秘帖・源氏物語 翁‐OKINA (角川文庫)

著者 :
制作 : 森 美夏 
  • 角川書店(角川グループパブリッシング)
3.49
  • (25)
  • (76)
  • (82)
  • (18)
  • (4)
本棚登録 : 550
レビュー : 90
  • Amazon.co.jp ・本 (320ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041001905

作品紹介・あらすじ

美貌の貴公子・光の君の妻である葵の上に、妖しいものが取り憑く。六条御息所の生霊かと思われたが、どうやらそれだけではないらしい。並の陰陽師では歯がたたず、光の君はついに、外法の陰陽師・蘆屋道満に調伏を依頼するが-。「獣の首をした王が、黄金の盃で黄金の酒を飲みながら哭いている-これ、なーんだ?」葵の上に憑いたものが出したこの謎々は、一体何を意味しているのか。いまだかつてない源氏物語が、幕をあける。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 源氏と蘆屋道満が、葵の上に憑いた物の怪を払うために、さまざまに調べるうちに、神や仏の歴史へと足を踏み入れていく。


    最近陰陽師と源氏物語のコラボが流行なんだろうか。
    映画は安倍清明だけど。同じく御息所が肝だし。
    夢枕獏は安倍清明でシリーズあるから、道満なのかね・・・。

    それにしても光源氏の描写があまりにも清明だった。
    陰陽師でない安倍清明って感じ。
    他人にも自分にも全く興味も執着もないし。
    源氏はすべてを愛してしまうところが唯一のいいところだと私は思っているので、こういう解釈も斬新。

    古代神の歴史ものとしてはおもしろかった。
    シリーズ化しそう。

  • すげー!!
    夢枕獏が書くとこうなるのか!!面白ーい!太秦寺があんなことに、、、!まさか!
    京都はやっぱり興味深い所だ。
    あしやどうまんがメフィストフェレスとはよく言ったものだ。悪い人に見えるし悪いけどそれを光源氏は使いこなすのだもの。
    歴史好きにもってこいだの!

  • 楽~な気分で取りかかれ、読み終わることができました。

    一応源氏物語を土台にして、夢枕さんらしくもののけというか、霊というかをはめていておもしろかったです。
    また、続、書いてほしいです。
    源氏物語の、霊とかもののけからのとらえ方っていいですよね。
    源氏物語って、
    恋愛物語と思うと、気も滅入るしなんとなくもういいかなぁって感じです。
    光源氏勝手すぎるから。

  • 夢枕獏 著「秘帖・源氏物語 翁」を読みました。

     光源氏の妻、葵の上に怪しいものがとり憑く。彼女を救うため、光の君は外法の陰陽師・蘆屋道満に調伏を依頼するが、謎は深まるばかりだった。

     陰陽師「源氏物語」版といった感じでした。

     今回は安倍晴明は全く出番がなく、代わりに光源氏とあの蘆屋道満がコンビを組んで、謎を解き明かしていく展開で、陰陽師同様楽しく読ませてもらいました。

     恥ずかしながら、源氏物語のさわりしか知らない自分でも源氏物語の世界を少し味わえた感じがしました。

     謎が解明する件では、世界の神話まで登場し、この物語のダイナミックな展開に驚かされました。

     もう少し、神話の勉強をしていればもっと楽しめたのかもしれないとも思いました。

     人の愛憎は現代より平安時代の方がやはり深かったのでしょうか。

  • 面白かったです。
    平安という時代設定にまさかキリスト教うんぬんをからめてくるとは。
    言葉や仏像や歴史からなぞ解きをするところは、ダヴィンチコードみたいでした。

    「獣の首をした王」というのはサタンのことかと思ったのですが・・。
    そこまで散々キリスト教におわせといて、最終的には自業自得か、という感想もなくはない。

    光源氏が自分が原因であったと気付いた時に、胎児に本来見えないはずのものが見えてしまう能力を宿らせてしまってすまん、みたいに謝ってるけど、そのあとの六条御息所との話では胎児が母の苦しみを肩代わりしていた、みたいなことになっていてあれ?という感じ。
    葵の上が光源氏を苦しませようとしたのは、御息所も同じだけど光源氏が女性をとっかえひっかえする上に、女性の中に母親を見て、自分そのものを見てくれないから(わたしの解釈です)で、そこが一番の原因じゃないの?と。
    その原因をさらにつきつめると、母親がいなかった寂しさから、女性に母性を求めてしまうんだろうなと思うし、それはしょうがないことかもしれないけど、母親がいなくてもそうはならない人もいるのだから、光源氏が母の死をきちんと受け入れられてないのが原因かなあと思います。
    そういう意味で自業自得。

