ふたりの距離の概算 (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店(角川グループパブリッシング)
3.84
  • (336)
  • (785)
  • (506)
  • (42)
  • (7)
本棚登録 : 5239
レビュー : 457
  • Amazon.co.jp ・本 (287ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041003251

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 古典部シリーズ5作目。古典部に仮入部していた1年生が、突然やっぱり入部しないと告げてきた。どうやら部長の千反田のせいらしいが、彼女たちの間に何があったのか。
    面白いのは、こんな些細な謎を奉太郎がマラソン大会でスタートからゴールの間に解くこと。途中で部員たちに事情聴取し、1年生との出会いからの出来事をひとつひとつ思い出して仮説をたてる。日常の中に紛れている小さな違和感をつなげて、論理的に答えを導き出す過程がいつもながら面白い。加えて彼等がまだ高校生であることが、爽やかさ切なさを感じさせてくれるのだろう。

  • 氷菓

  • ひたすらマラソンをします
    良くも悪くも古典部シリーズだなという印象

  • 安定の日常ミステリ+青春。アニメのキャッチコピーの『青春は、優しいだけじゃない。痛い、だけでもない。』の通り、甘すぎず苦すぎずのバランスが絶妙。ハッピーエンドではないのに読後感が良いのは、単純な「美味しいものを食べた」という感覚ではなく、「旅中軽くないケガをしたりもしたが、無事帰ってこれた」という感じで味わい深い。稀有な種類の良作であるので、ぜひとも無事完結することを願う。

  • 物語が単調で飽きたので、途中から流し読みをして読了。

  • うーん、推理の道筋は納得なんだけど。
    古典部のメンバーと大日向とのかかわり方というより、大日向の人に対する距離の取り方があまり好きではないため、正直彼女が入部を取り消した理由に何の興味もない。
    つまり、今回の謎は私にとってはどうでもいいものだったため、読んでいてもそれほどの感慨はなかったな。

    それよりも、古典部の誰一人として古典に興味がない問題について考えてほしいわ。(笑)

    マラソン大会が舞台ということで、「死のロングウォーク」を意識して書かれたようだけど、それほど切羽詰まった状況ではないし、奉太郎はあんまり走ってないし、どちらかというと「夜のピクニック」みたいな感じでしたね。

    それにしても奉太郎、千反田えるのことになると省エネじゃなくなるんだな。
    うむ。青春。青春。

  • 氷菓のアニメのその後の話を読みたくて、いまさら翼といわれてもという短篇集を探していたが見つからない。
    ので、この本を手に取ってみた。

    読み応えがありますね。
    この後に遠まわりする雛を読んだが、短篇集だからかアニメの印象が強いからなのか、そこまで読み応えというものを感じなかった。
    また読み返したいと思ってるけどね。
    読後感は切ないというか、アニメでも味わった苦さを感じました。

    これ以外はアニメ化されてるけど、氷菓シリーズの長篇も読んでみようかな。
    アニメだとよくわからない部分もあったし、小説だとわかるかな。

  • 読んでなかった。

  • 面白かった。
    全編がマラソンを走りながらという構成が斬新。

  • 配架場所 : 文庫
    請求記号 : BUN@913@Y107@7
    Book ID : 80600062589

    http://keio-opac.lib.keio.ac.jp/F/?func=item-global&doc_library=KEI01&doc_number=002577037&CON_LNG=JPN&

全457件中 51 - 60件を表示

著者プロフィール

米澤 穂信(よねざわ ほのぶ)
1978年、岐阜県生まれの小説家、推理作家。金沢大学文学部卒業。
大学在学中から、ネット小説サイト「汎夢殿(はんむでん)」を運営し、作品を発表。大学卒業後に岐阜県高山市で書店員として勤めながら、2001年『氷菓』で第5回角川学園小説大賞ヤングミステリー&ホラー部門奨励賞を受賞し、デビューに到る。同作は「古典部」シリーズとして大人気に。2011年『折れた竜骨』で第64回日本推理作家協会賞(長編および連作短編集部門)、2014年『満願』で第27回山本周五郎賞をそれぞれ受賞。『満願』は2018年にドラマ化された。直木賞候補にも度々名が挙がる。
その他代表作として週刊文春ミステリーベスト10・このミステリーがすごい!・ミステリが読みたい!各1位となった『王とサーカス』がある。2018年12月14日、集英社から新刊『本と鍵の季節』を刊行。

ふたりの距離の概算 (角川文庫)のその他の作品

米澤穂信の作品

ツイートする