舞姫,うたかたの記 (角川文庫クラシックス も 1-1)

著者 :
  • 角川書店
3.17
  • (6)
  • (6)
  • (33)
  • (7)
  • (1)
  • 本棚登録 :156
  • レビュー :14
  • Amazon.co.jp ・本 (158ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041003015

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 幼いころから優秀で、勤める省庁から洋行を命じられた太田豊太郎は、数年後、孤独感にさいなまれ、ふとしたきっかけで美貌の舞姫エリスと激しい恋に落ちた。すべてを投げだし恋に生きようとする豊太郎に、友人の相澤は、手を尽くして帰国をすすめるが…。19世紀末のベルリンを舞台に繰り広げられる、激しくも哀しい青春を描いた「舞姫」ほか、「うたかたの記」「文づかい」「普請中」、そして翻訳「ふた夜」を収録。
    難しい仮名づかいだが、どの編とも人間味があり面白いと思う。
    舞姫はとても有名であり、ストーリーは情熱的で、表現がロマンチックであると思う。

  • ぅーむ。
    表紙が全然違う…。
    まぁ、まだ値段が340円だった頃の本ですからね…仕方あるまぃ。ブクログの本棚、表紙の年代も指定できればベストなんですけどね。出版年の登録などで。

    さて。
    中学生くらいに、こういう文学作品はよく読んでいたのだけれど、大人になってから戻って読んでみると、いろいろ感受性が広がったものだ、と思う。
    正直、森鴎外がこんなに情緒あふれる作品を残している人だとは!
    あまり意識していなかった。
    どんだけロマンティック。
    それは、もちろん、ストーリーも情熱的なのだけれど、何というかそういうことよりも、「表現がロマンチック」。自然の様子を描写する、その中に、何か、表現の仕方に、情緒があふれているなぁと感じました。




    <こっからネタバレ>
    舞姫。こんな話だったか…完全に忘れていましたが。
    ドイツで、路上で泣いている美しい少女に出会う主人公。その悲しい様子が捨て置けなくて、助けるところから、交流が始まり、初めは非常に清い付き合いだったけれども、そのうち深い中に。
    ただ、その少女が、踊り子、という、当時いやしいとされる職業に就いていたために、周りから疎まれ、主人公は官職でドイツに来ていたのだが、その職も解かれ、路頭に迷いかける。
    それでも、貧しいながらも少女と幸せに生きていたところ、日本から大臣出張の折に翻訳などで手伝いをしたら、腕を認められて、復職のチャンス到来。ただし、条件は、少女と縁を切って日本に帰ること。
    悩む主人公。
    だが、結局、日本に帰ることを選び、それを少女に伝えるタイミングを計りかねていたところ、病に倒れて離せない状況であったことから、主人公の友人が先に少女にその事実を伝えてしまう。
    その瞬間少女は…発狂。見る影なし。子どももお腹に宿していたというのに。
    主人公は、補償はすれど、そのまま結局日本に帰りましたとさ。

  • うたかたの記 ふた夜 舞姫
    で、挫折…
    古文は苦手です。しんどかったです。
    舞姫が一番読み易かった。けど、うたかたの記の方が興奮した。笑
    ノイシュワンシュタインの!あの人の変死の謎っ!


    なんか、良い時代に生まれたんだよなー
    明治に留学って、すごい大変だったんだよなーと思いました。

  • 森鴎外の考え方と時代背景を知るのによい本。
    ドイツと日本の関係をベルリンを舞台に展開する。
    舞姫という名称なので、読むまでは、女性が日本人だとばかり思っていました。
    当時のドイツにおいて、日本がどのように映っていたか。
    当時の日本において、ドイツがどのように考えられていたか。
    そのあたりの時代的な背景を知るのによい本だと思われます。

  • 読了後の感想は、イライラしたとしか言えない。豊太郎に対しては言いたいことがたくさんある。文章とかよりも、ともかくストーリーが気に入らない。あまりにも嫌いになりすぎて、その後の続編を自ら書いてしまったぐらいだ。けれど、読み終わった後もこの作品について考えざる得ない日々が何日も続いたことは事実だ。力があることは否めない。CLAMP挿絵なのが唯一の良いところ。

  • 読了後の感想は、イライラしたとしか言えない。豊太郎に対しては言いたいことがたくさんある。文章とかよりも、ともかくストーリーが気に入らない。あまりにも嫌いになりすぎて、その後の続編を自ら書いてしまったぐらいだ。けれど、読み終わった後もこの作品について考えざる得ない日々が何日も続いたことは事実だ。力があることは否めない。CLAMP挿絵なのが唯一の良いところ。

  • 鞄にいつも入っています。

  • 正直に言います。

    古文なので読めませんでした。

    「エリート日本人留学生がベルリンの貧乏女性を孕ませ、あげくの果てに捨てる」

    ってことくらいしか分かりません(鴎外さん、ごめん)

    理系の皆さん、気をつけて。

    P.S.表紙の絵はCLAMPです。最近コラボが凄いね。

  • 鴎外読みたいなーと思ってた所にカバーがCLAMPだったので購入。古文ぽいのが苦手なんで読むのすごい時間かかった上にうっすらとしか把握できませんでしたが。
    でも明治の日本から見たヨーロッパとかは素敵ですね。珈琲でカッフェとか……素敵すぎる。

  • 表紙買いしてしまいました;
    鴎外さんの作品は切ないですね。またじっくりと読み返したいです。

全14件中 1 - 10件を表示

舞姫,うたかたの記 (角川文庫クラシックス も 1-1)のその他の作品

森鴎外の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三島 由紀夫
米澤 穂信
ヘミングウェイ
谷崎 潤一郎
有効な右矢印 無効な右矢印

舞姫,うたかたの記 (角川文庫クラシックス も 1-1)はこんな本です

舞姫,うたかたの記 (角川文庫クラシックス も 1-1)を本棚に登録しているひと

ツイートする