少年陰陽師 黄泉の風 (角川文庫)

著者 : 結城光流
  • 角川書店(角川グループパブリッシング) (2012年2月25日発売)
3.78
  • (3)
  • (20)
  • (8)
  • (1)
  • (0)
  • 92人登録
  • 5レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (223ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041001707

少年陰陽師 黄泉の風 (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • あっけなさすぎ、という意味で予想外の展開。この先どうなる?

  • もっくんの過去。
    その話を聞いても、昌浩のもっくんに対する態度は変わらない。
    もっくん、ダメじゃんて気軽に語る。
    そんな昌浩の性格たがからこそもっくんは昌浩にしたがうんだなぁ。

  • 晴明の孫、なんて事に!!これからどうなっちゃうの?紅蓮は?ますます、目が離せない!!

  • シリーズ6作目。
    神代の昔に閉ざされた黄泉の扉を開き、帝の血筋に連なるものを死に至らしめようする者が…
    黄泉の瘴気が吹き荒れるなか、昌浩が奔走する。

    風音の素性も少しずつ判明してきて面白くなってきたなぁ~
    ラストの展開にはビックリ。もっくん…(+o+)

全5件中 1 - 5件を表示

少年陰陽師 黄泉の風 (角川文庫)のその他の作品

結城光流の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

少年陰陽師 黄泉の風 (角川文庫)はこんな本です

ツイートする