ダブル・ジョーカー (角川文庫)

著者 :
  • KADOKAWA
3.90
  • (282)
  • (588)
  • (335)
  • (34)
  • (1)
本棚登録 : 3236
レビュー : 370
  • Amazon.co.jp ・本 (336ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041003282

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • やっぱり滅多なことでは表舞台に出て来ない結城中佐、かっこいいいい!でも、出し惜しみしつつ、ちゃっかり美味しいところは持っていきます。そんな中佐の勿体ぶったような登場の仕方が…好っきやねん…←

    中佐単推し(笑)の私のお気に入りはもちろん、表題作です(^p^)相手を飄々とやり込める中佐が凄く素敵なのです…
    あとはやっぱり、中佐の現役スパイ時代の「柩」でしょうか。敵方の手に落ちて拷問を受けるだって⁈ごちそうさまでーす!←
    と思わせて置いて、やっぱり中佐は若くても中佐なのでした←

    その他の作品は、結城中佐の部下達の活躍っぷりと、その影に見え隠れする中佐のラスボス感をたっぷり楽しむという、前作同様の短編集です。ここまでライトに読めるスパイ物ってないんじゃないかなあ。と思ったけど、そういえば私、スパイ物読んだことほとんどなーい\(^o^)/←←

    時代が徐々に太平洋戦争に近付いてきたのがちょっと気になりました。
    いざアメリカとの戦争始まったら、日本人は敵国で諜報活動ってできないよね、多分。戦時真っ只中の結城中佐の動向がとても気になりました。
    どっちかというと、戦争真っしぐらの軍部とは距離を置いて、停戦or終戦に尽力しそうだよね。っていうのは、夢見過ぎかしら…。見過ぎだな…。



    「躊躇なく殺せ。潔く死ね」
    結城中佐率いる「D機関」の存在を疎む軍部の意向で、もう一つの諜報組織「風機関」が設立された。エリート軍人のみで構成された風機関のメンバー達は、任務遂行の為なら自死も厭うべからずと教育されていた。
    そんなある日、D・風両機関に、同じ任務が与えられる。D機関を失墜させるチャンスに、風のメンバーは意気込むが…。

  • 「ダブル・ジョーカー」
    「蝿の王」
    「仏印作戦」
    「柩」
    「ブラックバード」

    特別収録「眠る男」

  • 2作目。前作には勝てない感じでしたが、今回もよくできた話ばかりで面白かったです。D機関ご苦労様ですw次作も気になるので読みます‼

  • 何事も冷静に、完璧に先回りするD機関に圧倒される。

    「眠る男」は前作との繋がりが絶妙。「ロビンソンクルーソー」が眠りと目覚めの役割を果たし、素敵だ。

  • 「ジョーカーゲーム」シリーズの第2作目。またも一気読みしてしまった。ブラックバードがお気に入り。顔のイメージを一瞬一瞬変化させることで他者に残る印象をぼかすとか、そんなことできるのか…?
    「何者にもとらわれず、自分自身の目で見ること」

  • 全エピソードにわたる空気感がたまりません。
    眠る男がお気に入り。

  • 2019年、9冊目は、柳広司の出世作、「ジョーカー・ゲーム」シリーズの2作目。

    帝国陸軍内に極秘に設立されたスパイ養成所、D機関。特殊カリキュラムによって一流のスパイを生み出してゆく。

    前作、「ジョーカー・ゲーム」の世界観を踏襲しつつ、スパイ狩り、D機関のトップ結城中佐の過去、等々絡め物語の輪郭を固めつつ、時計の針を動かしてきた。

    007モノ、M-iシリーズ等の、秘密道具駆使した、派手なアクション系スパイものとは、異なり、『デスノート』辺りの心理戦的駆け引き好き向き。

    この流れ(時計の針が進んだコト)、気になる者は、シリーズ、第3段を手に取るしかないじゃん。そぅ言う自分も間違いなく手に取るんだろぅなぁ……。



  • 『ジョーカー・ゲーム』シリーズ第二弾。
    魔王こと結城中佐率いる諜報機関D機関の陰で、もう一つの諜報組織"風機関"が設立。
    死ぬな、殺すなのD機関に対し、風機関は地方人とは異なる軍人エリートとして、躊躇いなく殺せ、潔く死ねを訓示とする。
    第一次世界大戦から真珠湾攻撃開始までの二重スパイの攻防を綴る五篇の一冊。
    テンポは変わらず、シリーズものでも勢いは衰えず。
    ただ、第一作から読んでないと、五篇目の件は分かりづらいだろな。

  • 2019/1/10読了


    ジョーカーゲーム続編
    D機関のだれかは死んだだろうか、魔王の過去だろうか
    まるで泡のように不確かなスパイの面々で、D機関のだれがどこに潜んでいるか
    読者自身も踊らされているようだ。
    「ダブル・ジョーカー」スパイという新たなツールにおいても対立するストーリーは面白い。
    ・・敵となるDスパイが出てこないあっけなさも含めてかなり爽快。
    戦争の幕は切って落とされた。
    読む順番は逆となったが、ここからパラダイス・ロストへとつながる。
    エンターテイメントとしてもある意味軍略物としても
    読み応えのある小説でした。

  • D機関第2弾。
    前回よりD機関の主役度は少し下がるが、だからこそ影でちらつく存在感が恐ろしい。
    さくっと読めるのに1話1話が充実していて大満足。
    文庫化する際に追加されたという眠る男は、1巻とのリンクがあり、これまたD機関ファンには嬉しいはず。
    第3弾もあるとのことで、購入決定ー。

全370件中 11 - 20件を表示

著者プロフィール

1967年生まれ。2001年、『黄金の灰』でデビュー。同年、『贋作「坊っちゃん」殺人事件』で第12回朝日新人文学賞受賞。『ジョーカー・ゲーム』で吉川英治文学新人賞、日本推理作家協会賞長編及び連作短編集部門を受賞。他著に「ジョーカー・ゲーム」シリーズの『ダブル・ジョーカー』『パラダイス・ロスト』『ラスト・ワルツ』や、『新世界』『トーキョー・プリズン』など。

「2018年 『漱石先生の事件簿 猫の巻』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ダブル・ジョーカー (角川文庫)のその他の作品

柳広司の作品

ツイートする