気がして、いまいち入り込めず。

  • 舞台設定から暴力やセックスを強く絡めたストーリーが進行するかと思いきや、予想外に落ち着いた作品で驚いた。
    細かく作り込まれた「陣地」の特異さが際立ちますが、実は少年が成長する物語でもあり、杜間を主人公とみればハードボイルドの風味もあり、いろいろな要素が楽しめます。
    最後が混乱気味なのが少し残念。

  • たまにしか出ないけど100%面白い沢木文庫最新版。
    たまにしか出ないからか一作毎の進化がパネエす。
    これも前作までは無かった凄みすら感じる。
    殆ど5★なんですけどラストの展開がなあああああ

  • 期待はずれ
    盛り上がりにかける

全17件中 1 - 10件を表示

握りしめた欠片 (角川文庫)のその他の作品

握りしめた欠片 単行本 握りしめた欠片 沢木冬吾

沢木冬吾の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
伊坂 幸太郎
有効な右矢印 無効な右矢印

握りしめた欠片 (角川文庫)はこんな本です

ツイートする