お前が好きで何が悪い! (角川ルビー文庫)

著者 :
制作 : 陸裕 千景子 
  • 角川書店(角川グループパブリッシング)
3.71
  • (6)
  • (12)
  • (11)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 78
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (228ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041002698

作品紹介・あらすじ

性格も外見も真逆、大学時代は犬猿の仲と言われていたほど気にくわなくて大嫌いな逢坂朋弥と、何の因果か会社の合併で同じ部署に配属されることになった沖谷柚弦。出来る限り近づかないようにしていたというのに、ある夜自分の性癖を確かめるため意を決して訪れたゲイバーで、逢坂と遭遇してしまう。すぐさま店を出た柚弦だが、追ってきた逢坂に「ゲイかどうか知りたければ俺に抱かれてみればいい」と挑発され、売り言葉に買い言葉でホテルに行くハメになって…!?腹黒遊び人×堅物童貞が贈るラブバトル。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ◎総合評価 4
    ◆ヒロイン? 3  ◆ヒーロー? 4
    ◆純愛 4     ◆情熱 2
    ◆さわやか 3   ◆セレブ 1
    ※受けが武士みたいに堅物で攻めが軟派。極端すぎだろうと思いつつ読み始めると、意外と面白い♪さすがの文章力です。

  • ★3・1
    安定の王道でした~。学生の時からずっと好きだったとか好きな感じ。好きな子だからちょっかい出して構ってたとか典型すぎ(笑)柚流の堅物なとこや喋り方が可愛らしかった~。

  • ★4.0。こりゃ両想いになった後のデレデレを是非見たい系統!攻はこれから遠慮なくデレデレに甘えて甘やかすんだろうなあ。SSでいいから見たい。「好きな子の気を引きたくてからかっちゃう」「遊び人だけど実は受が本命」「実は受に一目惚れ」「実は必死」という私の好きな要素の詰まった攻だったのでそれだけで萌え。攻の気持ちがわかりやすいベタさもいい感じ。受はツンツンで堅苦しい口調なのが最初は苦手だったけど、終盤はとても可愛くなったので良かったです。あまりのベタ展開に気恥ずかしかったけど、久しぶりにストライクの攻でした。

  • 非常に私好みのお話でした。攻めがもっと腹黒でもよかった。

  • テンポよく読めて楽しかった。

  • 沖谷が自分がゲイか確かめるためにその手の店に行くところから始まる純愛?物語。
    逢坂が沖谷に一生懸命アプローチしているのは微笑ましいですよね。
    さらっと読めて面白かったですv

  • 面白かった♪身体の関係先行だけれど、実は最初っから好きだったんだパターンは大好きなんですよね♪ 沖谷のHの時の可愛さがたまらなかったですね。

  • さらりと読める。きゆん!

全8件中 1 - 8件を表示

お前が好きで何が悪い! (角川ルビー文庫)のその他の作品

藤崎都の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする