東方妖遊記 明日への誓いと最後の挑戦 (角川ビーンズ文庫)

著者 :
制作 : 伊藤 明十 
  • 角川書店(角川グループパブリッシング)
3.55
  • (2)
  • (3)
  • (5)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 43
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (254ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041003671

作品紹介・あらすじ

「誓え、晄…。我がいなくとも、賢王になると…」中国古代・殷の時代。汪李不在の中、ついに神々の戦が開始されてしまう。一刻も早い共工との決着を迫られた晄は、わが身を滅ぼす覚悟で炎招戈を振るおうとするが、共工に操られた黄河が晄たちを襲う。濁流に飲み込まれ絶体絶命の晄。一方、士烈との死闘を繰り広げる汪李は、晄のピンチを予感するが-?王への一歩。最愛の者との別れ-。大人気シリーズ感動の完結巻。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 『東方妖遊記』シリーズ最終巻。

  • けい!!みんなみせどころがありましたよ!
    共工もよかったよ
    でも辛いよー
    よき王さまにおなり

  • 本編完結。みんなが幸せに笑って暮らせる国になったんだね。そこから先は封神演義へ続く、と。わかりあえたと思ったのに、そこに在るべき者がいない… 番外編に期待。

  • やっと戦いも終わり、晄の望むみんなが笑って幸せに暮らせる世の中に、大きく近づくことができた。
    なのに、全員でそれを喜べないなんて。

    まだ、続きがあるようなのでそちらに期待しよう。

    いろいろあったけど、敵も味方もみんなわかりあえて、後は、人間が自分達のことばかりではなく、自然ともうまく折り合いをつけて生きていくことができるかということでしょうか。
    今の世の中に通じることだけに、いいタイミングの出版だったと言えるのでは?

  • ついに終わったよ。しかもあんなことになるなんて…。まだ番外編があるらしいから楽しみ。

全6件中 1 - 6件を表示

東方妖遊記 明日への誓いと最後の挑戦 (角川ビーンズ文庫)のその他の作品

村田栞の作品

ツイートする