再生 (角川文庫)

著者 : 石田衣良
  • 角川書店(角川グループパブリッシング) (2012年6月22日発売)
3.37
  • (19)
  • (74)
  • (90)
  • (27)
  • (3)
  • 本棚登録 :805
  • レビュー :71
  • Amazon.co.jp ・本 (308ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041003329

作品紹介

平凡でつまらないと思っていた康彦の人生は、妻の死で急変。喪失感から抜けだせずにいたある日、康彦のもとを訪ねてきたのは……

石田衣良の短篇集の文庫版です。
収録作:「再生」「ガラスの目」「流れる」「東京地理試験」「ミツバチの羽音」「ツルバラの門」「仕事始め」「四月の送別会」「海に立つ人」「銀のデート」「火を熾す」「出発」計12編

再生 (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • どんなに辛く悲しくても、壁にぶつかっても時間は自然に流れていく。
    だったら受け入れて歩くしかない、前に進むしかない。
    それが再生への道なんだ、と思いました。
    人間はすぐに傷つく。傷ついても歩いていける。脆く、強い生き物です。

    『銀のデート』が好きです。切ないお話ですが、愛があればこそといった感じです。

  • 石田衣良氏の本は初めて読まさせてもらった。
    実話ベースの話とあった胸に感じるところが
    あった12編の短編小説。

    各物語での再生というよりも・・・再会というイメージであった。

    もう少し最後に感動的な情諸があってもいいような気がしたが、
    逆にその後の展開を考えさせられる点ではオススメの本ですね。

  • 妻を自殺で亡くしたシングルファーザー、恋人から突然別れを切り出されたOL、不況に苦しみ、鉛のような心と身体をもてあます会社員。。。
    思うようにいかない人生に、苛立ち絶望しながら、それでも新たな一歩を踏み出そうとする勇気。
    苦しんでも、傷ついても、人は夢を見ることをやめられない。
    平凡な日常に舞い降りたささやかな奇蹟の瞬間を鮮やかに切り取り、かじかんだ心に血を通わせる感動の短編集。

  • ありそうなことだと思ってたら、実話ベースのお話が中心とのこと。

    大変な「日常」を淡々と書いてあって、だけどどのお話も最後はなんだか劇的!

    すきだなあと思える本(^^)

  • 誰もが体感しそうな日常を描いていて、小説とは思えないようなリアル感がありました。ワクワクとかソワソワとかではなく、静かにジワリと響いてきます。
    生きてると、辛いことあるけど、それだけじゃない。いいこと、きっとあるさ、と思える作品。
    短編なので、ハイスピードで読めました。

  • 12編からなる短編集。

    裏表紙には

    思うように行かない人生に、苛立ち絶望しながら、それでも新たな一歩を踏み出そうとする勇気。苦しんでも、傷ついても、人は夢見ることをやめられないー。平凡な日常に舞い降りたささやかな奇蹟の瞬間を鮮やかに切り取り、かじかんだ心に血を通わせる感動の短編集。

    あとがきを読むと半分以上は直接本人に話を聞いて小説に仕立てたものだそうです。

    明けない夜はない。
    勇気を与えてくれる一冊でした。。

  • 日常の隣にあるショートストーリーが綴られている。他者にとっては些細なことでも本人にとっては重要であったり、逆もまた然り。いろいろな事に悩み、苦しみ、喜び、笑う。この作者さんの作品は、ゆったりと味わいたいから長編を読みたい。

  • 妻を自殺で亡くしたシングルファーザー、恋人から突然別れを切り出されたOL、不況に苦しみ、鉛のような心と身体をもてあます会社員…思うようにいかない人生に、苛立ち絶望しながら、それでも新たな一歩を踏み出そうとする勇気。苦しんでも、傷ついても、人は夢見ることをやめられない―。平凡な日常に舞い降りたささやかな奇蹟の瞬間を鮮やかに切り取り、かじかんだ心に血を通わせる感動の短篇集。

  • 短編集。何作か、面白いのがあった。

  • 「東京地理試験」「ツルバラの門」「火を熾す」「出発」が泣けた。短編なので読みやすい。そしてタイトル通りどのお話も再生がテーマなのですっきりした気分になれます。出だしはどれもちょっと沈むけど。。

全71件中 1 - 10件を表示

再生 (角川文庫)のその他の作品

再生 (角川文庫) Kindle版 再生 (角川文庫) 石田衣良
再生 単行本 再生 石田衣良

石田衣良の作品

再生 (角川文庫)に関連するまとめ

再生 (角川文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする