藤陵学院の花嫁 万葉の桜と月の鏡 (角川ビーンズ文庫)

著者 :
制作 : さらち よみ 
  • 角川書店(角川グループパブリッシング)
3.76
  • (7)
  • (12)
  • (13)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 61
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (233ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041002773

作品紹介・あらすじ

-真十が誰を想おうと、俺は真十を手に入れる-藤原家の総領・藤原史を破滅させる「陰の花嫁」だと予言された広瀬真十。しかも「陰の花嫁」は、史が敵対する「常璽宮」の総帥と結ばれる運命にあるという。一方、藤陵学院では、特待生が神隠しに遭うという事件が頻発していた。そんな中、命を狙われた真十を守ってくれたのは、寮で同室の葛城昂で-!?キケン度120%の学園ラブ・ファンタジー、第2弾。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • なかなか掴めないところが好き。ミステリアスというか。
    個人的には彼の方が好きかなー

  • シリーズ2作目

  • 俺様なとこが面白い。でもヒロインかばっちゃうツンデレがいい感じ

  • 今回は表紙にもなっている昴のターンの巻でした。
    何事にも本気を出さない昴の正体が判明します。
    残念ながら史の活躍はあまりなかったように感じましたが、最後の最後で美味しい所をかっさらってくれました(笑)。
    3巻も楽しみです!

  • 相変わらず真十の行動が突拍子もなくて驚かされる。
    それが、彼女らしくていいと言えばいいのだが。
    史と昴の展開はお約束で、予想通りだった。

  • イラストが好みじゃないんで、しばらく積読になってたんですけど、読んだら意外と面白かったです。

    史も真十もお互いに好き合っているのに、陰と陽の違いだけで、その気持ちを伝えることがなかなかできない。もどかしいです。確かに二人が結ばれると人の命がなくなると言われたら、自分たちだけよければっていうのは、なかなか言えないです。

    特に後半、常璽宮の総帥の正体が分かり、矢束よりはるかに入り込んでるやんって思いました。まさか史も自分の背中を預けて戦えるような相手が敵の総帥とは思わないから、知ったときの衝撃は大きいかも。

    しかも常璽宮がこれまでに襲ってきた理由が、史が真十を抱いて神祇部を破滅に導くかどうかっていうゲームっていうのも、悪趣味。史が真十を抱けば、確かに常璽宮の勝ちだし、真十が自分を選べば、それはそれで史を苦しめた上で、常璽宮に繁栄をもたらすって、どっちにころんでも常璽宮にとってはいいことだけですけど、こんなこと考えてる人とは思わなかったです。

    一番最後に真十の母の名前が出て来ましたけど、名前が出ると、確かにもろ常璽宮かなぁと。

    ちょっと次巻が楽しみになってきました。

  • 謎が少し解けて、またうまいとこでヒキ。
    史より昴が出張ってた。
    表紙のまま。

    次巻が楽しみv

全7件中 1 - 7件を表示

著者プロフィール

第5回角川ビーンズ小説大賞優秀賞受賞。別名義で乙女ゲームのシナリオを担当。ボカロ小説「六兆年と一夜物語」(原案:KEMUVOXX)、「恋愛裁判」(原案:40mP)、「ロミオとシンデレラ前編・後編」(原案:doriko)のノベライズを手がける。

「2017年 『恋愛予報 三角カンケイ警報・発令中!』 で使われていた紹介文から引用しています。」

西本紘奈の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする