ブリーダ (角川文庫)

制作 : 木下 眞穂 
  • 角川書店(角川グループパブリッシング)
3.69
  • (3)
  • (6)
  • (6)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 73
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (317ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041001738

作品紹介・あらすじ

アイルランドの女子大生ブリーダの、英知を求めるスピリチュアルな旅が始まる。旅を導くのは、ふたりの師。恐怖を乗り越えることを教える男と、魔女になるための秘儀を伝授する女。ふたりから特別な力があると認められたブリーダだが、自分の道は自らの手で切り拓かねばならない。実世界との結びつきと、刻々と変容していく自分自身との狭間で、ブリーダの心は揺れる-。コエーリョ初期の感動作、待望の文庫化。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 魔女信仰と愛のお話*

  • アルケミスト作者の3作目!
    魔女と魔術師のお話。現実的ではないけど、でもどこかリアルな感じで、共感する部分が多い話だった。

  • 魔女になろうとするアイルランドの女子大生の話。
    登場する魔女の名前のウィッカは、「魔術師」のことで、ケルトに源流を持つ多神教信仰宗教のひとつでもあるそうです。(訳者あとがきから)
    調べると、多神教信仰宗教にウィッカ魔術というものがあり、1950年ころジェラルド・B・ガードナーが再構築した宗教と考えられているらしい。
    この本に描かれる儀式は、このウィッカ魔術の儀式とそっくりとのこと。

    しかし、この本では、この魔女信仰を題材にしながら、その実、恋愛を描いている。
    この前に読んだ同じ作者の「アルケミスト」も同じで、魔術師、宗教を前面に出しながら、自然との融和や愛について語っている。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1947年ブラジル生まれ。世界中を旅しながら執筆活動を続ける。主な作品に『アルケミスト』『ベロニカは死ぬことにした』

「2018年 『ザ・スパイ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ブリーダ (角川文庫)のその他の作品

ブリーダ 単行本 ブリーダ パウロ・コエーリョ
ブリーダ (角川文庫) Kindle版 ブリーダ (角川文庫) パウロ・コエーリョ

パウロ・コエーリョの作品

ツイートする