僕が殺しました×7 (角川ホラー文庫)

著者 :
  • KADOKAWA
2.61
  • (2)
  • (9)
  • (29)
  • (23)
  • (9)
本棚登録 : 210
レビュー : 26
  • Amazon.co.jp ・本 (352ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041001769

作品紹介・あらすじ

僕は恋人のリエを殺した。いや、殺したはずだった-。だが僕が警官に連行された先は、封鎖された会議室らしき場所。しかもそこには5人の男女が集められ、警官を含めた全員が驚愕の告白を始めていく。「私がリエを殺しました」と-!謎の主催者の指令のもと幕をあけた、真犯人特定のためのミーティング。交錯する記憶、入り乱れる虚実、明らかになっていく本当のリエ。リエを殺したのは誰なのか!?予測不能の新感覚ホラー、開演。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 妄想オチはツマラン

  • 全員がリエを殺した犯人。
    7人の自白で明らかになるリエ。
    6人目の自白までは結構面白かったけど、ラストがカオスな感じで終わったので、確かに予測不能。

    川西とかヨリコのような気持ち悪い思い込みの人の描写がうますぎ。

  • 短編集「!」シリーズを他作品とする二宮敦人さんは、その独特な言葉遣いで明瞭な情景や心情が強く引き締まってゆく様をショートストーリーで書くのが強い印象。

    この物語の大半が、7人の登場人物たちのそれぞれの「自白」というショートストーリーが集まっており、それぞれの物語を結びつけて結末を迎える構成。立場も縁も違う7人の接点と接点を繋ぎ合わせながら理解していくのがとても面白かった。

    ただ、結末がかなり独特?なのか、僕自身も納得のいかなかった。すっきりしなかったがかなり「二宮節」のパンチが効いてるので、良い意味でも悪い意味でも万人ウケはしないと思った。

  • 7人もの人が同じ人を殺害したと、異なる動機と犯行を告白してゆく。その真相を知りたく読み進めていましたが、このような真相とはね。ちょっと残念な結末でした。

  • タイトル・あらすじにひかれて購入した。先が読めず途中までは楽しめたが、ラストが残念だった。

  • ラノベっぽい

  • 設定が新しくて
    面白い発想だと思ったけど
    ラストがかなり残念。
    読んだ後もやもや。

  • 設定が面白く、文章も読みやすかったのですが、ラストが残念でした。
    これでいいという人もいるようなので、人によると思うのですが、面白い設定だったのもあり、少々ガッカリしました。

  • ひどい。途中からパラパラ読み。

  • 超駄作 二度と読みたくない

全26件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

二宮敦人(にのみや あつと)
1985年、東京都生まれの小説家、ホラー作家、推理作家。一橋大学経済学部卒業。携帯小説サイト「魔法のiらんど」「E★エブリスタ」でホラー小説を発表し、2009年に『!(ビックリマーク)』でデビュー。妻が東京藝術大学彫刻科の学生だったことから、多数の藝大生に取材しノンフィクション『最後の秘境 東京藝大』を執筆、ベストセラーとなる。著書に『郵便配達人 花木瞳子が盗み見る』『一番線に謎が到着します』など多数。2019年4月11日、『世にも美しき数学者たちの日常』を刊行。

二宮敦人の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

僕が殺しました×7 (角川ホラー文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×