趣味は何ですか? (角川文庫)

著者 :
  • KADOKAWA
3.63
  • (9)
  • (16)
  • (17)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 157
レビュー : 26
  • Amazon.co.jp ・本 (352ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041003817

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 無趣味だという筆者が、趣味を求めていろんな人にインタビューする本。

    趣味ってなかなか難しい。多くの人に趣味についてインタビューする度に、「そういう趣味って自分は持たない方がいいんじゃないか」というような境地に至る筆者。たしかに人それぞれいろんな趣味があって、中には、それが趣味として続いてるってすごいな、と思うものも。それだけ世界にはいろんな人のいろんな生き方があるということだよね。

    ところどころクスリと笑える箇所があって、読んでいて楽しかった。

  • ゴルフが趣味とか言う人の気がしれないとずっと思っていた。"趣味"なのになぜ人に合わせるようなものでないとダメなのか?(まぁ純粋に好きな人も多いけど、そういう奴に限って嫌いな人に押し付けたりする。)翻って自分は…趣味がない。いや、正確に言うと人に言えるような趣味がない。それはそれで話のネタに困るのだ。なんて厄介な!
    趣味、なんていうと純粋に好きでやっているだけ。そんな風も思えるが、この本を読む限りどうやらそうでもないらしい。坂本龍馬、切手、蕎麦、カメ、ボウリング、登山、、、なんだか楽しむための「手段」がいつの間にか「目的」と化している印象。というか、趣味という同じ言葉でもその捉え方は様々。
    結局、冒頭に出てきたこの趣味が一番趣味っぽい。就活生の面接トークではボツになるらしいが、本当の意味での趣味は人のためじゃなく、あくまで自分のためにあるのだから。

    p13「趣味は水族館」というものでー「特にジンベエザメが好きで、大阪の海遊館には二回も行きました。10メートルものサメが悠々と泳いでいる姿はなんともいえません」(同前)。だから何なのかわからないが、趣味とはそういうものではないだろうか。

    趣味って何?考え出したら実に奥が深いのかも。けどきっと、こんな風に単純に考えられることこそきっと真に"趣味"と呼べるものなのだと思う。

  • いろんな趣味の人がいるもんだねぇ、という受容のスタンスで書かれていればもっと楽しめたかも。
    「無趣味な」私には理解できない、というトーンが出過ぎていたのが読み進む邪魔になった。
    ---P342---
    (三浦しをん氏の解説)
    意味などなくていいのだ。趣味にも、意味なんかなくていいし、生きること自体にも、別に意味も目的もない。だからこそ、楽しいしつらい。自在だけど、ときにあせりも、感じる。そういうもんなのだ。趣味も、生きることも。
    ---

  • 期待したほどではなかったけれど、それなりに楽しく読めました。

  • 弱くても勝てます、に続きこの著者の本を読むのは2冊目。ややマニアックですが、じわじわくるとぼけた感じは結構好きです。

  •  冒頭の文からして最高です。というか冒頭の文がこの本のまとめといっていいです。現代の「趣味」に違和を感じる人におすすめ。

著者プロフィール

ノンフィクション作家。1961年、横浜市生まれ。東京外国語大学モンゴル語学科卒。テレビ番組制作会社勤務を経て、作家に。開成高校野球部の奮闘を描いた近著『弱くても勝てます』がベストセラーに。
『ご先祖様はどちら様』で小林秀雄賞受賞。

「2015年 『損したくないニッポン人』 で使われていた紹介文から引用しています。」

趣味は何ですか? (角川文庫)のその他の作品

趣味は何ですか? 単行本 趣味は何ですか? 高橋秀実

高橋秀実の作品

ツイートする