鼠、影を断つ (角川文庫)

著者 :
制作 : 宇野 信哉 
  • 角川書店(角川グループパブリッシング)
3.86
  • (6)
  • (13)
  • (10)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 82
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (267ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041003367

作品紹介・あらすじ

なじみの小料理屋で飲み、寝入ってしまった次郎吉。おかしな気配に気がついて目を覚ますと、隣家から火の手が上がっている!次郎吉の機転で延焼は防げたが、火元の家に住んでいた母と幼い娘が焼け出された。火事の原因は不明。さらに母子の周辺に見え隠れする怪しい人物たち。何かあると感じた矢先、今度は小料理屋が火事に-。人情篤い盗賊・鼠小僧こと次郎吉が悪と闘う痛快時代小説シリーズ。ますます絶好調の第3弾。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 鼠小僧 歌舞伎で定番であるが、赤川次郎氏の江戸っ子気質の、人から頼まれると断り切れない人柄の次郎吉をうまく描いていて、ついつい本を見ると、読んでみたくなる。
    そして短編だから、ちょこっとの合間でも読めるところが又いい。
    先に、狸噺子に踊るを読んでいたので、この本で、千草先生や、お国の事がよくわかった。
    最後のお国の言葉の チュウが、可愛い。

  • 7→2→5→3の順番で読んでます、鼠シリーズ。

    この巻から医者の千草先生登場です。
    甘酒屋さんが甘酒をまったく売ってないことが判明。
    えぇ~…それでいいんですか次郎吉さん!!(良いんです!(笑

    2014/08/06

  • 鼠シリーズ第3弾
    すっかりファンになってしまったこのシリーズ
    一話一話とスカッと解決してくれるところが
    読んでて気持ちがいい。

  • 読み忘れていたシリーズ第3弾。レギュラーメンバーとの出会いが描かれたお話が特に秀逸でした。

  • 鼠がかっこいい! 小袖ちゃんがつよい!!
    やっぱり赤川さんに本だから読みやすくて一日で読み終わりました。

  • 134

全6件中 1 - 6件を表示

鼠、影を断つ (角川文庫)のその他の作品

赤川次郎の作品

ツイートする