SPEC ?零? (角川文庫)

制作 : 里中 静流 
  • 角川書店(角川グループパブリッシング)
3.65
  • (31)
  • (40)
  • (54)
  • (11)
  • (1)
本棚登録 : 460
レビュー : 46
  • Amazon.co.jp ・本 (160ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041002285

作品紹介・あらすじ

SPECの物語のすべてのはじまりがここに!
当麻の家族を襲った飛行機事故に隠された秘密とは…?スペックホルダーとは何者…?
すべての謎が,解けるSPECの原点ーーいよいよ小説になって登場!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 両親と弟を飛行機事故でなくした女子高生・当麻紗綾のもとに、柴田純という刑事がやってきた。「当麻の家族はスペックを持つ者たちに殺された可能性が高い」。スペック…当麻が初めてその言葉を聞いた瞬間だった。6年後、柴田の話を片時も忘れたことのない当麻は、迷わず刑事の道を選んだ。FBI研修を終え帰国した当麻は、公安部公安第五課未詳事件特別対策係への配属が決まっていた…。『SPEC』の原点、完全小説化!

  • ドラマからスタートして、スペシャル版、映画と続いているSPEC。
    それぞれノベライズは出ているけれど、この『零』は毛色が違う。ドラマ本編以前の物語であることと、先に映像があるのではなくノベライズが先なこと。そして今のところ映像はない(漫画はあるみたいだけど)。予定があるのかすら知らないけれど、せっかく映像ありきの作品なのだから映像で見たかったというのは欲張りかな。

    ドラマではぼかされていた柴田の存在が明確になっていたり、ところどころで当麻が瀬文さんとニアミスしていたり、文章で書かれるより画で見た方が面白いと思うんだ。上からニノマエも、ニノマエがしれっと自分で言っちゃえばいいと思うんだ!なんて、頭の中で映像化しながら読んでいた。

  • 過去話編。瀬文が未詳に来る前の話。

    ドラマの裏話的なものかなあ~って感じで読めば問題なし。地居がヘタレでヘタレでヘタレっぽい…。

    2012/00/00

  • SPEC1より前、トウマとセブミが出会う前の物語。
    トウマの左腕の包帯の原因となるバトルが展開。
    ドラマ「ケイゾク」の「柴田」の存在もチラホラ。

    章としては完結するので読了感もスッキリ納得させられました。

    読書順としてはSPEC1~3、SPEC-翔-、劇場版SPEC‐天‐、本作となります。

  • 本篇が複雑怪奇になった分、零はわかりやすくてよかった。

  • 読書録「SPEC〜零〜」3

    原案 西荻弓絵
    原作 里中静流
    ノベライズ 豊田美加

    p10より引用
    “が、現実には、天涯孤独になった哀れな娘
    をスクープしようと、ハイエナのようなマスコミ
    連中が自宅を取り囲んでいる。電話はなりっ
    ぱなしで、祖母の葉子は耳鳴りがすると言って
    ケーブルを抜いてしまった。”

     餃子好きと優秀な刑事を主人公とした、テ
    レビドラマの、餃子好きが刑事になるきっかけ
    などを描いた前日譚。
     科学者夫婦とその息子を乗せた飛行機が、
    乗客全員が死亡する事故を起こした。家族の
    うち残されたのは、祖母と高校生の当麻沙綾
    だった…。

     上記の引用は、主人公の家族が巻き込ま
    れた飛行機事故についての一節。
    テレビのワイドショーで仕事をする方々は、どう
    思っているのでしょうか。このように書かれて
    いる本作ですが、もとはテレビドラマ。事件事
    故の被害者を追い回す側の人達が、こんな
    事を書いてもどうなんでしょう。
    分野が違うので、全く関係がないのかもしれ
    ませんが、多分TV局のなかで同じように仕事
    をすることもあるのでしょうから、この文のよう
    な事を書く前に、なにか言ってもいいのではな
    いかなと思いました。
     主人公・当麻のスペックホルダーたちとの
    因縁が描かれていて、より深く一連の作品を
    楽しむにはいい一冊です。

    ーーーーー

  • ある

  • 原作を補完する前日譚。当麻紗綾がよく言っていた「私情は禁物」は、自分自身の経験からの教訓だったと思われる。後、地居の小悪党感がドラマ以上に強調されている気がする。

  • なんとなくテレビを見ていたら映画公開に先駆けて、一つ前の映画を放送していたのを見て、今一つ話が分からなかったので手を出してみた。たぶん、本書を読まれる人のほとんどが、ドラマを見ていた人なのだと思うが、自分は見ていなかったので初めての内容。ドラマとの違いなどは全く分からないが、突拍子もない設定や言動などはたぶんドラマ通りなのかなぁと思いながら読んだもの。世界観や設定がぶっ飛んでいるのと、ドラマの流れもあってかストーリー展開が速い。ノベライズだからしょうがないのかも知れないけれど、登場人物の内面の描写がもっとあると、さらに面白かったと思う。本編に期待。

  • 【状態】
    展示中

    【内容紹介】
    両親と弟を飛行機事故でなくした女子高生・当麻紗綾のもとに、柴田純という刑事がやってきた。「当麻の家族はスペックを持つ者たちに殺された可能性が高い」。スペック―当麻が初めてその言葉を聞いた瞬間だった。6年後、柴田の話を片時も忘れたことのない当麻は、迷わず刑事の道を選んだ。FBI研修を終え帰国した当麻は、公安部公安第五課未詳事件特別対策係への配属が決まっていた…。『SPEC』の原点、完全小説化。

    【キーワード】
    文庫・ノベライズ・ドラマ・映画・ミステリー

    【映像化情報】
    『SPEC〜零〜』 - 2012年4月4日発売、2013年10月23日スペシャルドラマ放送
    連続ドラマ『SPEC』 - 2010年10月8日 - 12月17日放送
    スペシャルドラマ『SPEC〜翔〜』 - 2012年4月1日放送
    映画『劇場版 SPEC〜天〜』 - 2012年4月7日公開
    映画『劇場版 SPEC〜結〜 漸ノ篇』 - 2013年11月1日公開
    映画『劇場版 SPEC〜結〜 爻ノ篇』 - 同年11月29日公開

    出演:戸田恵梨香・加瀬亮 他



    1+4++1

全46件中 1 - 10件を表示

SPEC ?零? (角川文庫)のその他の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

SPEC ?零? (角川文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする