Mr.プリンスの華麗な誘惑 (角川ルビー文庫)

著者 : 水上ルイ
制作 : 明神 翼 
  • 角川書店(角川グループパブリッシング) (2012年3月31日発売)
2.92
  • (1)
  • (2)
  • (5)
  • (3)
  • (1)
  • 本棚登録 :32
  • レビュー :4
  • Amazon.co.jp ・本 (218ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041002681

作品紹介

家柄、容姿、財産、全てに恵まれた一流のセレブの集う紳士クラブ『ヴィッラ・ロワイヤーレ』。そこに後見人の細小路とともに訪れた景は、欧州社交界のプリンスと呼ばれる大富豪・ロメオと出会う。ローマに不案内な画家志望の景に付き合い、美術館巡りのエスコートを申し出てくれるロメオ。けれど、ロメオの友人・ジョナサンから細小路との体の関係を邪推され、傷ついた景を抱きしめてくれるロメオの優しさに、景の想いは募っていって…!?社交界の王子×庶民のシンデレララブ。

Mr.プリンスの華麗な誘惑 (角川ルビー文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 【※BL注意】

     両親を亡くして、親戚に引き取られたけれど、そこでもうまく行かなかった景は、両親の友人であった細小路に後見人として引き取られることになる。
     細小路は、同性愛者として有名ではあったけれど、景の父とは本当にただの友人関係で、景にも、後見人として接してくれていた。

     そんな細小路が景を連れていったのが、一流のセレブだけしか入れないという紳士クラブ『ヴィッラ・ロワイヤーレ』。
     当然、そこでも細小路の噂は広まっていて、見た目も美しい景は注目の的となる。
     そんな景に細小路が紹介したのが、欧州社交界のプリンスとも言われる大富豪・ロメオ。
     見た目も中身も完璧な彼に、ときめく景だったが、ロメオの方は、景のことを「細小路の恋人」と思っていて、見た目の美しさに息を飲んだものの、余り相手にしまいと考えていた。
     けれど、ロメオの友人であるジョナサンが景をローマ観光に連れ出そうとしたところから、話の流れが変わってしまう。
     自分自身も不慣れである土地を、景の美しさから案内を買って出たジョナサンに呆れつつも、ロメオも同行する事になってしまったのだ。
     ロメオは自分の気持ちがわからないままに、景のローマ観光に一日付き合うが、景への好感度は上がって行くばかりで……。

     一方の王子様然とした様子のロメオに景も徐々に惹かれていって……

     という話でした。
     水上先生特有の攻め受け両方の視点を行き来する書き方なので、どちらの気持ちがどれだけ進んで行ったのかがとても良く分かる書き方なので、面白く読めると思いますが、好き嫌いは別れるかなあ……と。
     自然にやってくれた方がいいのか、はっきりと登場人物の名前を書いて「こっからはこっちの視点だよー」って教えてくれた方がいいのか、については趣味が別れるところだよねー……というのは、水上先生の本を読む度に、私が毎回書いていることなので、そろそろ割愛しましょう。

     今回は、欧州社交界が舞台。
     相変わらずキラびやかな世界が舞台の物語を書かれる方で、今回の攻め様も、これでもかと、キラキラをまとっておられます。
     そこに迷い込んで来たのは、自分の美しさを自覚してない純粋無垢な子羊ちゃんって感じですけど、この子羊はただの食べられるのを待つ子羊じゃなくて、自分の言いたい事はしっかり主張出来るし、自分はともかく、自分がいいと思っている人のことを悪く言われると、牙を向いて反論出来る、賢い子羊です。

     そんな二人が徐々に惹かれあって行く……。
     まさしくシンデレラストーリーですね。
     でも、それがBLの王道の一つでもあるので、楽しく読めると思います。
     ただ、王道過ぎて突出するところがなかったので、この評価になっていますが、普通に読む分には楽しめると思いますよー。

  • 甘々〜。他のプリンスの話も読みたい!

  • 「Mr.プリンスの華麗な誘惑」
    著者 水上ルイさん ルビー文庫

    一人称両視点
    「受」→僕
    「攻」→私

    【プチあらすじ】
    美大生受(日本人)×実業家攻(イタリア人)

    一流セレブが集うローマにある紳士クラブに連れられてやって来た受。
    そこで「プリンス」と呼ばれる特権階級をもつ五人の男性に見初められ、その中の一人(&オマケ)に翌日ローマ巡りの案内をしてもらうことになって……。

    【プチ感想】
    両視点で進んでいく展開が、読んでいて得した気分w
    自分の魅力にまったく気づいていない受に、周囲の視線や注目がどこに行っても集まるのは爽快♪
    そして受に惹かれていく攻も文句なしにイイ男!
    「セレブ」「城」「王子」このキーワードが好きな方は楽しめる作品です♪

  • 王道好きです。だからつい期待してしまいます。
    世界の最高の男達が集結しています。受も最高の才能あふれる青年です。

全4件中 1 - 4件を表示

Mr.プリンスの華麗な誘惑 (角川ルビー文庫)のその他の作品

水上ルイの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

Mr.プリンスの華麗な誘惑 (角川ルビー文庫)はこんな本です

ツイートする