ダブル・ジョーカー (角川文庫)

著者 :
  • KADOKAWA
3.90
  • (282)
  • (588)
  • (334)
  • (34)
  • (1)
本棚登録 : 3228
レビュー : 370
  • Amazon.co.jp ・本 (336ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041003282

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「棺」
    墓地で祈りの言葉を唱える神父さんも、結城が変装してるのか?
    仲間の最後を見送りに来た?
    と勘ぐったけど、考え過ぎだったみたい。
    でも、そうだったらいいのにな。危険だけど。

    「眠る男」
    『ジョーカーゲーム』には、敵に捕まって尋問され、脱出する側の話があった。
    その時も誰かが助けていて…。
    今度は助ける側の話だー。しかも、こんな風になってたなんて!

  • このシリーズ、好きだなぁ(^^)
    結城中佐の過去の話とか出てきておもしろかった。
    3作目も読みます!

  • ジョーカーゲームの切れ味はそのままに“D機関”を客観視点から描いた今作も十分に楽しませてもらった。
    騙し騙されながらも最後はD機関が笑う・・・と見せかけて時には危険な目に合ったり任務を完遂できなかったりと、完璧超人のように描かれてきた彼らも間違いなく人間なのだ。

    結城中佐の過去が明かされたが、手酷い裏切りに遭いながらもなぜ日本に還ってきたのかがいまいちピンとこない。もう一度読もう。

  • 一話一話きっと別人のD機関の人間が関わっているエピソードなのだろうけど話に魅了されます。
    一風変わった優秀すぎる人物たちに胸が熱くなる。
    とにかく面白いです。

  • 前作を読んで手に取る分には、失望させられることはまずなく、設定はそのままに、新たな展開で魅せられる。前のときにも思ったけど、色んな表現の仕方で飽きさせない文章力、凄いですね。この次の作品も既にゲットしてて、そっちも楽しみす。

  • 結城大佐の過去の話があって面白かった

  • 史実とフィクションがうまく絡んでジョーカー・ゲームの続編の位置付けとは別に諜報者達の緊迫感が伝わります。
    結城中佐という存在を再認識する章もあり読み始めの印象とは違い私的に結構ハマりそうな作家さんです。

  • 冗詞贅言は一切ない。息をもつかせぬ展開、緊張感は最後の最後まで途切れることはない。いずれの短編にも短編とは思えない壮大なドラマがあり度肝を抜かれる結末が待っている。結城中佐のハードボイルドにも痺れる。心底骨抜きにされる。中佐の底知れぬ懐の深さに魅入らされ極上のエンタメに酔いしれた。長編5つを読了したような満足感があった。

  • 前作は「魔都」以外はD機関関係者の視点から描かれていた。
    今回の作品は、ほとんどがD機関以外の人物の視点から描かれている。このアイディアの豊富さはすごいなと思う。
    そして、要所要所でちらりと姿を見せる結城中佐はやはり存在感がある。「死ぬな」「殺すな」の結城の哲学は、この作品でも貫かれている。
    秋の夜長に、一気読みしてしまった。

  • 前作「ジョーカー・ゲーム」よりも周りからのD機関が描かれていた話が多かったように思う。D機関の人間でない人物に焦点を当てている話が多かった。

    いくつかの短編でできているので読みやすいし、つい読んでしまう本。

全370件中 51 - 60件を表示

著者プロフィール

1967年生まれ。2001年、『黄金の灰』でデビュー。同年、『贋作「坊っちゃん」殺人事件』で第12回朝日新人文学賞受賞。『ジョーカー・ゲーム』で吉川英治文学新人賞、日本推理作家協会賞長編及び連作短編集部門を受賞。他著に「ジョーカー・ゲーム」シリーズの『ダブル・ジョーカー』『パラダイス・ロスト』『ラスト・ワルツ』や、『新世界』『トーキョー・プリズン』など。

「2018年 『漱石先生の事件簿 猫の巻』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ダブル・ジョーカー (角川文庫)のその他の作品

柳広司の作品

ツイートする