    あとどうしてもイメージが晴明とかぶってしまいます。
    そういう話にしたかったのだろうとは思いますが・・。
    太秦寺で仏陀が出てくるからそこでまとめるというか、仏陀とからめたほうが最後のオチと結び付く気が・・・。

    • 猫丸(nyancomaru)さん
      森美夏の表紙イラストに惹かれて購入したのですが、暫く寝かせてあります。
      夏に丁度良い話だから(根拠ナシ)、そろそろ読もうかな。。。
      森美夏の表紙イラストに惹かれて購入したのですが、暫く寝かせてあります。
      夏に丁度良い話だから(根拠ナシ)、そろそろ読もうかな。。。
      2012/08/06
  • 源氏物語は読んだことない。精々古典の授業でやったところしか知らない。でもそれで十分だった。
    まさかギリシャ神話まで出てくるとは。神の成り立ちの話はややこしいのでちょっとぼんやり。
    光の君が魅力的に感じた。

  • 鬼、妖怪が見える光源氏と「陰陽師」にもでてくる蘆屋道満とが葵の上の憑き物の謎に挑む話。仏教を信仰した聖徳太子、聖徳太子を支援した秦河勝と太秦寺、景教(キリスト教)やダビデ(古代イスラエルの王)まで絡めて、作者自身が傑作と言った作品。獏さんらしい雰囲気があり、面白い。
     「源氏物語」の作者紫式部は10世紀末から11世紀初頭の人、この物語の序章にでてくるので源融は9世紀後半の人(光源氏のモデルともいわれているが)、陰陽師 阿部晴明は10世紀中頃の人なので、この物語は10世紀中頃の設定と思う。

  •  作者が「傑作である」と言っている。読者である私もそう思う。
     まあ、シリーズにはならないと思うが、この作者、いつものようにキャラクターの設定がとてもうまいなあ。今回は陰陽師が絡んでの源氏物語ということだが、作者の「陰陽師」シリーズの主人公二人のキャラクターを分解して、再び組み上げたような登場人物。私は好感を持てました。
     最後の大団円はいつもながらお見事!という感じです。
     私も傑作だと思うので星5つ。

  • 源氏物語、読もうかなと思いつつ敬遠していたのですね。
    夢枕氏の作品ということもあり、ぱらぱらとめくってみたら、なにやら雰囲気が違うのです。
    そこで読んでみました。
    登場人物が光の君というだけで、全く別の話。
    魑魅魍魎、異国の神まで登場する、夢枕氏得意のストーリーでした。

  • 【谷崎源氏】、【与謝野源氏】、【円地源氏】、【瀬戸内源氏】……と、基本的に“作家名+源氏”てのは、現代語訳作品をさすのだけど、この獏先生の作品も“作家名+源氏”としていいとおもう。
    『あさきゆめみし』も今や【大和源氏】って言われてるくらいだし。
    で、本作品も現代語訳じゃなくて、『源氏』の登場人物と、有名な逸話をもとにして、獏さんが獏さん流にアレンジしたオリジナル小説。

    この手法の『源氏』では、わたしはおセイさんの『私本・源氏』シリーズが最高だとおもっていたのだけど、この『翁』もそれに勝るとも劣らない物語になってた。
    とはいえまぁ、獏さんなんで、ぶっちゃけ『陰陽師』のスピンオフ、といえなくも無い作風。
    だって道満出てくるし、光の君の容貌も晴明のそれを現すときによく用いられる言葉を使ってるし、妖かしのものの書きかたは、まんま本家、だし。
    口悪くツッコむなら
    「晴明が光の君になっただけかよ!」
    という。
    でもきっと獏さんは、そんなツッコミがあるのも解ってて、この世界観をあえて持ってきたんだとおもう。
    なにしろ『源氏物語』が書かれた時代に、まさしく本物の安倍晴明は生きていたのだから(小説ほど若くはなかっただろうけど)。
    これ以上にマッチングする組み合わせもなかろうというもの。
    事実、読んでても全然違和感無く読めたし。

    しかしやはり、現代の作家さんが『源氏』の数多(あまた)ある帖の中から選び出すのは、六条御息所のエピソードなんだなあ。
    だからこそ、の道満登場、でもあるのだけれど。

    とりあえずあとがきで、獏さんご本人が
    「傑作ですぜ」
    と言い切っているのもうなずける本作。
    (これを書くために『あさきゆめみし』を読まれたという話は愉快)
    ほんと、傑作ですよ。

全90件中 1 - 10件を表示

秘帖・源氏物語 翁‐OKINA (角川文庫)のその他の作品

夢枕獏の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

秘帖・源氏物語 翁‐OKINA (角川文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする