七星降霊学園のアクマ 01 グラトニー・シールド (角川スニーカー文庫)

著者 :
制作 : 夕仁 
  • 角川書店(角川グループパブリッシング)
3.47
  • (2)
  • (6)
  • (7)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 68
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (286ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041003558

作品紹介・あらすじ

「止まらない!助けて、にぃちゃん!」「雪伽!」僕、花村月斗と双子の妹・雪伽は悪魔を討つ"降霊士"を目指して七星降霊学園で勉強中だ。志望のクラスに入るための試験で、僕らは天使召喚しようとして暴走。魔法陣から出てきたのは-「吾輩はネコではない!悪魔だ!」という金目の黒ネコで!?違法の悪魔召喚をしてしまった僕らは、戦闘系でも支援系でもない「その他」のクラスXに入ることに!?兄妹イチャラブアクション開幕。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 悪魔退治、主人公が双子(こちらは男女)、黒猫、同級生に仏教関係者、鬼教官…。これどこかで見たことあるような。
    もちろん、世界観は違うし、悪魔との戦いは結構読み応えもあるし、いいとは思うんですが。
    まあ、さらっと楽しく読めるエクソシスト学園物というところ。

  • 天使や悪魔が出てくる話。
    悪魔はよくある設定だが、天使は意志がなく、人の与える魔力で悪魔に対抗できる武器と変化する。しかも、天使の召喚の呪文詠唱をコンピュータで補助できる世界。
    退魔省というのがあり、悪魔の襲来と対応が表面化している。
    降霊士、退魔士を育てる降霊学園が舞台。
    双子の花村月斗、雪伽は、クラス分けの召喚試験中の事故で、悪魔アバドンと天使カシエルを融合した状態で呼び出してしまう。
    だがアバドンは人間に敵対的ではないため協力していく...
    悪魔の力で悪魔と戦う青のエクソシスト的設定。
    天使の設定と、コンピュータでできることできないことがイマイチ不明。
    カグラ(アバドン)のキャラが面白いのと、天使の組み合わせ、使い分けで戦いを面白く出来れば、期待が持てる。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

第5回エンターブレインえんため大賞受賞作「吉永さんちのガーゴイル」で2003年にデビュー。ファンタジア文庫では「本日の騎士ミロク」「デーゲンメイデン」などを執筆。

「2017年 『異世界取材記 ~ライトノベルができるまで~』 で使われていた紹介文から引用しています。」

七星降霊学園のアクマ 01 グラトニー・シールド (角川スニーカー文庫)のその他の作品

田口仙年堂の作品

七星降霊学園のアクマ 01 グラトニー・シールド (角川スニーカー文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする