サクラダリセット7 BOY, GIRL and the STORY of SAGRADA (角川スニーカー文庫)

著者 : 河野裕
制作 : 椎名 優 
  • 角川書店(角川グループパブリッシング) (2012年3月31日発売)
4.44
  • (55)
  • (35)
  • (9)
  • (1)
  • (0)
  • 263人登録
  • 30レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (429ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041002094

作品紹介

「能力」が消滅してしまった咲良田。春埼も相麻も普通の少女になった世界で、ケイにだけは「記憶保持」能力が残り、以前のことを覚えていた。たったひとつのことを祈り続けた少年と、二人の少女の物語。ここに完結!

サクラダリセット7 BOY, GIRL and the STORY of SAGRADA (角川スニーカー文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 端正な美しい小説だった。それは物語がすべて結末に向かって見事に収束しているせいでもあるが、なによりも誠実に生きることを志すキャラクターたちをリリシズムな文章で描き上げていることが一番大きいと思う。

    デビューから完結までは一気に駆け抜けて、この素敵な物語をプレゼントしてくれた作者に深く感謝する。

  • 彼らの能力やその根源となった想いというのは、欲望や願望と言うこともできるかもしれないけど、やはり祈りという言葉が一番しっくりきます。
    大切な人のために、ただひたすらに純粋に祈り続けられる彼らは、やはり物語の主役足り得る強さや魅力に満ち溢れています。

    なるべく濁りのないクリアな言葉を読者に届けようとする、初巻から一貫している作者の姿勢が非常に印象的で、
    この作者の一読者で本当によかった、と思わせてくれました。
    これからもできるだけ多くの言葉を私たちに語りかけて欲しいものです。

  • ついに最終巻。今までのピースが全てハマっていくのは読んでいて気持ち良かった。全て必要な物語だったんだなと、改めて感じた。特に能力者が集まって対抗しようとする場面。それぞれの物語を知っているからこそ、この場面の良さが沁みる。
    物語の締めとなる巻だから、抽象的な会話が多かったような気がする。どんなに考えても答えが出ないのに、延々と語り合っていて。その渦に自分もどんどん飲み込まれ、不思議な気分だった。結局、解決できているのかもよく分からない。でもシリーズが終わったことはすとんと飲み込めているかな。
    一瞬、ケイは本当に我が儘で傲慢だと思った。自分でそう言っているけど、そこも込みで。「自分はこうしたい。これは僕の我が儘だけど。でもそうしたいから。」これで通っちゃうって、、自覚して、口にしている分、余計に我が儘で傲慢な気がした。坂上くんの言いたいことはとてもよく分かる。でもそこを気にしていると、この物語は読み進められないんだよな……
    シリーズ全体の感想としては。いわゆる「セカイ系」と言われるジャンルは苦手なんだけど、シリーズ完走できたのは、それだけストーリーに魅力があったからなんだと思う。独特の臭さも徐々に気にならなくなった。たまにふと痒くなることもあるけど(笑)
    あとシリーズの構成も良かった。過去が明らかになるタイミングや、それぞれの想いが明らかになるタイミングが、とても良かった。情報がスッと入ってくる感じ。そういう意味でも質の高い作品だと思う。

  • サクラダリセット。即ち聖なる再生。浅井ケイたちの住む咲良田にとって、能力は必要なものなのか。かたやケイは能力のある咲良田を望み、かたや浦地は能力のある咲良田を否定する。その意見を持つ二人の考えは全くかけ離れているように見えて、実はとても似通っている。正しさとは、真実とは。咲良田に存在する能力を巡る論争は現実世界に生きる私たちと決してかけ離れた話ではないように思える。例えば、カルネアデスの板のように、気が遠くなるほど正しさが分からない問題を私たちは抱えている。それと同じなのだ。サクラダリセットは、そんなことをメッセージとして私たちに伝えているように思える。殆ど祈りのような能力がもたらす、物理科学を簡単に超えるような恩恵、あるいは脅威。それが人間の感情と上手く結びついている。私たちは、今一度考えてみる必要性があるのかもしれない。サクラダリセットと同じように、この現実世界と私たちの関係性について。そうすれば、この世界で不可能なことが、あるいは可能になるのかもしれない。

