柳生忍法帖 下 山田風太郎ベストコレクション (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店(角川グループパブリッシング)
4.22
  • (5)
  • (12)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 53
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (494ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041002032

作品紹介・あらすじ

柳生十兵衛の指導・援護により、からくも会津七本槍を打ち倒していく堀一族7人の女。恐れをなした加藤明成は、七本槍と共に江戸から本拠地会津へと逃げ帰っていく。僧沢庵を伴い、敵陣に乗り込む十兵衛たち。だが、そこには幕府を揺るがす恐ろしい秘密を抱えた異形の幻法使い、芦名銅伯が待ち構えていた!敵地に捕らわれ、絶体絶命の窮地に陥る十兵衛と女たち。果たして彼らの運命は…!?痛快無比な一大忍法帖雄編。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 本卷中一行人順利潛入會津,但敵人也異常慎重搜索,而蘆名眾的領袖銅伯居然是天海大僧正的骨肉雙胞胎兄弟及命運共同體的不死金身。澤庵禪師親搗虎穴進入若松城卻被銅伯的妖術震驚,被迫寫信邀十兵衛入城。十兵衛入城之後被監禁在雪地獄,遭受被春藥催情的女性攻擊,但順利脅持明成。銅伯雖然精心算計,但跟大僧正同歸於盡,七本槍也最終由堀一家女性們解決,天樹院也親臨宣布判決。十兵衛繼續踏上往北的旅程。

    上一卷是痛快地一一除敵,讓敵人處於驚恐之中的痛快;這一卷潛入戒備森嚴的會津,一路幾乎處於劣勢,銅伯又有金身,很令人絕望的情勢。十兵衛被女生們攻擊也是他最困擾的事,寫得殘酷又妖豔,地獄充滿一種不可思議的淫靡的美感。不過最終他終於還是可以輕傷而退,不過最後說要憑弔おゆら倒是有點令人動容,一開始我覺得這個愛妾也是惡人,但最後的翻轉突然讓人對她的退場感到可惜。整體來說我雖然不太讀妖異作品,但這部作品個人覺得還蠻喜歡的,故事的峰迴路轉,和十兵衛屢遇危機但是都可以保持全身而退(包括貞操),和神出鬼沒大殺四方,讓敵人嚇得屁滾尿流的爽快感還是很棒的。這部作品很特別,而且很有趣。

  • おそらく時代小説、伝奇小説史上最もかっこいい啖呵が聞ける。やや敵の詰めの甘さが目立つがそんなことは些事に思わせる迫力がある。

  • 期待していたほどおもしろくなかった。十兵衛が何度もピンチになる。その急場のしのぎ方が加藤式部少輔明成を人質に取るか女が救ってくれるか、なんだがこれがそれぞれ2回の計4回も繰り返されるとマンネリ化して驚きもなくなる。
    ラストは加藤家取り潰しなのだがそれを聞く人物が明成ただ一人で、それもなんだか物足りない。
    カッコイイ十兵衛が悪逆非道な加藤明成と芦名衆を倒す勧善懲悪ものだった。人物の魅力はあるが(沢庵和尚など)ストーリーはあまりよくなかったな。誰一人7人の女が死なないのには驚いた。山風といえば全滅パターンが多いから。

  • 怒涛の一気読み。
    面白すぎて止められん。
    ここまで心が騒ぐとは思わなかった。
    漫画本も買っちゃったじゃんかよ~。

    もうこのシリーズ、全巻読破してしまおうと心に誓った。
    とにかくお勧め。

  • 死ぬも修業のひとつと豪快に笑い散ってゆくお坊様たちの姿勢が印象的。おとねやおゆらの登場で、堀の女たちの影が後半薄くなるのは残念だった。
    多くの血が流れながらこの爽快な読後感は、陽の光の下で堂々と生きる武家の悲願達成だったせいかな。
    締めの十兵衛の痺れる一言が読後感を後押し。

  • 最強のバトルここにあり!

    会津七本槍の外道っぷりにむかむかしたが、復讐に燃える7人の女たちがその恨みを晴らすために戦うのは壮絶、そして心地よい。

    芦名銅伯のリンク設定も良かった。

全7件中 1 - 7件を表示

柳生忍法帖 下 山田風太郎ベストコレクション (角川文庫)のその他の作品

山田風太郎の作品

ツイートする