秘帖・源氏物語 翁‐OKINA (角川文庫)

著者 :
制作 : 森 美夏 
  • 角川書店(角川グループパブリッシング)
3.49
  • (25)
  • (80)
  • (87)
  • (18)
  • (4)
本棚登録 : 580
レビュー : 94
  • Amazon.co.jp ・本 (320ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041001905

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 葵の巻を中心に六条御息所の生霊を祓おうとする話かと思ったら、すごいところまで話が行き着いてしまった。

  • どえらい荒唐無稽でドギモを抜かれた。
    夢枕獏さんが源氏物語を書くとこうなるのかー。
    いや~おもしろかった。
    あとがきで作者自身が傑作ですって言っちゃうのもおもしろいなー。
    こっちを映画で観たいな。まー陰陽師になっちゃうけど。。。

  • 初 夢枕獏さん。

    知識が深いんだなぁ、と思わせました。
    なんだかおばあちゃんの話を聞いてるような感覚でした。


    最後はさっぱりと終わりました。
    今までの調査やらは何だったの…?
    と思いましたが…
    全部わかっていたのだけど、みたいなノリも、なら今迄のはなんだったの!
    と言いたくなりました。


    でも光の君はイケメン設定ですし
    読み進めてくのは楽しかったです。

  • 夢枕獏ワールドへようこそ。
    源氏物語っぽくない源氏物語。
    でも、源氏物語。

    他の方のレビューにもあるとおり、「現代語訳」ではなく、あくまでも
    夢枕獏の源氏物語。

    最初はその違和感が拭えず、イマイチかなーと思ったけれど、
    最終的にはひきこまれました。

    陰陽師シリーズがお好きな方は一読の勝ちありデスよ。

    フツウに源氏物語が読みたい方は手を出しちゃだめですw

  • 夢枕獏の源氏物語。源氏物語といっても普通の源氏物語ではなく、葵の上が懐妊時に六条御息所の生き霊に祟られるところの話。
    道満がでたり、新しい源氏物語でおもしろかった。

  • 源氏物語を夢枕獏が料理するとこうなるのね。もののけは出てくるわ、芦屋道満は出てくるわ、陰陽師の番外みたいで面白かった。

  • 夢枕獏の源氏物語です。説明はこれだけで十分のようなw 
    話が海外にまで飛んでいくところは面白かったです。ただ純粋に源氏物語を読みたい人にはお勧めできませんw

全94件中 81 - 90件を表示

著者プロフィール

1951年、小田原生まれ。「上弦の月を喰べる獅子」で第10回日本SF大賞を受賞、「神々の山嶺」で第11回柴田練三郎賞を受賞。平成11年4月朝日新聞に「陰陽師(おんみょうじ)」を連載、陰陽道ブームの火付け役となる。著書に「魔獣狩り」シリーズ、「闇狩り師」シリーズなど。

「2019年 『キマイラ20 曼陀羅変』 で使われていた紹介文から引用しています。」

秘帖・源氏物語 翁‐OKINA (角川文庫)のその他の作品

夢枕獏の作品

ツイートする