  • 完結編。
    透明感のある雰囲気、文章は相変わらず素敵です。

    しかし、シリーズの最終巻、完結編ということで、なにかと複雑、というかなんというか。

    話としてはひたすらに、共依存な三角関係というか、互いに互いを思いあうがゆえにすれ違うというか、つきつめるとシンプルではあるんですが。
    良くも悪くもライトノベルっぽい冗長な語り口になってしまったのはちょっと残念。

  • シリーズ完結。数々の伏線がきれいに消化かされてすごかったです。ケイが、時間の巻き戻った春埼に記憶を思い出させるために起こした行動で、泣いてしまいました。名前の由来とか、わざわざ相麻と話をしたりとか。初めてケイが泣くのは春埼のためなんですね…。みんなの能力がうまいこと組わせて使われてて気持ちよかったです。問題が必ずしもきれいに解決したわけではないけれど、そこがまたいいのだと思います。みんなでこれから、咲良田をよりよくしていくのでしょう。
    相麻とケイ、春埼の関係も、なんとかなってよかった。
    小説の最後の文章、わけもわからず涙が出ました。スケールの大きな話でしたが、結局は、二人の女の子と一人の男の子の物語だったんだなと思いました。
    春埼がリセットした間の耳目ことを思い出して、ケイに語るシーンは、すごく、よかったです…回りくどくて不器用で素直じゃなくてややこしい二人がしあわせになってよかった。春埼とケイの成長があたたかったです。これから相麻がしあわせになれますように。

  • 初の二人表紙にテンションあがったな~。

    因みに自分的音声イメージ
    津島…大川透 ケイ…福山潤、入野自由、豊永利行、櫻井孝宏、千葉進歩、保志(ブレラ風)宮野(梶葉風) 春埼…花澤香菜 宇川…渡辺明乃 チルチル…

  • ついに最終巻。一気に読み終えてしまった。

    今までに出てきたキャラクターがみんな出てきて、そのキャラクターたちの能力を組み合わせて使ったりして、ハッピーエンド。
    どうやって能力を忘れさせないようにするのかと思ったらまさかの盲点。
    完全なハッピーエンドとはいえない部分もあるにはあるけど、面白かった。

    ベイビー、グッドモーニングもそのうち読んでみよう。

  • 評価:☆4.5

    サクラダリセット最終巻。

    カラオケボックスでのケイたちと浦地たちとの駆け引きには手に汗握った。
    これまで出会った人たちの能力を合わせてラスボスに対抗するっていうのは燃える展開!

    ケイを信じて行動すると自分の意思で決めた春埼。
    行動はこれまでとそんなに変わらないけど、確かな変化がそこにある。

    悲しい選択をした相麻もケイに救われたのかな・・・。

    浦地の父の能力を猫に移すという解決策は釈然としなかったけど仕方ないかなという気もする。

    伏線も綺麗に回収してるし、良い最終巻だったと思う。
    当初は自分に合わないと評したし、今でもそうだとは思ってますが良い作品だと思います。これが評価されるのは分かる。


    そしてケイはこれからも言い続けるのだろう。
    「春埼、リセットだ。」
    ただ、幸せを願うために――。

  • 大変よかった。
    出してきたガジェットをうまく入れ込んでハッピーエンド。
    きれいきれい。
    それよりなにより雰囲気のいい作品だったし、この街の感じが大好きだ。

全30件中 1 - 10件を表示

サクラダリセット7 BOY, GIRL and the STORY of SAGRADA (角川スニーカー文庫)のその他の作品

河野裕の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

サクラダリセット7 BOY, GIRL and the STORY of SAGRADA (角川スニーカー文庫)はこんな本です

サクラダリセット7 BOY, GIRL and the STORY of SAGRADA (角川スニーカー文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする