身代わりの恋の夜 (角川ルビー文庫)

著者 :
制作 : 高座 朗 
  • 角川書店(角川グループパブリッシング)
3.08
  • (0)
  • (6)
  • (14)
  • (4)
  • (0)
本棚登録 : 42
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (180ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041002704

作品紹介・あらすじ

取引先の御曹司・柏木に密かに惹かれていた秀人。しかし柏木は元モデルで秀人の双子の弟・雅人に好意を寄せていた。想いを隠して二人のデートに協力する秀人だが、弟がドタキャンしたせいで、柏木のクルーザーに秀人が一泊することに。そこで酔った柏木に、弟と間違えて抱き寄せられた秀人は、抗えないまま抱かれてしまう。一夜だけの儚い夢-秀人は想いを封じ込めて、なかった振りを装うが、柏木から思わぬ告白を受けて…!?罪作りな御曹司×弟想いな兄の身代わりラブ。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • タイトルで切なくなってしまう話かと思ったら、甘くてかわいい雰囲気のストーリーでした。
    主人公の秀人が外資系商社マンだったり、取引先の部長で御曹司の柏木がイケメンでクルーザー所有してたり、かなりHQな設定で夢見心地にしてもらって楽しく読みました。
    王道なんですが、それでもどうなるの?と、次々興味をそそられる展開の上手さであっという間に読了。
    気がついたら…!挿絵がなかった。表紙のイメージがあったのでイラストがないなんて何も気がつかずに読み終わっていました。

    好きになった人は、自分の双子の弟が好きだからあきらめなくてはと思うのに、という話。身代わりモノっぽいけど深刻な事態にならないところが返ってほっとさせられます。
    柏木はもっとタクラミ系かに見えたのですが、真摯な気持ちで秀人に接してくれていました。身代わりというよりは、ブラコンな弟のせいでいろいろ勘違い!と言う方が正しいですね。

    男同士の恋愛に何の疑問や葛藤も感じていない登場人物たちなので、そこが少しもの足りなかったです。BLにしなくても成立する恋愛ものですね。

  • ありがちな設定でありがちなストーリーなのにありがちに終わらせないのが松幸さんの上手さです。読み終えてから、そういえば挿絵がなかったと気がついたくらい、話に引きこまれました。

  •  尾原秀人は、アメリカに本社がある会社の社員。
     秀人は、今、その会社の日本支社の残務整理のために日本にやってきていた。
     秀人の仕事は、日本支社の業務と人を整理し、残しておきたい業務を任せられる企業と提携を結ぶこと。

     その業務提携の相手に選ばれたのが、柏木産業。
     ようやくアポを取り付け、話を聞いてもらいに出向いた時に会ったのが、柏木智紀。
     柏木産業の御曹司で、今は海外事業部に所属する男だった。
     すぐに柏木に好感を持った秀人だったが、実は柏木が秀人の双子の弟である雅人と知り合いで、雅人に「好きだ」と気持ちを伝えてきているのだ、と雅人に言われる。
     そのことから、秀人は徐々に柏木に惹かれ始めている自分の気持ちに気がつくが、雅人のことを想い、自分は身を引く覚悟を決める。
     ところが、柏木が新しく買ったクルーザーに乗せてくれるという日、前日まで海外に行くことになっていた雅人が、悪天候のせいで帰ってこれなくなってしまう。
     二人きりになってしまったことから、秀人は柏木の誘いを断ることを考えたけれど、「クルーザーに乗せてもらうだけだから」と自分に言い訳をし、出かけることにする。
     思いもかけず、楽しい一日を過ごした秀人だったが、お酒を飲んでしまったことにより、クルーザーにそのまま一泊することになってしまう。
     そして酔った柏木に求められた秀人は、柏木が自分を雅人と勘違いしているんだと思いつつも、柏木に体を任せてしまう。
     一夜明け、そのことに後悔しつつも、柏木が目覚める前にクルーザーを後にした秀人は、帰ってきた雅人に仕事以外では柏木に会わないと告げる。

     という話でした。
     ものすごくベタな。BLだったと思うんですが、何せ驚くほど簡単に柏木に靡いてしまった秀人がやや信じられない。
     なんというか、男の人を好きになってしまった葛藤が一切ないんですよね。
     普通、男の人を好きになってしまったらもっと悩んだりすると思うんですけど、そういうところが一切描かれてないある意味ファンタジーなBLでした。
     結局のところ、雅人が柏木に告白されたっていうのは、これ以上家族を他人に取られたくなかった雅人のかわいらしい嘘だったってことがわかってハッピーエンドだったんですが。

     葛藤がないという意味では今時のライトなBLだったのかな、と思います。

  • 可愛いお話でした。
    でも扉絵以外に、挿し絵が全くないのが残念です。

  • (あらすじ)
    取引先の御曹司・柏木に密かに惹かれていた秀人。
    しかし柏木は元モデルで秀人の双子の弟・雅人に好意を寄せていた。
    想いを隠して二人のデートに協力する秀人だが、
    弟がドタキャンしたせいで、
    柏木のクルーザーに秀人が一泊することに。
    そこで酔った柏木に、弟と間違えて抱き寄せられた秀人は、
    抗えないまま抱かれてしまう。
    一夜だけの儚い夢―秀人は想いを封じ込めて、
    なかった振りを装うが、柏木から思わぬ告白を受けて…!?


    (感想)

    柏木智紀(柏木産業海外事業部部長)×尾原秀人(創業商社)


    この薄さの文庫でもやはり挿絵がないと萌半減。
    飯島の顔も見てみたかったし、
    あとがきにある素敵で可愛い双子ちゃんのイラストは何処に…??。

    最後の最後で理由がブラコンときたか(^^;)
    身代わりってタイトルからして弟の恋人が柏木かと思ってたら全く違った(笑)
    (あらすじ読んどけよ!!)

    でもまぁ、お兄ちゃんが我慢して諦めようとしてた恋も
    最終的に実ったということで良かったよvv
    (途中、我慢できてない大人な関係もあったけどね・笑)

    後は弟カップルの方ですね。
    ブラコンの弟くんだけど、相手が結構しっかり者そうに思えたので
    釣り合いが取れてるのかなぁと。
    そろそろお兄ちゃんから卒業しましょう

  • すれ違い恋愛その陰には・・・ブラコン?。
    弟くんのわがままっぷりは迷惑ですがかわいとこもありますね。

  • あらすじ買いですが、期待していたほど切なさは無かったものの、お仕事面がすごく気に入りました♪あらすじからはちょっと可愛らしい大人しい系の受けちゃんを想像してたんですが、大人しいというより、しっかりしていて、仕事も上手くバリバリとこなす感じですごく面白かったです♪ 弟の子供みたいな理由からの嘘で遠回りしちゃいましたけれど、優しい御曹司の柏木もバリバリと仕事が出来るだけに優しいだけじゃないんだろうな~ってラストの展開で思いました♪諦めなきゃいけないけれど、その手を抗えない!っていうのを堪能しました♪

  • こういう定番の話、好き〜( 〃▽〃)

全8件中 1 - 8件を表示

松幸かほの作品

ツイートする